« マラソン論~その33 | トップページ | 『四千万歩の男 忠敬の生き方』 »

2010/07/23

マラソン論~その34(完)

人類が直立歩行を始め、やがて農耕を開始するところから説き起こした(笑)大風呂敷な我がマラソン論も、今回でひとまず終了することにする。

さあ、いよいよレースが始まる。静寂の中、スターターの声が響く。
「10秒前」・・・「位置について」・・・「用意」・・・パン
何回経験しても胸の鼓動が高まる瞬間である。

半年かけて組み立ててきた長大なプログラムを、初めて通しで走らせる「ENTER」キーが、スタートのピストルなのだと思う。設計どおり動いてくれるかどうかは神のみぞ知るところである。

計画どおりに走れたときの高揚感は何物にも換えがたい。そういう時に心に浮かぶのが、ベートーヴェン「第九」の一節である。過去の完走記でも引用してきたが、改めて記して結びの言葉としたい。

  天空の壮大なる計画に従って
  太陽が駆け巡るが如く、朗らかに

  走れ兄弟たちよ、汝らの道を
  英雄が勝利を目指すが如く、喜ばしく

7月22日 ジョグ10キロ
7月23日 ジョグ10キロ

|

« マラソン論~その33 | トップページ | 『四千万歩の男 忠敬の生き方』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95622/48956934

この記事へのトラックバック一覧です: マラソン論~その34(完):

« マラソン論~その33 | トップページ | 『四千万歩の男 忠敬の生き方』 »