« 謎の光ファイバー | トップページ | 晴れて年金生活者 »

2013/11/30

『あなたへ』

513dzdrrfl__sl500_aa300__2今年、文化勲章を受章した高倉健主演、降旗康男監督作品。アマゾンの紹介文。

北陸のある刑務所の指導技官・倉島英二のもとに、ある日、亡き妻・洋子が残した2枚の絵手紙が届く。そこには、1羽のスズメの絵とともに“故郷の海を訪れ、散骨して欲しい"との想いが記されていた。そして、もう1枚は、洋子の故郷・長崎県平戸市の郵便局への“局留め郵便"だった。その受け取り期限まで、あと10日。刑務所に歌手として慰問にきていた洋子とは穏やかで幸せな夫婦生活を営んでいた。長く連れ添った妻とはお互いを理解し合えていたと思っていたのだが、妻はなぜ生前その想いを伝えてくれなかったのか・・・。
妻の真意を知るため、彼女の故郷を訪れることを心に決める。妻の故郷を目指すなかで出会う多くの人々。彼らと心を通わせ、彼らの家族や夫婦の悩みや想いに触れていくうちに蘇る、洋子との心温かくも何気ない日常の記憶の数々。さまざまな人生に触れ、さまざまな想いを胸に目的の地に辿り着いた英二は、遺言に従い散骨する。そのとき、彼に届いた妻の本当の想いとは―。(引用終わり)

『幸福の黄色いハンカチ』と同様、主人公が車で移動しながら、いろいろな出会いを経て、旅の最後に大きな山場が待っている「ロードムービー」構成である。風景も登場人物も様々に変化がつけられ、10日間という短いようで長い時間が間延びすることはないが、何箇所もロケした製作サイドは大変だったろう。

亡き妻は主人公にわざわざ長崎まで手紙を取りに行かせ、しかもその手紙にはたった一言しか書かれていなかった。そこに籠められた妻の真意がこの作品の主要なテーマであるが、ここでは詳しく書かない。それは分かってみれば言わば当たり前のことなのだが、主人公が最後にそれを受け入れることが出来たのは、10日間に出会った人々との心の交流があったからだろう。伊達にロードムービーじゃない、のがこの映画なのだろう。

11月28、29日 ジョグ10キロ
11月30日    休養
月間走行     270キロ

|

« 謎の光ファイバー | トップページ | 晴れて年金生活者 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95622/58671187

この記事へのトラックバック一覧です: 『あなたへ』:

« 謎の光ファイバー | トップページ | 晴れて年金生活者 »