« マラソン論~その11 | トップページ | マラソン論~その13 »

2010/05/07

マラソン論~その12

基礎練習に関連した話をもう少し続ける。

この時期には舗装路だけでなく、不整地での練習も取り入れることをお勧めする。本格的なクロスカントリーのコースでなくとも、公園や河川敷、未舗装の道路など、探せばどこかにある筈である。私が普段練習している公苑周回コースでも、アスファルトの歩道のすぐ脇に、数十センチの幅しかないけれども格好の不整地コースがあるのを発見した。

雑草が生え、石ころが転がるコースでは時に着地が乱されるが、逆にそのことによって下半身の柔軟性が養え、怪我をしにくい体を作ることができる。スピードを上げて走ると本当に怪我をしてしまうので、「ゆっくり」走るのが主眼のこの時期に打ってつけの練習なのだ。

もうひとつは、ウルトラマラソンへの参加である。走り込みの一環として、6月頃に各地で行われるウルトラマラソンに参加するランナーも多い。私もかつてサロマ100キロを5回完走した。

ただ、その経験からすれば、70キロ~80キロ辺りで既に体力の限界を超えてしまって、それ以降は「走る座禅」としての意味はあっても、マラソン練習としての効果はなかったように思う。自分自身経験はないが、50キロから70キロぐらいがちょうど良いのかもしれない。

5月6日 休養
5月7日 ジョグ10キロ

|

« マラソン論~その11 | トップページ | マラソン論~その13 »

コメント

そうですね 私の場合は 60キロ 80キロで
気合が切れちゃいますわ。大休止したらまた
走れるのですが~~ 

投稿: たけした | 2010/05/10 17:29

たけしたさん
80キロを超えてもレースとなれば
何とかかんとか走ってしまうものですが、
マラソン練習としては疑問符です。

投稿: まこてぃん | 2010/05/10 22:53

私 まだ フルがメインなのでウルトラのときは
がんばりません~~~
四万十では 入りの20と 最後の20を一生懸命走ったり メリハリをつけてフルの練習としています~

投稿: たけちゃん | 2010/05/11 17:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95622/48288975

この記事へのトラックバック一覧です: マラソン論~その12:

« マラソン論~その11 | トップページ | マラソン論~その13 »