« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013/01/29

カナダ旅行記③

週末は息子が知人宅を訪問する予定があり、エドモントンに居ても仕方ないので(笑)、ジャスパー国立公園まで足を延ばした。エドモントンから360キロ。フリーウェイ16号経由で片道正味4時間半ほどかかったが、その値打ちは十分あった。

本当は夏が観光シーズンであるが、冬もスキー・スノーボード客が結構たくさん来ていて、ほとんどの商店、レストランが営業していた。夕食に出かけた地ビールレストランは空席待ちの客が出るほどの盛況ぶりだった。

町外れにあるピラミッド湖では冬のイベントが行われていて、凍結した湖の上でスケート、カーリング、犬ぞりなどに興じる人々の姿があった。

Img_5254

日曜の午前中は凍ったマリーン渓谷の底を歩く「アイスウォーク」ツアーに参加した。といっても、ここでも客は我々夫婦のみ。案内役は Sarah というお嬢さんで、丁寧な説明に加えて、凍った氷をピッケルで掘って足場を作ったりと、かなりの重労働のようであった。写真で見ると大したことないようだが、実際の光景は息を呑むほどの迫力があった。

Img_5305

1月27日 ジョグ10キロ
1月28日 ジョグ10キロ
1月29日 ジョグ10キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/01/26

お待たせしました

移転のため昨年2月に閉店していた王将橿原神宮店が、昨日ようやく新装オープンした。再開を待ちわびた客は意外に多く、駐車場も満杯状態だった。空席待ちリストに名前を書いて待っていると、移転前と同じ店長氏が「大変お待たせしました」と挨拶してくれた。しっかり顔を覚えられている常連さんなのである。(笑)

旧店舗から国道沿いに北へ1キロ弱、畝傍御陵前駅のすぐ近くと大変便利な場所にあり、これからもお世話になりそうだ。メニューには紹興酒、ゴマ団子ともにあることも確認した。

これで吉野LSDのアフターはOKとなったが、肝心の峠道が倒木で通行不可となっているという情報が入っている。というか、自分自身まだ20キロ以上の距離を走れていないので、LSD再開はもう少し先になるだろう。

写真は開店記念の携帯ストラップ。携帯がニンニク臭くなるかもしれない。(苦笑)

Img_5347

1月21日 休養
1月22日 ジョグ10キロ
1月23日 休養
1月24日 ジョグ11キロ
1月25日 ジョグ10キロ
1月26日 休養

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/01/20

カナダ旅行記②

前にも書いたが、エドモントンという都市には観光名所と言えるような場所はほとんどない。今回訪れたのはアルバータ州議事堂とウエスト・エドモントン・モールだけである。

前者は大理石をふんだんに使ったとても立派な建築物。1912年完成ということで、100周年を祝う旗があちこちに掲げられていた。ガイドさんが小一時間説明してくれたが、半分も分かったかどうか怪しいものである。(笑)

Img_5197_2

後者は800以上の店舗、100以上のレストランが集まった世界最大級のショッピングモールである。全部一つながりの建物なので迷ったりすることはなかったが、歩いているとこんなものに出くわすので度胆を抜かれてしまう。

Img_5333

Img_5330

Img_5335

Img_5340

ギャラクシーランドというのは屋内遊園地で、入場料を取るので入口しか撮れなかったが、中にはローラーコースターなどもある本格派である。それはいいとして、スケートリンクに帆船に造波プールと、なんでこんなものまでショッピングモールの中に作ったのか、全く訳が分からない。まさか氷点下の冬にビキニ娘を見ることになるとは、吉野のコンビニで見たとき以上の驚きである。(笑)

1月20日 LSD20キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/01/19

カナダ旅行記①

16日夜に帰国してから3日が経過してしまったが、記憶に残ったことだけでも記しておきたい。

2010年11月のNY以来となる海外旅行だったが、今回はほとんど準備らしい準備も出来ず、行き当たりばったりの適当な行程の旅行となってしまった。

主たる目的はエドモントンに留学中の息子の顔を見に行くことだったので、とりあえず大学近くのホテルに5連泊することにした。

写真は到着翌日の朝、ホテルの部屋から大学構内を望んだ光景。樹氷か霧氷かよく分からないが、街路樹がすっかり真っ白になっていた。外気温は氷点下20度ぐらいである。建物の中は暖房が効いているが、外に出るたびに分厚いコートと手袋、帽子が欠かせない。

