« 『消失者』 | トップページ | カナダ旅行記④ »

2013/02/03

『テルマエ・ロマエ』

51x1dke65hl__sl500_aa300_映画は久しぶりである。公式サイトの紹介文。

古代ローマ帝国の浴場設計技師ルシウス(阿部寛)は、生真面目すぎる性格が時代の変化に合わず、職を失ってしまう。落ち込む彼は友人に誘われて訪れた公衆浴場で、突然現代日本の銭湯にタイムスリップしてしまう。そこで出会ったのは漫画家志望の真実(上戸彩)ら「平たい顔族(=日本人)」。日本の風呂文化に衝撃を受けたルシウスは古代ローマに戻って、そのアイディアを使い大きな話題を呼ぶ。タイムスリップを繰り返すルシウスは、浴場技師としての名声をローマで得ていく。その評判を聞きつけた時の皇帝ハドリアヌス(市村正親)は、自分の後継者にと考えているケイオニウス(北村一輝)のためにルシウスに大浴場を作るよう命じる。次第にルシウス、そして真実までもがローマ帝国の運命に深く関わっていくことに……。(引用終わり)

アマゾンのレビューを見ると、前半良くて後半いまいちというのが多いが、私の感想は逆。前半のコミカルなエピソードだけではもたないと思っていたら、途中から古代ローマ史を踏まえた壮大で痛快なホラ話が展開され、ぐっと面白さが増したと思う。

大がかりなセットと大勢のエキストラによる古代ローマの再現シーンもよく出来ていると思うし、その中での阿部寛をはじめとする日本の「顔の濃い」俳優陣もほとんど違和感がなかった。有名なイタリアオペラのアリアが次々に繰り出されるBGMも映像とマッチし、一級の娯楽映画となっている。

蛇足ながら、続篇が制作され来年公開される運びとなったというニュースが出ていた。

2月3日 LSD20キロ

|

« 『消失者』 | トップページ | カナダ旅行記④ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95622/56689599

この記事へのトラックバック一覧です: 『テルマエ・ロマエ』:

« 『消失者』 | トップページ | カナダ旅行記④ »