« 「8×4」男子 | トップページ | いざカナダへ »

2012/08/25

『やりたいことは二度寝だけ』

2177051_3待望の津村記久子のエッセイ集をようやく読むことができた。版元の紹介文。

アホでも、地味でも、生きてゆけます。
昼は会社員、夜は小説家。“ハイブリッド・ワーカー”かと思いきや、超・庶民系芥川賞作家による、初のエッセイ集!
「本書のどうでもよさについて、自虐も言い訳もしない。何も残らないし、ひたすら地味で意味も無いけど、読んでる間少しらくになった、と感じていただければこれ幸いである。」(あとがきより)
検索が生きがい。文房具集めとハーブティーで日々を潤し、からあげ王子に想いを馳せ、ドラクエで自分の20年を振り返る……。
ささやかで、ちょっぴりおマヌケな出来事を綴る、“地味面白~い”脱力系エッセイ。(引用終わり)

なるほど、カバーからして脱力感満点である(笑)。あとがきで「二度寝」について書く予定だったのが、「胸苦しい話」になったので止めたという「ゆるさ」もいい。しかし、中にはこの作家の創作の秘訣に属する話も出てくる。『ポトスライムの舟』は実は「出会わない系」の小説を目指したものだったという、意外ながら言われてみるとそうなのかという指摘(著者自身だから当たり前か)には膝を打つ思いだった。

ところで、ユニクロの出現まで服を買うのが苦手だったという話を以前書いたことがある。オシャレが生きがいというか本性みたいな女性にはそんな人はいないだろうと漠然と思っていたのだが、芥川賞の副賞金の遣い道に悩む「小心者の散財」にこんな記述がある。

身なりのみすぼらしさには定評があるので、とりあえず服を買うのが妥当なのだろうけど、困ったことに、わたしは服屋の店員が怖いのだった。あの無機質に親しげな独特の服屋喋りの裏に、ほとんど狂信的なほどの服屋ヒエラルキー意識を隠し持っているような気がするのだ。いや、これは言いすぎだとしても、わたしは服屋に着ていく服を持っていない有様である。(本書148頁)

いやあ、その気持ちよく分かるなあ。他にも同じような感想を抱く文章があちこちに出てきて、「庶民系」作家というのも頷けるところだが、そうした誰もが抱く感覚を見事に文章に掬い上げて小説にしてしまう力量は彼女独特のものだろう。そういうところが芥川賞、なのだろう。きっと。

|

« 「8×4」男子 | トップページ | いざカナダへ »

コメント

面白そうですね~~~
私は午前中軽く走って帰宅 しゃわ~~ びーる お昼ねがいいなぁ~

投稿: たけちゃん | 2012/08/28 17:52

たけちゃん
私もそうなりたいものです。
昼寝で二度寝。最高ですな。

投稿: まこてぃん | 2012/08/28 22:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95622/55501901

この記事へのトラックバック一覧です: 『やりたいことは二度寝だけ』:

« 「8×4」男子 | トップページ | いざカナダへ »