« 久々の峠越え | トップページ | エコキュート »

2013/02/17

カナダ旅行記⑤

最後に、車のことを少し書いておくことにする。零下20度、30度というエドモントンの天気予報を見て、一旦はレンタカーを諦めて公共交通機関で移動することを考えたものの、移動時間の効率やバスや電車を待つ間の寒さを考えると、やはりレンタカーを借りざるを得なかった。

エドモントン国際空港の Hertz のカウンターに行って、係員に当然スノータイヤだろうと確認してみたら、いや全車オールシーズンタイヤだという。まあ、それで毎日やっているんだから大丈夫なんだろうとは思ったが、そこからホテルまでの30分ほどの最初のドライブは随分気を遣った。

しかし、ハイウェイはきれいに除雪され、大体時速100キロぐらいで流れている。市内に入って幹線から外れると圧雪状態のところもあり、若干タイヤが空回り気味に感じたものの、スリップすることはなかった。シボレーのインパラというデカイ車だったからかもしれない。

他に興味深かったこと。

①緯度の高い現地では太陽の軌道が低く、昼間でも朝夕のように薄暗く感じる。そのためだろう、ヘッドライトが常時点灯するように設定されていた。日本でも冬場はそうすればいいように思った。

②零下20度、30度という気候では普通に水を使った洗車は出来ないため、ドロドロに汚れたままの車が多かった。しかし、中にはきれい好きもいるものと見えて、「カーウォッシュ」の看板を見かけることがあった。ただ、ドアが閉まったままのようだったので季節営業かと思っていたら、実は屋内で温水を使って洗車していたのだ。

2月12日 休養
2月13日 ジョグ10キロ
2月14日 ジョグ10キロ
2月15日 休養
2月16日 ジョグ10キロ
2月17日 LSD20キロ

|

« 久々の峠越え | トップページ | エコキュート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95622/56785903

この記事へのトラックバック一覧です: カナダ旅行記⑤:

« 久々の峠越え | トップページ | エコキュート »