« 琥珀ってすごい! | トップページ | 『フライト』 »

2013/08/29

『アルプスを越えろ! 激走100マイル』

51wcq4vz5wl__sl500_aa300_鏑木毅著。新潮社刊というのに少し驚いた。版元の紹介文。

目指すゴールは160キロ先! 「登り」の総計はエベレスト以上!!

不眠不休は当たり前、己の極限に挑む世界最高峰レースがいま始まる。モンブラン山峰、富士山麓に立ち向かう地獄の苦しみは、いつしか最高の喜びに変わってゆく――。完走した者だけが得られる新境地、「鉄の心」の秘密とは。四十歳を過ぎてなお国内第一人者であり続けるランナーが、初めて明かした「究極のマラソン」の世界! (引用終わり)

100キロウルトラマラソンは過去何回か走ったことがあるが、それ以上の距離を夜も眠らずに走るという世界は、私にはこれまで想像も出来なかったし、やってみようという気も起らなかった。

本書を読んでみて、それがやはり想像を絶する世界であることは確かだが、それを乗り越えた喜びもまた想像を絶するものであること、そして、それこそがこの過酷なレースに参加するランナーたちを突き動かしていることが分かった。

どれほど過酷なのか。本書で著者は、レース中に子供時代からの記憶が頭の中を駆け巡る「走馬灯」を経験したと書いている。文字通り「走るか、死ぬか」という極限の状況だった訳だが、それでも人間は走り続けられるように出来ているらしい。

また、著者は単に走るだけでなく、日本初の100マイルレースであるウルトラトレイル・マウントフジ(UTMF)の実行委員長として、数々の困難に立ち向かい、また周到な危機管理も行って見事成功させている。

本当に凄い人なのだが、彼が書く文章は非常に謙虚であり、彼を見る別の彼がいるかのように、あくまで客観的かつ冷静である。いわゆる名選手や名監督の書物にありがちな自慢話の匂いが全くしないところに好感が持てる。単なるスポーツもの以上の深みがあり、道理で新潮社が出すわけだ。(笑)

8月27、28日 ジョグ10キロ

|

« 琥珀ってすごい! | トップページ | 『フライト』 »

コメント

この前ラジオ深夜便にでてはったよ~~~ 再放送もあった、 ひょっとしたら ストリーミングサービスできけるようになるかも~~

ええひとやったわ~~

投稿: たけした | 2013/08/29 18:30

たけしたさん
新潮社のサイトで刊行記念トークが聞けます。
文章同様、誠実で謙虚な語り口です。
http://www.shinchosha.co.jp/book/333741/

投稿: まこてぃん | 2013/08/29 21:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95622/58086190

この記事へのトラックバック一覧です: 『アルプスを越えろ! 激走100マイル』:

« 琥珀ってすごい! | トップページ | 『フライト』 »