« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009/07/30

献血再開なるか

先日の新聞の片隅に、目立たないベタ記事扱いながら、私としては見逃せないニュースが掲載されていた。日本赤十字社が英国滞在経験者からの献血制限を緩和する方針を固めたというものだ。

狂牛病対策として2005年6月から「当分の間」ということで取られていた措置なのだが、この措置をやめることで日本で狂牛病患者が発生するリスクは、年間0.01人~1人であるという。

その1億分の1以下のリスクよりも、新型インフルエンザの大流行が懸念される中、措置継続による献血者の減少で輸血用血液が不足し、重症患者が死亡するリスクの方が大きいと判断したためだろう。狂牛病は何も献血だけで感染するものではないだろうから、極めて妥当な判断であると思う。

私は以前、毎年一度必ず献血してきた。ほとんど誰にでも出来るボランティアであると同時に、詳細な血液検査を無料で実施してくれるからだ。何より、たまには血を抜くことで新陳代謝が促されるのか、心なしか心身ともにスッキリするのだ。アメリカ滞在中は1パイント(約470cc)も抜かれて、スッキリを通り越してフラっとなったが。(笑)

ところが、ここ数年はこの措置のおかげで献血できずにいた。某団体の海外視察団の下っ端として英国に2日ほど滞在したことがあるのだ。この措置が今回どの程度緩和されるかは未定だそうだが、2日程度の滞在ならおそらくOKだろう。早く緩和されて、スッキリとしたいものだ。

7月29日 ジョグ10キロ
7月30日 ジョグ10キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/28

再び明石出張

Ts2c0146_2 先週に続き、また明石出張が入った。今回は残念ながら午後からとなり昼食の楽しみはなかったが、用件が予定より早めに終わったので、前回食べずに終わった名物「明石焼き」(地元では「玉子焼き」)を食した。

Ts2c0145特に下調べもせず行き当たりばったりで入ったのが魚の棚の「よし川」という店。店内には有名人の色紙が飾ってあったりして結構有名な店らしい。えてしてこういう店は味は今ひとつの場合が多いが、ここはまずまずだった。しかし、10個で550円はちと高いぞ。

7月27日 ジョグ10キロ
7月28日 休養/完全休肝

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009/07/26

生カピバラさんに会ってきた

Ts2c0142 先月のカピバラさんの記事にうずらさんからコメントをいただき、大阪市内のペット専門学校に本物のカピバラさんが飼われていることを教えてもらった。今日、たまたま大阪市内に出かける用事があったので寄ってみた。

学校のビル北側の道路に面したところに飼育スペースが設けられていて、外から自由に覗くことができるようになっている。行ってみると、カピバラさんは小屋から外に出て、ボーっとしているところだった。いつもボーっとしているらしい。(笑)

Ts2c0143_2世界最大のネズミというが、体長は70センチぐらいあるだろうか。普通の犬ぐらいの大きさがあるので、とてもネズミには見えない。温和な性格とのことで、ほとんど動きがない。野生を忘れたようなその姿は、確かに癒やし系のキャラ向きだ。

何枚か写真を撮っているうちに飼育員(学生さん)が入ってきて小屋に餌を置いていったら、のそのそとした動きで小屋に引っ込んで餌を食べ始めた。いいタイミングで見られて良かった。

7月25日 ジョグ10キロ
7月26日 LSD20キロ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009/07/24

今日は明石出張

Ts2c0139今週2度目の出張は更に近距離で明石市内。うまく昼前に用件が済んだので、今や観光名所になっている「魚の棚」(うおんたな)の商店街の中にある「浪花」で昼食。明石名物の蛸の天ぷらに、「蛸いなり」と握り寿司6カンの「すし膳」がタイムサービスで1260円也。

Ts2c0140蛸は柔らかいのに歯ごたえがしっかりしていて大変美味。寿司ネタはいずれも新鮮で、同行者ともども大満足の昼食だった。食後は商店街の魚屋を冷やかしながら、今度来る時はクーラーボックス持参で来なければと、出張目的を全く忘れた会話を交わす一行なのであった。(笑)

