« ぎょうざ倶楽部カード | トップページ | 『大黒屋光太夫』下 »

2011/11/07

『阪急電車 片道15分の奇跡』

51v91xxxsel__sl500_aa300_有川浩の同名小説の映画化。にも書いたように、娘の映画デビュー作でもある(笑)。アマゾンの紹介文。

宝塚~西宮北口間を約15分で走る、えんじ色の車体にレトロな内装の、阪急今津線。その電車に、さまざまな「愛」に悩み、やりきれない気持ちを抱えながら、偶然乗り合わせただけの乗客たちがいた。―             

人気作家・有川浩が、阪急電車を舞台に描く、世代を超えた、さまざまの「愛」の物語。100万部突破の大ベストセラー「阪急電車」をファン待望の映画化!!

自分の愛に自信が持てないあなたに贈る、片道わずか15分のローカル線で起こる、小さいけれどあたたかい奇跡の物語。(引用終わり)

11月6日 LSD20キロ
11月7日 ジョグ10キロ

原作を読んだ後で観たからかもしれないが、多くの人物がリレー式に代わる代わる登場する複雑なストーリーを、分かりやすく映像化していると思った。小林駅のアットホームな雰囲気の描写など、さすがに映画ならではである。

戸田恵梨香、南果歩、谷村美月、有村架純といった「ネイティブ」女優陣の関西弁は耳に心地よく、この沿線の空気をよく再現してくれている。

ところで、娘は意外にもしっかりと映っていて(どこかは内緒・笑)、一生のいい記念になったものと思う。

|

« ぎょうざ倶楽部カード | トップページ | 『大黒屋光太夫』下 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95622/53178492

この記事へのトラックバック一覧です: 『阪急電車 片道15分の奇跡』:

« ぎょうざ倶楽部カード | トップページ | 『大黒屋光太夫』下 »