« いわて銀河詳報 | トップページ | 癒されます »

2009/06/17

『相剋』

51dkbgdt83l__sl500_aa240_堂場瞬一の新しいシリーズ第2弾。版元紹介文。

捜査一課から失踪課に来た協力要請。情報提供して消えた目撃者捜しだという。筋違いと主張する高城を制し、阿比留は法月と明神に捜査を命じる。時を同じくして、少女が失踪。友人が訴え出るものの、親族以外からの捜索願は受理できない。だが、少女の家族の態度に違和感を感じた高城は、醍醐と共に非公式に調べ始めるが…。(引用終わり)

以下、少々ネタバレあり。

6月16日 休養/完全休肝
6月17日  ウオーク3キロ

大きなストーリーとしては、捜査一課の追う事件と少女失踪事件が、実は同じところから派生したものだったということなのだが、発端となった事件の真相については、関係者の供述内容が伏せられていたり、この作者にしては珍しいほど長く引っ張る割には、ちょっと作為的な感じを抱いた。

それよりも、同じ失踪課の阿比留や醍醐、法月ら脇役陣が次第に個性を発揮していくことで、シリーズとしての今後の発展に期待を抱かせてくれる。妙なヒネリを入れることなくグイグイ読ませる次作を期待したい。

|

« いわて銀河詳報 | トップページ | 癒されます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95622/45346618

この記事へのトラックバック一覧です: 『相剋』:

« いわて銀河詳報 | トップページ | 癒されます »