« 7年ぶりの株主総会 | トップページ | 息子の下宿を下見 »

2013/07/01

奈良LSD余話

昨日はいつものラン仲間と奈良LSDに出かけた。平城宮跡から鴻池陸上競技場、東大寺、若草山から円成寺までの往復約40キロ。大半が木陰の下を走る、暑い季節には打ってつけの快適なコースである。

円成寺手前の峠道に古びた茶屋があって、そこで休憩するのが慣例となっているが、今回ちょっとしたハプニングがあった。名物の草餅が品切れというので、代わりにわらび餅を頂くことにした。代金500円を支払うのに小銭の持ち合わせがなく、千円札を差し出したら、店主が申し訳なさそうに「今、釣り銭を切らしてまして。少々お待ちを」と言うので、わらび餅を食べながら待つことしばし。

店主が持ってきたのは何と大量の10円玉。これを数えるのに「少々お待ちを」と言ったのだった。まずはじゃらじゃらと20枚。一度に数え切れなかったのか、手に持ち切れなかったのか、数分してまたじゃらじゃらと更に20枚の10円玉を持ってきた。残りは50円玉2枚。

卓上に置かれた大量の硬貨を前に、しばし呆然としてしまった。手持ちの小銭入れに収まるはずもなく、大半はウエストポーチの底に放り込むしかなかった。42枚の硬貨のずっしりした重さと、走り出してからの異様な感覚。これはもう、経験者にしか分からないと思う。経験する人はあまりいないと思うが。(笑)

着地するたびに腰の後ろが地面に向かって引張られ、同時に「ずしゃん、ずしゃん」という大きな音が鳴り響く。幸い、次の休憩ポイントで軽食を買った際に、ラン仲間が全て100円玉に両替してくれたので助かったが、一人だったら半泣き状態になっていたと思う。

ところで、「通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律」第七条において、「貨幣は、額面価格の二十倍までを限り、法貨として通用する」とされている。同一種類の硬貨21枚以上は法貨としての強制通用力がなく、これを債務の弁済に充てることを債権者は拒否しうるので、この場合、釣銭の債権者である私は受取りを拒否することも出来たわけだが、人里離れた峠の茶屋では如何ともし難かったのである。

そもそも、まだ朝早い時間帯になぜ釣銭が切れたのかは謎だが、よほど運の悪い出来事がいくつも重なったとしか思えない。こういうのを「コインシデンス」(偶然の一致)というのだろう。(爆)

6月28日 ジョグ10キロ
6月29日 休養
6月30日 LSD40キロ
月間走行 257キロ
7月 1日 ジョグ10キロ

|

« 7年ぶりの株主総会 | トップページ | 息子の下宿を下見 »

コメント

自販機によっては100円分入れて返却レバーを操作すると100円玉になるのがあるよ~~~

投稿: たけちゃん | 2013/07/02 15:50

たけちゃん
偽造硬貨からの両替を防ぐため、
最近はそのまま返却するタイプが
増えていると聞いたことがあります。

投稿: まこてぃん | 2013/07/02 18:11

今晩は~ そういえばそんな事件がありましたね~~~
たしか韓国のコインが500円硬貨とおなじように認識されるとか~~

投稿: たけちゃん | 2013/07/04 17:59

わらび餅2人前を食うか
同行者の分を奢るか
靴下にコインを入れて筋トレするか
ご愁傷様

投稿: まほろん | 2013/07/05 09:46

まほろんさん
500円で既に2人前の分量があり、
同行者は面白がって食べるどころではなく、
靴下に入るような数のコインでもなかったです。(泣)

投稿: まこてぃん | 2013/07/05 15:20

木の根元に埋めておいて次回の練習のときに掘り出して使うとか~~(苦笑!!)

投稿: たけちゃん | 2013/07/05 15:36

たけちゃん
近くのトイレに隠しておこうかと、
ラン仲間と話していましたが、店主が
密かに後をつけて回収されてはと。(苦笑)

投稿: まこてぃん | 2013/07/05 21:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95622/57703214

この記事へのトラックバック一覧です: 奈良LSD余話:

« 7年ぶりの株主総会 | トップページ | 息子の下宿を下見 »