Img_5196_2

そんな中、上半身裸で写真を撮っている酔狂な学生グループがいた。こういう手合いはどこにでも居るんだな。(笑)

1月13日 移動日
1月14日 ジョグ3マイル
1月15、16日 移動日
1月17日 ジョグ10キロ
1月18日 休養日
1月19日 ジョグ10キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/01/13

週末はジャスパーにて

カナダ旅行中盤の今週末は、ロッキー山脈麓のジャスパーという観光地に滞在している。スキー客ぐらいで閑散としているだろうと思っていたが、結構な人出があったので驚いた。

州都エドモントンから約360キロ、車で休憩込み5時間半かかったが、ここもまだアルバータ州なのだ。まっすぐ延々と伸びるフリーウェイといい、この国に広大さを身をもって体験した。

1月11日 ジョグ5マイル
1月12日 移動日

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/01/11

カナダにて

息子の「追っかけ」(笑)で、カナダはアルバータ州エドモントンという町にやってきた。入国管理官から、「なんでまたそんな所に行くのか」と訊ねられて理由を話したら、「それが唯一の理由だろう」と言われたぐらい、本当に何もないところである。

外気温は氷点下20度ぐらい。人が歩き回り、車が走り回っているのが不思議だったが、自ら空港からホテルまでレンタカーを運転し、息子と歩いて夕食に出掛けたらもう慣れてしまった。寒いのはいくら寒くても平気なのである。

ところで、この投稿はホテル客室の無線LANから。先日から悪戦苦闘した甲斐があった。

1月 9日 ジョグ6キロ
1月10日 移動日

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013/01/08

飛蚊症の診断結果

昨年暮れから気になっていた飛蚊症だが、今日夕方眼科に立ち寄って診てもらったところ、「加齢に伴うもので特に問題ない」との診断であった。時間が経てば消えることもあるという。

眼の硝子体という組織が網膜から剥がれることで起きる現象らしいが、糸くずのように見える浮遊物は、眼底検査をする医師の側からも確認出来たという。一種の幻視のようなものと思っていただけに意外だった。

それにしても、「正面のここを見て下さい」と言われた先の壁面に、何と「くまモン」の顔のシールが貼られていて、思わず顔がほころんでしまった。(笑)

1月7日 ジョグ10キロ
1月8日 ジョグ 6キロ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/01/06

無線LANに悪戦苦闘

ある事情から無線LANを使えるようにする必要があり、接続設定に悪戦苦闘させられた。毎度の言い訳ながら、いつまで経ってもパソコン初心者の私にとっては大仕事だった。接続は確立しているのにインターネットが見られなかったりで、もう何が何だか分からない。

こういう時は、PCの取説やら、ましてやマイクロソフトのヘルプなぞ、何の役にも立たないことは経験から知っている。ネットで検索してみたらいろいろとヒントがあり、結局「TCP/IP」の「プロパティ」のところにある怪しげなチェックマークを外したら、何とか使えるようになった。なぜそうなったのかは、今もってさっぱり分からないが。(苦笑)

1月4日 休養
1月5日 ジョグ6キロ
1月6日 ジョグ8キロ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/01/03

まずは4キロ

3か月半ぶりのランニングは4キロにとどめておいた。肉離れを警戒してのことであるが、いざ走り出してみたら体が滅茶苦茶重くて、スロージョグでも結構心拍が上がる。追い風となった最後は汗ばむほどで、かつて「ジョグ10キロは散歩みたいなもの」と言っていたのが信じられない。まだまだ先は長い。

1月3日 ジョグ4キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/01/02

まずは歩くことから

元日は年に一度の恒例により朝から酔っ払ってしまったので、今日からランニング再開に向けて始動した。いきなり走って肉離れが再発しては元も子もないので、とりあえず歩くことから始めたのだ。

この3か月ほど行っていなかった芋ケ峠の麓から頂上まで約2時間かけて往復した。昨日より気温も上がり、風もなかったので、登りでは少し汗ばんでしまうほどだった。

峠の風景に大きな変化はなかったが、明日香の宇須多伎比売命神社の先のところで以前から工事をしていた場所が、どうやら河川公園として整備される計画であることが判明した。写真は現場に掲出されていた完成予想図。パンツ一丁の子供が川の中を歩いている姿もある。この夏にはおぢさんランナー達がパンツ一丁で川で遊ぶ姿が見られるかもしれない。(笑)

Ts3r0147_3

1月2日 ウォーキング2時間(約10キロ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »