« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011/03/30

逆さ福

Ts3r0090_2大阪勤務の頃に通っていた王将天王寺堀越店の店内に、「福」の字を逆さにした四角い布が貼られていた。てっきり間違えて貼ったのだとばかり思っていたが、最近奈良市内の某中華料理店の店先で同様のものを見かけた。

これは偶然ではあるまいと思って調べてみたら、やはりわざわざ上下逆にしてあるらしい。逆さの福、すなわち「倒福」が、同音の「到福」、すなわち福に到るということから、一種のおまじないのようなものらしい。

3月29日 ジョグ10キロ
3月30日 休養

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011/03/28

明日香マラニック

Ts3r0089昨日はFRUN15周年記念の明日香マラニックに行ってきた。「行ってきた」というより、地元ランナーとしては「来てもらった」という方が正確だが。(笑)

総勢17名。東海方面からの参加者はもちろん、地元関西のランナーにもあまり案内したことのない明日香の名所を巡るマラニックだったが、何とか道案内役の務めは果たせたと思う。

時間の都合で一部省略した行程はあったが、事故もハプニングもなく、無事予定どおりの時間に終了。お後は風呂、打上げと楽しいひとときを過ごした。

3月27日 LSD37キロ
3月28日 休養

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011/03/26

『阪急電車』

519noyup9ll__sl500_aa300_有川浩著。浩は「ひろ」と読み、女流作家なのである。地元図書館の紹介文。

宝塚駅。征志、運命の女性に会う。宝塚南口駅。翔子、呪いの願をかける。逆瀬川駅。時江、犬を飼おうと思う…。恋の始まり、別れの兆し、そして途中下車。電車は人数分の人生を乗せて、どこまでもは続かない線路を走っていく。(引用終わり)

3月25日 休養
3月26日 ジョグ10キロ

続きを読む "『阪急電車』"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/03/24

NYCMの記録証到着

Img008昨年11月のニューヨークシティマラソンの記録証と公式記録集がようやく届いた(画像は一部加工してある)。ボストンの時も4か月かかったと記憶するが、4万5千人という大会規模ゆえ致し方ないところか。

「CLASS OF 2010」というのは、大学などの卒業年次を言うときの表現で、「2010年卒の同窓生」といったニュアンスがある。してみると、これは卒業証書みたいなものか。(笑)

さて、公式サイトでは早くも今年の大会のエントリーが始まっていて、NYCMはもはや通年ビジネスの様相を呈している。

3月23日 ジョグ10キロ
3月24日 ジョグ10キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/03/22

『オーケストラ!』

51ursiaebxl__aa115__2

3連休で少し時間が出来たので、以前から気になっていた映画『オーケストラ!』のDVDを観た。goo映画の紹介文。

かつてボリショイ交響楽団の天才指揮者だったアンドレは、今はさえない劇場清掃員として働いている。ある日パリのシャトレ劇場から、出演できなくなった楽団の代わりの出演依頼FAXを偶然目にした彼に、とんでもないアイデアが閃いた。クビになったかつての楽団仲間を集めて偽のオーケストラを結成し、ボリショイ交響楽団代表としてパリに乗り込もうというのだ。早速元チェロ奏者のグロスマンに話を持ちかける……。(引用終わり)

3月21日 ジョグ10キロ
3月22日 ジョグ10キロ

続きを読む "『オーケストラ!』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/03/20

さらばK学院

110318_095201_3

同じ大学に通っていた娘と息子がともにこの春で大学を去ることになった。18日の娘の卒業式には残念ながら参列できず、袴姿をこの目で見ることは出来なかったが、家内の報告によると、卒業式は最初華やいだ雰囲気で始まったものの、次第に静まり返っていったそうだ。震災の影響もあるのかもしれない。

Ts3r0088_96x128_2

一方、息子の方は東京の大学への転学に伴う退学で、1年間暮らしたアパートを昨日引き払った。1年前にはワゴン車一杯だった荷物は、東京に半分ほど送った残りを親元に引き取る形となり、念のため一回り大きな車を借りたけれども相当余裕があった。

K学院ともいよいよこれでお別れであるが、もしかすると甥っ子が入れ替わるように入学するかもしれない。

3月19日 休養
3月20日 ジョグ10キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/03/18

認定試験、無事合格

本日午前中に路上での認定試験があり、無事合格することが出来た。事前に一度試走し、要注意ポイントを教えてもらってはいたが、年甲斐もなく緊張してしまった。

「信号よし!」「左折、左後方よし!」などと掛け声をかけながらの運転は、最近観た『RAILWAYS』の中井貴一みたいだった・・・なあんて。(笑)

3月17日 ジョグ10キロ
3月18日 休養

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/03/16

路上訓練終了

10日間200キロの路上訓練を昨日で終了した。最終日は認定試験のコースを走り、減点のポイントなどを教えてもらった。後は試験に臨むのみとなったが、ここまでネタを引張った挙句に落ちたりしたら、洒落にもならない。

自動車学校に通う娘も既に仮免許を取得して、今日から路上教習が始まったらしい。ここは親父の威厳がかかっている。

3月15日 ジョグ10キロ
3月16日 ジョグ10キロ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011/03/14

