« 『七つの証言』 | トップページ | シルバー割引初体験 »

2012/04/21

『小澤征爾さんと、音楽について話をする』

353428小澤征爾、村上春樹著。タイトルそのままの本である。版元の紹介文。

指揮者はタクトを振るように語り、小説家は心の響きを聴くように書きとめる――。

「俺これまで、こういう話をきちんとしたことなかったねえ」。ベートーヴェン・ピアノ協奏曲第三番、復活のカーネギー・ホール、六〇年代の軌跡、そして次代の演奏家達へ。「良き音楽」を求め耳を澄ませる小説家に、マエストロは率直に自らの言葉を語った――。東京・ハワイ・スイスで、村上春樹が問い、書き起こした、一年に及ぶロング・インタビュー。(引用終わり)

小澤氏のあとがきによれば、本書誕生のきっかけは、

我が家でただ一人文が書ける娘の征良が、村上夫人の陽子さんと大の友達で、そのおかげで春樹さんと顔見知りになった。

ということだったらしい。そして、

音楽好きの友人はたくさん居るけれど、春樹さんはまあ云ってみれば、正気の範囲をはるかに超えている。

まさにその通りで、村上春樹氏は元本業(?)のジャズだけではなく、クラシックについても大変よく通暁している。それが触媒となって小澤氏から多くのエピソードを引き出すことに成功した本書は大変興味深かった。

それに加えて、音楽についての彼の文章表現が大変見事で、特に難しい言葉を使っているわけでもないのに、音楽の本質をズバリ簡潔に表現しているあたり、さすがに世界的な小説家の書く文章だなと感心させられた。

|

« 『七つの証言』 | トップページ | シルバー割引初体験 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95622/54527553

この記事へのトラックバック一覧です: 『小澤征爾さんと、音楽について話をする』:

« 『七つの証言』 | トップページ | シルバー割引初体験 »