« 『エアベンダー』3D版 | トップページ | ゴンちゃんマラニック »

2010/08/12

『鬼の跫音』

200807000316_3道尾秀介はこれで3冊目。『野生時代』連載の短篇集である。版元紹介文。

鈴虫だけが知っている、過去の完全犯罪。蝶に導かれて赴いた村で起きた猟奇殺人事件。いま最も注目を集める新鋭・道尾秀介が満を持して送り出す、初の連作短編集!(引用終わり)

8月11日 ジョグ10キロ
8月12日 休養

「鈴虫」「犭(ケモノ)」「よいぎつね」「箱詰めの文字」「冬の鬼」「悪意の顔」の6篇からなる。それぞれに独特の味わいを持つホラーサスペンスの連作である。全てに「S」という名の人物が登場するが、直接の関連はないようである。そう言えば、『向日葵の咲かない夏』の自殺した同級生も「S君」だった。

短篇にもかかわらず、意表を突くどんでん返しあり、身も凍るようなホラー譚ありで、著者の並々ならぬ才能が窺える。現在、朝日新聞 be にエッセイを連載中だが、こちらも毎回とても面白く、「いま最も注目される作家」という惹句もあながち誇張ではないだろう。

表紙は下田ひかりの「聞こえますか」。色使いにもこだわった凝った装幀ともども、こういうのは電子書籍では味わえないのではないだろうか。

|

« 『エアベンダー』3D版 | トップページ | ゴンちゃんマラニック »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95622/49131097

この記事へのトラックバック一覧です: 『鬼の跫音』:

« 『エアベンダー』3D版 | トップページ | ゴンちゃんマラニック »