« 鳥取マラソンの練習を打上げ | トップページ | 鳥取マラソン »

2010/03/19

『漂泊』

20100216g061_3堂場瞬一「警視庁失踪課・高城賢吾」シリーズ最新作。版元紹介文。

ビル火災のバックドラフトに巻き込まれ負傷した明神。鎮火後の現場からは、殺しの痕跡のある身元不明の二遺体が出た。犯人による隠蔽目的の放火だったのか。傷つけられた仲間のため、高城は被害者の身元を洗う決意をする。調査の中で、ひとりは捜索願の出されていた作家ではないかとわかり、事態は思わぬ方向に進んでいく。(引用終わり)

3月18、19日 休養/完全休肝

本シリーズも4作目となり、登場人物たちのキャラクターもすっかり馴染んできた。ただ、馴染みすぎたのか、「相棒」の明神をはじめ室長の阿比留や捜査一課の長野など、前作までは高城と事あるごとに衝突し、あるいは軋轢を生じていた人物たちも、今回は高城の動きと同調しながら、予定調和のごとく事件の真相解明に向けて一直線に進んでいく。

警察内部の対立や権力抗争など、強いて読みたいわけではないが、前作まではそれが物語の進行に適度な陰影を与えていただけに、今回はやや平べったく甘い感じを受けた。

ところで、このシリーズは4月からテレビ朝日系列でドラマ化されるそうだ。主演は沢村一樹。見てみたい気もするけど、毎週毎週お付き合いはできないだろうな。

|

« 鳥取マラソンの練習を打上げ | トップページ | 鳥取マラソン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95622/47838004

この記事へのトラックバック一覧です: 『漂泊』:

« 鳥取マラソンの練習を打上げ | トップページ | 鳥取マラソン »