7月23日 ジョグ10キロ
7月24日 ジョグ10キロ/完全休肝

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/22

サンダーバードに初乗り

昨日は久々に遠方への出張。といっても福井市内で、しかも日帰りという慌しさである。用件自体に加えて、片道2時間ほどの特急乗車も結構きついと思われたが、往復とも「スーパー雷鳥」改め「サンダーバード」にしてもらったので、昔の「雷鳥」を思えばずいぶん快適になった。

Ts2c0137_2写真は復路に乗車した683系新型車両。今年6月から投入されたばかりだそうだ。外見は従来と比べて運転席の窓が小さくなり、白一色の前面は一瞬「はるか」のような印象を受ける。内部は普通車でもゆったりとしたシート、落ち着いた内装に加えて、例の忌まわしい事件の反省から、女性専用の座席やトイレが設定されていた。

7月21日 休養/完全休肝
7月22日 ジョグ10キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/20

芋っ子例会若草篇

昨日は芋っ子クラブの4名で、芋ケ峠ならぬ若草山LSD。暑い時期は原生林に覆われた涼しい若草山をグルグル周回するという、以前から考えられていたプランをようやく実行する運びとなったものだ。

Ts2c0136午後から雨との予報だったが、全員の日頃の行いの良さで、雨が降り出したのは家に帰り着いた頃だった。しかし、いつ降り出すか分からない不安定な天気に、走った後はビアガーデンに繰り出すという当初の予定は焼き肉食べ放題に変更となった。

ステンレスの箸に刻印された店の名前をKさんが読み違えて大笑いとなった。お互いもう小さな字が見えにくい年頃になったのだなあ。(苦笑)

7月20日 ジョグ10キロ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/07/19

『青の懺悔』

51q8jsvsl_sl500_aa240_

堂場瞬一の「真崎薫」シリーズ第2弾。アマゾンの紹介文は今回も長文だ。

刑事は辞めても刑事なのか――。人生の挫折はいくらでも取り戻せる。だが、それができるのは過ちに対し、責任を取る姿勢がある人間だけだ。
神奈川県警を辞め、私立探偵の看板を掲げた真崎薫(まさき・かおる)は、ネコ探しを依頼されるなど、慣れない探偵業に無聊(ぶりょう)をかこつ日々を送っていた。
ある日、高校時代の野球部の仲間、長坂(ながさか)が訪ねて来る。スポーツ選手の代理人をやっているとのことだが、なかなか上手くいかないようで、真崎と同様、燻(くすぶ)る日々らしい。それから数日後、長坂が結城(ゆうき)を伴って真崎の元を再訪する。結城も高校時代の仲間であり、プロ入りした野球選手で、FA権を取得後、メジャーへ挑戦したが思うような成績は残せず、2年で日本に戻り、元のチームでプレーすることになっていた。憔悴(しょうすい)した様子の結城は、息子・翔也(しょうや)が誘拐されたと真崎に打ち明けるのだった……。(引用終わり)

7月18日 休養/完全休肝
7月19日 LSD37キロ

続きを読む "『青の懺悔』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/17

ゆあーん ゆよーん ゆやゆよん

Ts2c01345月にビーチバレーの大会が行われていたのと同じ場所で、今月下旬から「コルテオ」が始まることになり、あっという間に仮設会場の骨組みが立ち上がった。主催者の公式サイトによれば、

『コルテオ』とはイタリア語で「行列」を意味します。 『コルテオ』の主人公は、自らの人生を回顧するひとりのクラウン。彼が思い浮かべる “祝祭のパレード”の、夢とも現実ともつかない不思議な風景が、天と地の間に存在するミステリアスな空間を舞台に展開していきます。それは楽しく陽気でありながらも、どこか儚く哀愁漂う世界――。

