« 年末の恒例行事 | トップページ | 飛蚊症 »

2012/12/16

苦渋の選択

今日は衆議院総選挙の投票日。前にも書いたように現職のT議員が突如引退を表明し、その息子が地盤を引き継いで立候補することとなった。世襲により選挙区を私物化したという批判に、候補者は公募で決定したと弁明するものの、結果ありきの形式論でしかないのは明らかである。

で、当然ながら対立候補に投票したいところだったが、今回に限ってはよんどころない事情により、その息子とやらに清き一票を投じざるを得なかった。こちらも生活がかかっているからなあ。(泣)

|

« 年末の恒例行事 | トップページ | 飛蚊症 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95622/56333198

この記事へのトラックバック一覧です: 苦渋の選択:

« 年末の恒例行事 | トップページ | 飛蚊症 »