« こんなに張り合ってるのに | トップページ | 高橋さん迎撃オフ会 »

2009/08/07

『灰の旋律』

Isbn9784569708133_2堂場瞬一の真崎薫シリーズ第3弾。版元の紹介文。

警察小説のヒット・メーカーが描く「ハード・ボイルド」真崎薫シリーズ。
神奈川県警を辞し、探偵事務所の看板を掲げたものの、相変わらず、無聊(ぶりょう)をかこつ真崎薫(まさき・かおる)のもとに、レコード会社の中山秋穂(なかやま・あきほ)が音楽プロデューサーの矢吹調(やぶき・しらべ)を捜して欲しいと訪ねてくる。矢吹は、若手バンドのアルバム・プロデュースを依頼されていたのだが、レコーディングが始まる直前に姿を消して……。
真崎が追う酔いどれの音楽プロデューサーに、失踪したギタリスト。かつて一世を風靡(ふうび)したロッカーたちを切り裂く一発の銃声。みたび猟犬が横浜を奔(はし)り、音楽業界の闇に迫る!
過去に学び、今を見つめ直すことで、人は未来を変えられるだろうか――。 (引用終わり)

8月6日 ジョグ10キロ+流し2本/完全休肝
8月7日 午前 ペース走10キロ(42分27秒)を含む16キロ
      午後 ジョグ9キロ

アマゾンの書評はひどいものだが、実際にはそれほどでもなかった。ロックファンなら本書の随所に出てくるアーティスト名や曲のタイトルだけでも楽しめるに違いない。・・・たぶん。ロックに全く疎い自分にはピンと来なかったが。

結末の意外性のなさとか、秋穂の中途半端な人物像とか、探せばアラはあるけれども、大きな子供みたいで憎めない矢吹のキャラクターだけでも十分に面白かった。

|

« こんなに張り合ってるのに | トップページ | 高橋さん迎撃オフ会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95622/45858059

この記事へのトラックバック一覧です: 『灰の旋律』:

« こんなに張り合ってるのに | トップページ | 高橋さん迎撃オフ会 »