« マラソン論~その29 | トップページ | 『裂壊』 »

2010/07/09

マラソン論~その30

いよいよレース当日である。前夜に十分睡眠を取ることは言うまでもないだろう。私はあまり経験がないが、気持ちが高ぶってよく眠れないという人もいるかもしれない。それでも、横になって目を瞑っているだけでも体は休まるので何も焦ることはない。

ところで、当日の朝はどう過ごすか。朝食ではご飯をお代わりし、さらにお餅やカステラ、ドラ焼きなどで糖質を補い、レース直前はうっすら汗をかく程度のジョグや短いダッシュでウォーミングアップする。そういうパターンのランナーが多いようだが、あまり感心できない。

カーボローディングで肝臓や筋肉に蓄えられるグリコーゲンは約3日間で飽和するとされ、木曜から土曜の高炭水化物食で蓄積は既に完了している。当日は蓄積されたグリコーゲンや脂肪を分解・燃焼させてエネルギーに変えなければならないのに、その逆方向の反応を強めるような食事を摂るのはナンセンスである。高脂肪・高蛋白質食が理想だが、消化吸収が良くないので、ごく普通の朝食で良いと思う。ご飯は軽く1杯にしておく。

レース直前までのグリコーゲン温存については前回も書いた。不必要なウォーミングアップで折角溜め込んだグリコーゲンを浪費する愚については、リディアードも戒めているところだ。

短距離や中距離ならともかく、せいぜいAT近辺の負荷のマラソンで、ウォーミングアップがそれほど重要とは思わない。私は心身にスイッチを入れるぐらいの意味でトラックを2周、最後に少し流しを入れる程度にしていた。トップランナーの多くは毛布にくるまったまま音楽でも聴いてじっとしているのだそうだ。

次回はレースの組み立てについて。

7月8日 ジョグ10キロ
7月9日 休養

|

« マラソン論~その29 | トップページ | 『裂壊』 »

コメント

おはようございます。
ここらあたりは私と同じです(安心しました~)
前日は早く寝て 当日 朝は軽く食べて
ウォーミングアップはシューズの調子を見るくらいですわ。
そうそう 水分摂取に気をつけてます 途中でトイレに行かなくてよいように っと お腹が冷えないように~
の対策してます。

投稿: たけした | 2010/07/10 09:58

たけしたさん
私もレース前は水分は極力摂らない
ようにしています。その代わり、
レースでは序盤から積極的に給水を
取るようにします。

投稿: まこてぃん | 2010/07/10 18:42

う~~~む そうですかぁ
私は中盤までとらないことが多いですね。
また最初は水だけです。
私の場合スポーツドリンクを飲むとなんか
感じが変わるので~

投稿: たけした | 2010/07/12 12:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95622/48836932

この記事へのトラックバック一覧です: マラソン論~その30:

« マラソン論~その29 | トップページ | 『裂壊』 »