« ニューヨーク完走記~その2 | トップページ | アメリカ旅行こぼれ話 »

2010/11/14

ニューヨーク完走記~その3

Queensboro Bridge の向こうはマンハッタンである。橋の上は応援が禁止されているらしく暫く静かにレースが進んでいたが、橋の終わりに近づくにつれて向こう岸の大声援が聞こえてきた。橋を渡り終えると左に3回曲がって1番街を北上するのだが、ここでの大声援は凄まじく、それまでの静寂から選手を一気に鼓舞してくれる。まるで競技場に戻ってきた時のような感じである。

「ああ、こんなに楽しいレースは初めてだ」と胸にこみあげてくるものがあった。ニューヨークの大通りを通行止めにして、これだけ大勢の観衆から声援を受けながら走ることができるのは何と幸せなことなのだろう。1番街を延々と北上するだけなのに全く飽きることがない。

30キロ。22分55秒。さすがにペースは少し落ち気味だ。橋を渡ってブロンクス地区に入るところで、「Bruckner Expwy」という看板があったので驚いた。かの大作曲家の交響曲と同様、通しで1時間半ほどかかる長大な道路なのだろう(笑)。すぐにまた橋を渡って再びマンハッタンに入る。いよいよレースも架橋いや佳境である。

35キロ。23分34秒。2つの橋越えでさらにペースが落ちているが、まだ脚は残っている。まもなくセントラルパークが見えてきて、すぐに公園に入るものと思っていたが、暫く5番街を南下してから90丁目辺りで公園に入るのだった。公園内は更に声援が多くなり、Keep going! とか Almost there! と、レース終盤のランナーに元気を与えてくれる。

40キロ。23分6秒。声援のおかげで少し回復した。しかし、公園内は意外に細かいアップダウンが続き、さすがに脚に来はじめた。一旦公園の外に出て59丁目を西進する。Columbus Circle の角で再び公園に入ると間もなくフィニッシュである。後で聞くとこの辺りで家族が応援に来てくれたそうだが、お互い分からないままだった。

フィニッシュタイムはネットで3時間12分6秒。完走メダルとマイラーというマントみたいなものをかけてもらい、水やスポドリ、リンゴなどが入った袋をもらって飲み食いしながら、荷物受取までかなりの距離を歩いた。4万5千人中で唯一の知り合いのランナーTちゃんが現れないかと後ろを振り返っていたら、見知らぬランナーから肩を叩かれたり、声をかけられたりした。皆、気分がハイになっているのかな。

そのあたりまでは良かったのだが、荷物渡しの要領がいただけなかった。ナンバー順にトラックが割り振られていて、自分と同じ2000番台のランナーが行列を作って待っている。申告タイム順なので同じくらいのタイムでフィニッシュするのは分かりきっている。第1回東京マラソンでも同じことが起こったらしいが、41回を数える名門大会でこんな不手際は信じられない。下2桁とかで均等になるように割り振るべきなのだ。

なかなか荷物が出て来ないので、前の方のランナーはナンバーカードを外して手に持ち、頭の上に掲げ始めた。うまく見つかった荷物がトラックの上から放り投げられる。まるで難民キャンプの食糧配給のような光景となった。日本だったら怒号が飛んで大騒ぎになっているところだが、周囲のランナーは皆大人しく待っている。中には携帯電話で友人に ridiculous とかぼやいている人はいるので、イライラしているのは皆同じなのだろうが、表面に出すのは紳士的でないと思っているだろうか。

さて、今回を含めてフルマラソンは37回走ったけれども、これまでは常に記録が頭にあった。もちろん自己ベストなり目標タイムを達成する喜びは大きかったものの、一度としてラクなレースはなかった。今回最後に少しケチはついたけれども、これほど最後まで楽しんで走れたのは初めての、そしてとても新鮮な経験だった。

【記録】

     SPLIT  LAP

0- 5k     0:22:00   22:00

5-10k      0:43:27   21:27

10-15k    1:05:41   22:14

15-20k    1:28:08   22:27

HALF      1:33:10

20-25k    1:52:05   23:57

25-30k    2:15:00   22:55

30-35k    2:38:35   23:35

35-40k    3:01:41   23:06

40-FIN    3:12:06   10:25

------------------------

総合順位  1896位(44,997人中)

男子50-54歳 97位(3,425人中)

11月13日 ジョグ10キロ
11月14日 ジョグ10キロ

|

« ニューヨーク完走記~その2 | トップページ | アメリカ旅行こぼれ話 »

コメント

お疲れさまでした。

完走記を読んでいて、楽しく走られたのが目に浮かびます。
そりゃ、楽しかったでしょうね。
羨ましいなぁ。

と言いつつ、来月私も楽しんで走ってこようと思います。

投稿: ゴン | 2010/11/14 19:57

ゴンちゃん
そりゃあ、もう!(笑)
え、来月ってどこでしたっけ?(汗)

投稿: まこてぃん | 2010/11/14 21:35

お疲れ様でした~!
私も5回経験してもやはりまた1番街に入ったところで涙がこぼれてしまいました。NYCMで一番私の好きなところです。前半はずっと1番街を楽しみに走っていたようなものです。
私はグロスタイムで19分過ぎにゴールしたので、もうまこてぃんさんは先に行かれたなぁとあきらめていました。私の電話通じないし(*^_^*)
荷物のピックアップひどかったですね!私も難民方式でゼッケン振り上げてナンバー叫んで取ってもらいましたが40分以上かかってすっかり脚も固まり凍えてしまいました。
以前はラストネームの頭文字のアルファベット順だったんですよ。Yは一番遠くでしたが、それでもその時の方がずっとよかったです。

投稿: ともちゃん | 2010/11/15 03:27

おつかれさまでした。

完走記を読んで、いつか走ってやるぞという気持ちが
ますます強くなりました。
まず、3.15余裕で走られるようにならなければ!

投稿: ジョー | 2010/11/15 06:23

ともちゃん
橋の上からでも聞こえる大声援、
本当に素晴らしかったですね。

アンケートのメールが来ていたので
下2桁とかで割り当てるべきだと
書いておきましたが、伝わるかなあ。(汗)


ジョーさん
いつか必ず走ってください。
絶対にお勧めします。
抽選だといつになるか分からないので
年代別参加標準をクリアするのが早道です。
先方がネットで記録を確認できる大会となると、
国内では福岡か別大ぐらいしかないかも。

投稿: まこてぃん | 2010/11/15 22:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95622/50024080

この記事へのトラックバック一覧です: ニューヨーク完走記~その3:

« ニューヨーク完走記~その2 | トップページ | アメリカ旅行こぼれ話 »