« 奈良マラソン2010概要発表 | トップページ | 福知山詳報 »

2009/11/27

『東京DOLL』

5114va3mewl_sl500_aa240_石田衣良著。アマゾンの紹介文。

マスター・オブ・ゲーム=MGと呼ばれる天才ゲームソフト制作者・相良は、新作のモデルに翼のタトゥを背負った少女・ヨリを選ぶ。映像モデルとして完璧な「人形」ぶりを発揮するヨリに、MGの孤独は癒されていく。だが、彼女には愛する男の不幸が見えるという異能があった。東京の今を描いた長編恋愛小説。(引用終わり)

11月26日、27日 休養

アマゾンの書評では散々なことが書かれているが、自分としては結構面白く読めた。ゲーム業界の俊英で若くして億単位の金を稼ぐMGと、深夜のコンビニでアルバイトするヨリが出会うところから物語はスタートする。

これは現代のおとぎ話である。そう思って読めば多少のリアリティの乏しさとか、キャラクターの弱さも気にならない。読みながら最後に「そこでMGは目が覚めた」というぐらいのドンデン返しがあるかもしれないと思ったけれども、それこそよく出来たゲームのような物語世界に引き込まれた。実際にはこの著者らしいハッピーエンドで、さすがにそれは甘すぎるような気がしたが。

ハードカバー表紙のモデルは香椎由宇。芸能界に疎い私は、キリン「のどごし生」のCMぐらいしか知らないが、ヨリのイメージとして起用したものだろうか。

|

« 奈良マラソン2010概要発表 | トップページ | 福知山詳報 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95622/46864014

この記事へのトラックバック一覧です: 『東京DOLL』:

« 奈良マラソン2010概要発表 | トップページ | 福知山詳報 »