『ビフォア・ラン』

Img007_413x640_2重松清のデビュー作。アマゾンの紹介文。

授業で知った「トラウマ」という言葉に心を奪われ、「今の自分に足りないものはこれだ」と思い込んだ平凡な高校生・優は、「トラウマづくり」のために、まだ死んでもいない同級生の墓をつくった。ある日、その同級生まゆみは彼の前に現れ、あらぬ記憶を口走ったばかりか恋人宣言してしまう―。「かっこ悪い青春」を描ききった筆者のデビュー長編小説。(引用終わり)

3月13日 LSD37キロ
3月14日 ジョグ10キロ

続きを読む "『ビフォア・ラン』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/03/12

橿原公苑ジョギングコース

110312_101402というのが整備されたそうで、写真のような看板が近々お披露目されるようである。まだ養生シートを貼っていて見づらいが、陸上競技場周回(約800m)、外周A(約1500m)、外周B(約2000m)の3つのコースが表示されている。

競技場周回コースは、スタート位置にご覧のようなペイントがなされ、途中100mごとにも表示が施されている。しかし、どういう訳か700mポイントはない。実際に走ってみると、600mポイントから出発点までどうみても150mほどしかないので、あえて表示しなかったものと見える。

110312_101301

距離も半端で曲がり角も多いコースは、インターバルなどの練習には向いていない。それなのにわざわざ100mごとの表示までした意味が全く分からない。おそらくランニングのことをあまり知らない人間が企画したのだろうな。

外周コースは地図で案内したというだけで、実際のコース上には表示も何もないという手抜きぶりである。1キロごとの正確な表示を期待していただけに、がっかりである。せめてコース上に水飲み器でも設置してくれい!

3月11日 休養
3月12日 ジョグ11キロ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011/03/10

自治会デビュー

4月から自治会の役員に就任することになった。これまでは同居している両親に任せ切りにしていたのだが、そろそろ世代交代が必要ということで引き受けることになった。幸い、両親の時に重い役をやってくれていたので、比較的軽い役から始められることになりそうである。

先週末の会合で他の役員たちと顔合わせをしたが、同じ町内でもほとんど初対面状態の人ばかりだ。それよりも、配られた名簿を見て両隣の家のご夫婦のフルネームを初めて知ったという事実に、我ながら驚いてしまった。

3月 9日 ジョグ10キロ
3月10日 ジョグ10キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/03/08

表も裏も

110308_072701_2最寄の橿原神宮前駅のすぐ傍にある店の風景。写真店としての営業実態はもうほとんどないはずだが、黄色テント上のレンタサイクルの広告看板はまだ利用価値があると見える。その裏側はトタン板のままと思いきや・・・

3月7日 休養
3月8日 ジョグ10キロ

続きを読む "表も裏も"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/03/06

明日香マラニック下見会

27日に予定されているFRUN15周年記念明日香マラニックの下見会に行ってきた。初対面の主催者H氏、ランでご一緒は久々のU嬢と、一日中大和三山と明日香を走り回った。

こういう機会でもなければ行かない場所も多く、案内役を買って出た立場としては冷や冷やものだったが、何とか役目は果たせたように思う。予定していたルートを全て回っても時間に余裕があったのは意外だった。

3月5日 ジョグ10キロ
3月6日 LSD42キロ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/03/04

『沈黙の檻』

004160_2堂場瞬一は久しぶり。アマゾンの紹介文。

迷宮入りした17年前の殺人事件の犯人だと名指しされた運送会社社長・末松。なぜか犯行を否定せず、マスコミに「ノーコメント」と繰り返すのみ。その末松の命が狙われた。警護を命じられた所轄署の刑事・氷室は、彼の人間的魅力に惹かれ始める。一方、かつての事件で実父を殺された青年タケは、親父と慕う末松の無実を信じていた。そして新たな殺人が…。哀切なる警察小説、堂場瞬一の新境地。書き下ろし長篇ミステリー。 (引用終わり)

3月3日 ジョグ10キロ
3月4日 休養

続きを読む "『沈黙の檻』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/03/02

電気自動車を初運転

まだまだ引っ張るこのネタ、「マラソン論」に続く連載になるかも。(笑)

路上訓練の3日目は、最近職場に配備されたばかりの電気自動車を運転することになった。同乗したことはあるが、いざ自分で運転するとなるとさすがに緊張する。イグニッションONの操作はガソリン車と同様なのだが、インパネの「READY」が点灯するだけで、音も振動もないので戸惑ってしまう。

運転感覚上の特徴点は、走行音が静かなことに加え、ギアチェンジがなく加速がスムーズだということ、通常走行モードではアクセルペダルから足を離してもエンジンブレーキが利かないことぐらいか。一方、バッテリーを搭載した車体の重さのせいか、軽四輪車がベースとは思えないくらいの安定感があった。

しかし、バッテリーの減りが速いのには驚いた。出発時8/10あった充電量が、約45キロ走った後では3/10に減っていた。冬の雨天時走行時の曇り止めのため、ごく弱くヒーターをかけてエアコンを作動させたことも原因である。ガソリン車と違って、エンジン排熱を使うわけにはいかず、コンプレッサを回すのも全て電気だからだ。

営業車として1日中走り回れる性能は、残念ながらまだないようだ。

3月1日 ジョグ10キロ
3月2日 ジョグ10キロ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »