« すぐそこにある廃線跡(3) | トップページ | 『青の懺悔』 »

2009/07/17

ゆあーん ゆよーん ゆやゆよん

Ts2c01345月にビーチバレーの大会が行われていたのと同じ場所で、今月下旬から「コルテオ」が始まることになり、あっという間に仮設会場の骨組みが立ち上がった。主催者の公式サイトによれば、

『コルテオ』とはイタリア語で「行列」を意味します。 『コルテオ』の主人公は、自らの人生を回顧するひとりのクラウン。彼が思い浮かべる “祝祭のパレード”の、夢とも現実ともつかない不思議な風景が、天と地の間に存在するミステリアスな空間を舞台に展開していきます。それは楽しく陽気でありながらも、どこか儚く哀愁漂う世界――。

ということらしい。よく分からないけれども、要するにサーカスであり、会場も巨大な見世物小屋といった感じだ。

まだ小学校に上がる前だったと思うが、親戚一家にサーカスに連れて行ってもらったとき、どういう訳か途中から急に泣き出して、大人たちを困らせてしまったことがある。まばゆい照明の下で、派手な化粧をして人間業とは思えぬ妙技を披露する芸人たちを見ているうち、儚い哀愁どころか人生の悲哀を感じてしまった、多感な(おませな)子供だったのだ。(苦笑)

7月16日 ジョグ10キロ/完全休肝
7月17日 ジョグ10キロ

|

« すぐそこにある廃線跡(3) | トップページ | 『青の懺悔』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95622/45655963

この記事へのトラックバック一覧です: ゆあーん ゆよーん ゆやゆよん:

« すぐそこにある廃線跡(3) | トップページ | 『青の懺悔』 »