ということらしい。よく分からないけれども、要するにサーカスであり、会場も巨大な見世物小屋といった感じだ。

まだ小学校に上がる前だったと思うが、親戚一家にサーカスに連れて行ってもらったとき、どういう訳か途中から急に泣き出して、大人たちを困らせてしまったことがある。まばゆい照明の下で、派手な化粧をして人間業とは思えぬ妙技を披露する芸人たちを見ているうち、儚い哀愁どころか人生の悲哀を感じてしまった、多感な(おませな)子供だったのだ。(苦笑)

7月16日 ジョグ10キロ/完全休肝
7月17日 ジョグ10キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/15

すぐそこにある廃線跡(3)

Ts2c0128引き続き、宮脇俊三氏の『鉄道廃線跡を歩く』シリーズに教えられた、今回は大阪市内にある意外な廃線跡。場所はJR環状線京橋駅の北方。写真奥、駅東側の歓楽街から手前の駅前広場に抜ける細い道路が環状線のガードを潜っているが、何と昭和44年までここを京阪電車が通っていて、ガードのすぐ東側には旧京橋駅があったのだそうだ。

駅の跡はパチンコ屋、居酒屋などが立ち並び、過日の面影は全くないが、線路跡の方は少し後方から撮った下の写真でもはっきりと分かる。旧線はここからやや南にカーブしながら西進、やがて現在線と並行し、合流していたそうだ。

Ts2c0129初めて京橋に行ったのはいつだったか思い出せないが、遅くとも昭和50年代の高校時代には間違いなく何度か行っている。その時点では僅か10年ほど前のことだったのに、今の今まで全く知らずにいたのだ。

7月14日 ジョグ10キロ
7月15日 ジョグ10キロ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009/07/13

飛鳥川上坐宇須多伎比売命神社

Ts2c0131「あすかかわかみにますうすたきひめのみことじんじゃ」と読む。いつもの飛鳥~吉野のLSDコースの途中にありながら、200段ほどもある長い石段を上がってみたことはなかった。昨日のTちゃんマラニックの帰途、メンバーの2人が富士登山競走に出場することから、完走祈願を兼ねて初登攀(笑)にトライしてみた。

それにしても長い名前だ。ネットで検索してみると、日本一長い名前の神社は石川県の「久麻加夫都阿良加志比古神社」ということになっているけれども、数えてみたら飛鳥の方が1文字多い。多分本当の日本一はこちらだろう。前回寄り道して命名した「請安塚」でもそうだが、こういうのを村のPRに生かせないものだろうか。そんなことをしなくても観光客は来るということかもしれないが。

7月12日 LSD42キロ
7月13日 休養/完全休肝

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/07/11

朝食にも変化

毎日の朝食メニューは、季節により果物が多少入れ替わるぐらいで、数年前から全く同じメニューを続けてきた。しかし、最近どうも目玉焼きに飽きてきて、体調の優れないときは喉の通りが悪かったりする。

Ts2c0127_2そこで一念発起してスクランブルエッグに挑戦してみた。一応ネットでレシピを調べて作ってみたら、何とかそれらしいものが出来たぞ。ホテルの朝食に出てくるのはトロトロ、フワフワしていて大好物なのだが、いつかはその境地に達したいものだ。

料理などこれまでほとんどやったことがないが、気がつけば「男の手料理」に凝ったりしているかもしれない。(笑)

7月10日 休養/完全休肝
7月11日 ジョグ10キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/09

