« 文化財で昼食を | トップページ | 迷惑メールとコメントにうんざり »

2009/05/31

『蝕罪―警視庁失踪課・高城賢吾』

512bvhothbkl__sl500_aa240_堂場瞬一の新しいシリーズの1作目。カバーの紹介文。

行方不明者を捜す専門部署として、警視庁に設立された失踪人捜査課―実態は厄介者が寄せ集められたお荷物部署。ある事件により全てを失い酒浸りになった刑事・高城賢吾が配属される。着任早々、結婚を間近に控え、なぜか失踪した青年の事件が持ちこまれるが…。待望の新シリーズ、書き下ろしで登場。 (引用終わり)

5月30日 ジョグ10キロ
5月31日 LSD40キロ
月間走行距離 453キロ

「刑事・鳴沢了」シリーズの主人公鳴沢が酒もタバコもやらず、筋トレを欠かさないストイックな生活ぶりだったのに対し、このシリーズの主人公高城は7年前のある事件を契機に酒浸りとなり、タバコも手放さないといった調子で、かなりタイプが異なっている。

しかし、「刑事に生まれついた」ような鳴沢同様、高城も元々は根っからのデカのようで、失踪課に転勤したその日から巻き込まれた青年失踪事件を追ううち、刑事の血を呼び覚まされていく。

妙な伏線やドンデン返しのない、ど真ん中直球のストーリー展開、魅力的な脇役陣といった前シリーズの特色は、新しいシリーズにも受け継がれている。早くも2作目『相克』が出版されていて、そちらも楽しみだ。

|

« 文化財で昼食を | トップページ | 迷惑メールとコメントにうんざり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95622/45186307

この記事へのトラックバック一覧です: 『蝕罪―警視庁失踪課・高城賢吾』:

« 文化財で昼食を | トップページ | 迷惑メールとコメントにうんざり »