« ムクドリの大群 | トップページ | 『アルカトラズからの脱出』 »

2011/09/24

『紅梅』

9784163806808津村節子著。夫である吉村昭との最期の日々を克明に記した作品である。版元紹介文。

「『文學界』にこの作品が掲載されるときは、心配で夜も眠れなかった」とおっしゃる津村さん。本作は雑誌発売と同時に大きな反響を呼び、津村さんの不安を吹き飛ばす賞賛の声が相次ぎました。2005年2月に舌癌と診断された吉村昭氏。抗がん剤治療や免疫療法を試みる闘病生活、転移から死に至るまでの日々を、妻と作家両方の目から、津村さんが冷静にかつ力強く描ききりました。5年を経て小説へと昇華された傑作です。(KK)(引用終わり)

9月23日 ジョグ10キロ
9月24日 LSD40キロ

吉村氏の日記に「理想的な死」という言葉が記されていたそうだ。幕末の蘭方医佐藤泰然が自らの死期をさとり、高価な薬品や滋養のある食物を絶って死を迎えたのを、「理想的な死」としているのである。

吉村氏もおそらく「自らの死期」を悟ったのであろう。亡くなる日の朝、コーヒーとビールを所望し、「うまいなあ」と言って満足した様子だったが、その夜には「もう、死ぬ」と言って、胸に埋め込んだカテーテルポートを自らひきむしってしまったのだ。

様々な癌治療を試みつつも、「いかなる延命治療も拒否する」としていた吉村氏は、そのことを自らの手で実践したのである。若い頃に大病を患い、また身内の死に次々と直面してきた吉村氏にとっては、死は常に身近に存在するものであり、そのことへの対処も常に頭の中にあったのだろう。

遺書も詳細を極めている。特に、他人に死顔を見せないために、「一刻も早く火葬場に運び、荼毘に付すこと」としているのは、いかにも吉村氏らしい。果して、その死顔はどうだったのか。氏の遺言に反するかもしれないが、著者がそれについて述べた最後の1行に、非常に大きな感銘を受けた。

|

« ムクドリの大群 | トップページ | 『アルカトラズからの脱出』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95622/52820427

この記事へのトラックバック一覧です: 『紅梅』:

« ムクドリの大群 | トップページ | 『アルカトラズからの脱出』 »