『蒼の悔恨』

51pdepzc5cl_sl500_aa240_堂場瞬一の「真崎薫」シリーズ。アマゾンの紹介文はかなりの長文だ。

過去が過去になるのはいつからだろう----。
雨の横浜----連続殺人犯を追って、神奈川県警捜査一課・真崎薫の孤独な戦いが始まる!連続殺人犯・青井猛郎を追い詰めた真崎だったが、コンビを組んだ赤澤奈津をかばった一瞬の隙をつかれ深手を負い青井の逃走を許してしまう。手がかりのないまま一カ月が経ち、退院した真崎は、捜査に復帰を願うも、担当からははずされており、休暇を命じられる。
ならばと、独自に捜査を開始した真崎だったが......。
真崎、赤澤、青井、三人のそれぞれの過去が明らかになるにつれ、複雑に絡み合った事件の真相も明らかになっていく。人間にとって「過去」とは、その人が生きていくうえでどんな意味を持つのか? 「過去」を「過去」として受け入れ、魂のやすらぎを得られる日は訪れるのか? 読む者の心に強烈に先の命題を突きつけるハードボイルド・エンタテインメント。(引用終わり)

以下、少々ネタバレあり。

7月8日 ジョグ10キロ
7月9日 ジョグ10キロ

続きを読む "『蒼の悔恨』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/07

昼の愉しみ

Ts2c0118昼食はいつも給食業者の仕出し弁当で済ませている。配達してくれて1食わずか400円というのは、このご時世ありがたい限りだけれど、毎日似たり寄ったりの内容でマンネリ感は否めない。

そこで、少しでも変化を持たせようと買ったのがコレ、永谷園「おとなのふりかけ」である。パッケージ上部には「発売20年」とあり、名実ともに大人の商品というわけだ。

味は5種類あり、それぞれ4袋ずつ入っている。1袋でちょうど1膳分なので、毎日使い切りで変化を楽しめる。頑固な性格ゆえか、5種類のローテーションを毎日きっちり守って使っているのが、自分でもおかしくなってしまう。(笑)

秋口になって減量の季節がやってくるとご飯は注文しなくなる。それまでの約2か月は引き続きお世話になりそうだ。

7月6日 ジョグ10キロ
7月7日 休養/完全休肝

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/05

練習して後悔したことは一度もない

先週に続いて、芋っ子クラブ例会で吉野LSD37キロを走った。昨夜の酒が残り、少し風邪気味のせいもあって、朝起きた時は正直ロングは辛いと思ったが、いざ走り出せば何とかなるものだ。

常連のHさん、Kさんと一緒だったということも大きいが、どんな状態でも練習に行けば最後には「やって良かった」と必ず思う。故障したことがほとんどないせいもあるが、「無理して練習しなければ良かった」と思ったことは、これまで一度もない。

逆に休んだら休んだで、それを後悔したこともないので、単なる自己満足なのかもしれないが。(苦笑)

7月5日 LSD37キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/04

すぐそこにある廃線跡(2)

Ts2c0126先週に続き、宮脇俊三氏の『鉄道廃線跡を歩く』に教えられた、うちのすぐ近所にある廃線跡。昭和15年の紀元2600年奉祝に伴う都市計画事業で、橿原神宮付近の線路、駅が移設されたことは知っていたが、旧畝傍線の廃線跡がまだ残っているとは思わなかった。

Hm027_2地図(近鉄『80年のあゆみ』)真ん中辺りにある旧畝傍御陵前駅すぐ南辺りの橋台である。先週の小房線同様、隣接の民家の人が植木鉢を置いて今も活用してくれている。(笑)

いつも走っている神宮公苑周回コースのすぐ近くだというのに、これまで全く知らずにいたのが悔しい。

7月3日 ジョグ10キロ/完全休肝
7月4日 ジョグ10キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/02

『虹の翼』

41ueczy05sl_sl500_aa240_吉村昭著。四六判二段組311頁の長篇だが、長さは全く感じさせなかった。アマゾンの紹介文。

明治の半ば、ライト兄弟が世界最初の飛行機を飛ばす十数年も前に独自の構想で航空機を考案した男が日本にいた。奇才二宮忠八のひたすら空にあこがれた波瀾の生涯。(引用終わり)

7月1日 ジョグ10キロ
7月2日 休養

続きを読む "『虹の翼』"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »