« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009/03/31

『楽園』

9784163262406宮部みゆきの本を読んだのは、このブログ開始当時の『模倣犯』以来だ。07年8月初版の本をようやく近くの図書館で借りることができた。版元紹介。

宮部みゆきさんの『楽園』がいよいよ刊行です。この物語には、あの『模倣犯』の中で大活躍したフリーライター・前畑滋子が再び登場。現在はフリーペーパーのライターをしている滋子のもとに、萩谷敏子という女性が現れます。事故で死んだ12歳の息子が、実は予知能力を持つ超能力者だったかも知れないので、その真偽を調べて欲しいという依頼でした。彼は16年前に殺された少女の遺体が発見される前に、自分が描いた「絵」で予言したというのです。
敏子の亡き息子への強い思いを感じた滋子は調査に乗り出しますが――。宮部ミステリーを存分に楽しめる上下巻です。(KT) (引用終わり)

3月30日 ジョグ10キロ
3月31日 休養/完全休肝
月間走行距離 356キロ

続きを読む "『楽園』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/29

奈良「歴史の道」下見ラン

昨年11月の朝日新聞奈良版に、奈良市内の著名な寺社や古墳などを巡る「歴史の道」なるコースの紹介記事が出ていた。車の多い大通りをほとんど通らず、農道や歩行者でもあまり通らない石畳の道を通ることもあり、おおむね快適なコースであるという。

これはLSDにもってこいと考え、まずは地元ランナーで自称地図フリークのKさんに下見をお願いしたところ快く引き受けてくれ、既にニ三度試走してみたとのこと。そのうちLSD練習会を企画してくれるものと思うが、言いだしっぺの自分も是非下見しておきたいと考えていた。お互いの出場予定レースが終わったこの春先で日程調整して、今日の下見ランの運びとなった。

一緒に走るのは半年ぶりのHさんも交えた3人で半日かけてのんびり走った。市がこのコースを指定したのは1972年というから、もう37年も前の話だ。別れ道なのに案内の道標がなかったりで、Kさんでも迷われたという箇所がいくつもあった。件の新聞記事に登場したベテランの観光ボランティア氏ですら迷う時があるというから、市の観光施策としてはいささか不親切だろう。

ワイワイお喋りしながらのんびり走ったら、全長27キロの行程はあっという間だった。後はお決まりの風呂、王将のパターン。奈良都跡店は初めてだったが、店内はきれいで店員のしつけも一応できており、なかなか良い印象だった。

Kさん、入念な下見とご案内ありがとうございました。
Hさん、無理矢理引っ張り出して済みませんでした。(笑)

3月28日 ジョグ10キロ
3月29日 LSD27キロ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009/03/27

図書館のネット予約開始

近所の図書館のコンピューターシステムがこのほど更新された。従来は蔵書の検索しかできなかったのが、その本がいま貸出中かどうかや、貸出中なら予約が何人入っているかも分かるようになった。ネットで予約しておけば、本が戻ってきて貸出できるようになるとメールで連絡が来るという寸法である。

図書館まで出向いて予約申込書に記入して提出し、貸出可能になれば係員から電話で連絡が入るという従来のアナログなシステムからすると随分と便利になったものだ。今回の合理化でマンパワーに余裕ができたはずなので、いつまでも本を返さない輩への督促をビシビシやるなど、利用者サービスをさらに向上させてほしいものだ。

3月26日 ジョグ10キロ
3月27日 ジョグ10キロ/完全休肝

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/25

それぞれの旅行

昨日、息子が北海道への一人修学旅行(?)に出かけた。ノースウエストのマイレージのおかげで往復の航空券がタダになったので、費用面の負担は大したことはないのだが、無事帰ってくるかどうかやはり気が気でない。どうやら私が学生時代に一人旅した経験を話してやったことに触発されたらしい。今回の旅が成長の糧になってくれることを期待することにしよう。

一方、家内と娘は4月5月と相次いで東京へコンサート、観劇に出かけることを画策中である。とりあえず会社が契約しているホテルの手配を頼まれた。自分たちで費用を出すというのでこちらの懐は痛まないけれども、もう何年も東京出張など行っていない自分としては少し羨ましくもある。

ということで、親父一人が何もなしではつまらないので、6月のいわて銀河ウルトラマラソンを申込み、1泊2日の旅行をセットした。旅行と言っても、レース前日に岩手入りして夜は早々にベッドにつき、当日は午前4時スタートで、その日のうちに帰ってくるという慌しさだ。全く、勤め人はつらいよ。(苦笑)

3月24日 ジョグ10キロ
3月25日 ジョグ10キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/23

箕面トレイル

昨日は佐藤光子先生主催の ENJOY TRAIL! シリーズ第1回の箕面トレイルに参加した。先生は大阪国際女子常連のランナーで、以前箕面から妙見山まで往復のLSD練習会に何度かご一緒させていただいたが、次第に車道から離れてトレイルに入り始めたと思ったら、最近では完全にトレイルランナーに「変身」(桃レンジャー!だとか・笑)していて、ついにこのような企画を始められるまでになった。

阪急箕面駅前に集合した午後の部の参加者は27名。ほぼ全員がしっかりしたトレイル用の装備をされていて、ロード用のシューズにLSDのような軽装で参加した私は明らかに場違いな感じだった。朝方までの雨で道はぬかるんでおり、「そんなシューズでは滑って危険ですよ」と注意されたので下りでは特に慎重を期し、何とか一度も転倒せずに走り切れたが、トレイルをなめたような態度は自ら反省している。

ところで、トレイル用のシューズって、単にごつくて頑丈なだけかと思っていたが、底面のグリップ力が全然違うらしい。「モトクロスバイクとロードバイクぐらいの違いがありますよ」と言っていたジャッキーさんの見事な走りっぷりを見て、目からウロコの思いだった。そのうち、1足買ってみようかしら。

お土産に先生も出演されたDVD付きの雑誌『タカタッタ』を1冊いただいた。これだけで参加料のモトが取れるという、大変結構な練習会だった。(笑)

3月22日 トレイルラン13キロ
3月23日 休養/完全休肝

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/03/21

まこてぃん2世誕生?

うちの息子が何を思ったか、最近ジョギングを始めた。本人曰く「運動不足解消のため」というが、確かに学校が休みに入ると、どうかすると家から一歩も出ない日もあり、ダラダラと過ごしがちなのは確かだ。

Ts2c0060今のところ自宅周辺を十数分走っているだけだが、そのうち本格的に走るようになるだろうか。写真左の息子のランニングシューズは27センチ。右の親父のレース用25センチと比べるとやたらにデカい。そのうち靴のサイズだけでなく、体格でも体力でも親父を追い抜く日が来るだろう。

「その点、俺の息子の一樹は楽なものだ。万年係長の息子なら、簡単に親を乗り越えることができる。さっさと出世して、親父を馬鹿にするがいい。それが親孝行というものだ」。(堂場瞬一『約束の河』)

3月20日 ジョグ10キロ
3月21日 LSD20キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/19

常時接続の落とし穴

パソコン雑誌の特集記事みたいなタイトルだが、何度も言うようにいつまで経ってもパソコン初心者の私のこと、情けないほど初歩的なミスのお笑い話である。

我が家ではフレッツADSLモアスペシャルでインターネットを使っている。IP電話も使っているので、常にモデムの電源はオンで繋ぎっぱなしの常時接続状態である。初期設定や無線LANを導入したときは四苦八苦したが、以後はここ何年も特に問題なく使ってきた。スピードも下りで実測10M以上出ていて快適そのものだ。

ところが、昨夜帰宅してみるとインターネットが繋がらない。モデムを見てみると「ADSL」と「VoIP」のランプがいずれも消えていて、ADSLが確立していないことを示している。電圧の瞬時変動や雷の影響などで接続が切れることはたまにあり、そのときはモデムの電源を入れ直してリセットすると解決していた。ところが今回は何度オンオフをやっても、また暫く放置しても状態は変わらない。

原因を考えてみたが、
①家人によると今日の夕方までは問題なく使えていた。
②それ以降はパソコンは電源オフで、ネット設定など何も触っていない。
従って、これは電話局側で何か故障が生じたに違いないと考えてNTTに電話してみた。それほど待たされることなく応対に出てくれた担当者は、ADSL導入当初とは比べ物にならないほど丁寧だった。

担当者のガイダンスに従って接続設定の画面が出たところでハタと気付いた。そう言えば、今年に入ってからニフティのパスワードを変更していたなあ。しかし、それが今ごろになってエラーの原因になるとは最初は全く理解できなかった。

実際のところ、常時接続ゆえに以前(おそらく数か月前)に変更前のPWで繋いだままの状態が継続していて、途中でPWを変更しようが特に問題が起きなかっただけなのだ。昨日の夜、何かの拍子に接続が一旦切れた後で、再度接続しようとしたらモデムに記憶されていた古いPWでハネられたという次第である。

上記①の前提は「前回ログインした数か月前の時点では問題なく繋がった」というだけのことで、②それ以降にPWを変更したことは反映できていなかったのだ。分かってしまえば何ということもない現象だが、すっかり錯覚に陥ってしまっていた。お恥ずかしい限りである。

3月18日 ジョグ10キロ
3月19日 ジョグ10キロ/完全休肝

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/17

難波で昼休み

今日午前中は久々に堺に出張。難波まで戻ってきたらちょうど昼飯時になったので、地下街「なんなんタウン」の「初かすみ酒房」にて昼食。居酒屋(大手チェーン店は除く)の昼飯は大体間違いないというのが持論だが、ここも予想どおりの正解だった。

焼き魚定食780円。注文を受けてから目の前で焼いてくれる秋刀魚はもとより、ご飯、汁物、漬物まで全く手抜きがない。そればかりか、定食にはグラスビールが1杯つくというので一瞬心が動いたが(笑)、勤務時間中ゆえ残念ながらお断わりした。ところが、後から入ってきた見るからに普通のサラリーマン風の男性客2人が2人とも、グラスビールどころか瓶や生を白昼堂々と注文している。難波という土地柄なのだろうか。

Ts2c0058難波の府立体育会館では大相撲春場所が行われている。堺でも難波でも、自転車や徒歩で街を闊歩する力士たちを見かけた。ほのかに漂う鬢付け油の甘い香りに、浪速の春を感じた。

3月17日 休養

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/16

春の珍事?

今朝、目玉焼きを作ろうとして卵を割ったら・・・。

3月15日 LSD36キロ
3月16日 ジョグ10キロ/完全休肝

続きを読む "春の珍事?"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/03/14

『真珠湾攻撃総隊長の回想 淵田美津雄自叙伝』

2144021

昨年12月に書いたように「トラ・トラ・トラ」を打電した淵田総隊長は晩年、我が家から数百メートルの所に住んでいた。この自叙伝もそこで書かれたものだが、米国在住の息子さん宅にその遺稿が眠っていたことがごく最近になって判明。奇襲攻撃から66年目の2007年12月8日に講談社から出版された。版元紹介文。

真珠湾、ミッドウェー、広島・長崎を目撃し、ミズーリ号の降伏調印式に立ち会った男は、戦後なぜ、キリスト教に回心したのか?
「真珠湾攻撃の総指揮官として太平洋戦争の期間、武勲を誇った海軍軍人。その心中では日本海軍の欠陥に早くから気づいていた。戦後はクリスチャンに回心、伝道者としてアメリカを回る。歴史の真実と個人の煩悶とを正直に明かした異色の回想記。史実の書き換えを迫る貴重な書である。」――保阪正康 (引用終わり)

3月13日 休養
3月14日 ジョグ10キロ

続きを読む "『真珠湾攻撃総隊長の回想 淵田美津雄自叙伝』"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/03/12

SASテスト結果

先日測定したSAS(睡眠時無呼吸症候群)簡易テストの結果が出た。判定は「正常」で、めでたしめでたしである。それでも一晩のうちに「無呼吸」状態が都合8回あり、そのうち最も長いものは31秒間だったという。症状が疑われる人の場合、それが数分にも及び、低酸素状態に陥ることでようやく呼吸が復活するというから恐ろしい。

また、予想どおり相当「いびき」をかいていることが分かった。回数にして実に337回(!)。午前1時頃からは約30分間に亘って続いていたようである。いつもと同じ程度の飲酒量でこれだ。30分間ベタに塗り潰されたグラフが今後、飲み過ぎに対する抑止力になればいいのだが。(苦笑)

3月11日 ジョグ10キロ
3月12日 ジョグ10キロ/完全休肝

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/10

『二度目のノーサイド』

379625堂場瞬一のスポーツもの。今回のテーマはラグビーである。版元の紹介文はやや長い。

いったん廃部となった実業団のラグビー部がもう一度試合をすることになった。しかし5年の間にそれぞれのメンバーを取り巻く環境や心情は変化し、体力は確実に落ちていた。それでも試合をやめるわけにはいかない――。
会社の業績悪化でラグビー部が廃部を余儀なくされ、当時のメンバーはふっきれない思いを抱えながら生きていた。ナンバーエイトだった桐生は、マネージャーの死をきっかけに再結集を呼びかけるが、次の人生と直面するためにラグビーへの未練を押さえ込んでいた選手は、頑なに合流を拒み続けていた。桐生は自らの体力を戻すためのトレーニングに打ち込む一方で仲間達の説得に回るが――丹念な取材と観察眼で技術面やメンタル面の的確な描写が評判の著者が描くスポーツ・スピリット小説。仕事と家族との狭間で苦しみながら、仲間と共に自分の生きざまを見つけようとする姿勢が、長引く不況やリストラに怯えるサラリーマンを元気づける。(引用終わり)

3月 9日 ジョグ10キロ/完全休肝
3月10日 ジョグ10キロ

続きを読む "『二度目のノーサイド』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/08

「食後の余韻」

Yoinしつこく「ミルク入り砂糖なし」缶コーヒーの話題である。アサヒ、キリンなどに続いて、サントリーもようやく今月から「食後の余韻」という新商品を発売した。北大路欣也、中村敦夫を起用したTVCMや車内広告を打っている。

早速あちこちの自販機に入っているが、コンビニで買ったらご覧のようにミニカーのおまけが付いていた。何種類かあるので、集めて楽しむ人もいるのだろう。

さて、中身の方は「上質な大人の味わい」がコンセプトだそうであるが、なかなかバランス良く、微かな苦味が舌に残った。ただ、自分の好みからすると少し甘ったるい感じがする。砂糖不使用だけれども100g当たり17kcalと、アサヒ「ゼロマックス」9kcal、キリン「クリアリッチ」12kcalに比べるとかなり多く、同じサントリーの「贅沢微糖」と同じぐらいである。

各社の同タイプ商品を自分なりにランキングしてみると、キリン、アサヒ、サントリー、ネスカフェ、ダイドーの順か。ところで、最大手のコカ・コーラはどうするのだろう。

3月7日 ジョグ10キロ
3月8日 LSD20キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/06

『約束の河』

417fnk2s0cl__sl500_aa240_堂場瞬一著。刑事も登場するけれどもいわゆる警察小説ではなく、スポーツ物でもない。著者にとっては新境地とも言える作品かもしれない。アマゾンの紹介文。

長期の薬物中毒治療から戻った北見貴秋は、幼馴染みの作家・今川出流が謎の死を遂げたことを知る。「業火」と題された遺作は何を物語るのか。ドラッグによって失われた記憶の中、真実を探す心の旅がはじまる。哀切の書き下ろし長篇サスペンス。(引用終わり)

3月5日 ジョグ10キロ
3月6日 休養/完全休肝

続きを読む "『約束の河』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/04

何と!

今夜、ノースウエストからこんなメールが届いた。必死で逃げるインディ・ジョーンズが後ろを振り返ると、さっき渡ったばかりの橋が焼け落ちている。そんなシーンを髣髴とさせるような、アメリカの航空ビジネスの熾烈な現実である。

重要:日本航空(JAL)-ワールドパークス®提携終了のお知らせ

*** ***様

日頃より、ノースウエスト航空®ならびにワールドパークスをご利用いただきありがとうございます。
ノースウエスト航空は、2009年3月末日をもって、日本航空とのワールドパークス特典旅行における提携を終了いたします。ワールドパークス・マイルを使って日本航空(JAL)国内線ご利用の特典旅行をご予約、発券される場合は、2009年3月31日までにお済ませください。なお、ご予約いただけるフライトは、ご搭乗日が特典旅行航空券の発券日より、nwa.co.jpオンライン予約ご利用の場合は60日先まで、ノースウエスト航空予約センターにてお電話でのご予約は2ヶ月先まで、となります。
ワールドパークスでは、日本国内旅行の特典も含め、今後様々な新しい特典プログラムをご用意して参ります。今後の発表にご期待ください!
日頃のご愛顧に感謝申し上げますとともに、これからも引き続きノースウエスト航空をご利用くださいますようお願い申し上げます。

image

ノースウエスト航空会社
太平洋地区 マーケティング開発本部
本部長
トッド A. アンダーソン
(引用終わり)

3月4日 ジョグ10キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/03

SASテスト

SASと言っても、活動休止中の人気バンドでも北欧の航空会社でもない(笑)。「睡眠時無呼吸症候群」 sleep apnea syndrome の略称である。数年前、山陽新幹線の運転士が運転中に居眠りをするという事件が起き、その原因として指摘されたことで有名になった病気である。

夜間睡眠時に激しい「いびき」をかき、繰り返し呼吸が停止することで睡眠不足となるもので、日中に眠気を催すだけでなく、糖尿病や脳卒中などの原因にもなるとされている。日本人の約3%がSAS患者と推計されているそうである。

私も酒が過ぎたときなどいびきをかくことが多いようで、ひどい時は自分のいびきで目が覚めたことすらある(恥)。また、日によって程度の差はあれ、午後の早い時間帯は必ず眠気を催す。単なる睡眠不足ではないかと思うけれども、ひょんなことからお試しでSASの簡易検査を受けられるというので、一応チェックしてもらうことにした。もちろん、格好のブログネタということもある。(笑)

検査は鼻と指にセンサーを装着して、睡眠時の呼吸、脈拍、血中酸素濃度を測定し、腕時計式の本体に内臓されたメモリーに記録するというものである。実際どんな感じかというと・・・。

3月2日 LSD40キロ
3月3日 ジョグ10キロ/完全休肝

続きを読む "SASテスト"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/01

「ようやく使えたマイレージ」あるいは「可愛い子には旅させよ」

2005年4月のボストンマラソン遠征の時に乗ったノースウエスト(NW)のマイレージ特典をようやく行使することができ、春休みに北海道旅行を計画している息子に札幌までの往復航空券をプレゼントしてやることができた。NWのマイレージは提携先の日本航空の国内便にも有効で、他社と違って有効期限がないのが有難かった。何といっても当時米国まで往復6万9千円だった格安チケットで、先得割引でも4万円前後する大阪-札幌往復がタダになるのだから大変オトクだ。

しかし、そこに至るまでの道のりは決して平坦ではなかった(ちょっと大袈裟か・笑)。まずNW自体の経営主体がこの4年間に確か二度も変わり、そのたびにマイレージが失効しないか、JALとの提携が解消されないかヒヤヒヤさせられたものだ。また、マイレージが使えるJALのフライトは非常に限られている。まず便名にJALのつく直営便しか使えないし、その座席数も限られていて、早朝や夜間のフライトしかない場合が多い。傍系のJEXやJAC便には一切使えず、従って地方空港便の大半は使用不可能である。

さらに、昨年秋からはNW提携のクレジットカードの保有者でないとマイレージが使えないという制約まで加わっていた。そんなことはツユ知らなかったので慌ててカードを申し込んだものの、手続き完了まで3週間もかかるという。片や出発日の21日前までに予約しないと75ドルから150ドルの手数料を取られる。

まるでインディ・ジョーンズ並みのきわどい綱渡りの挙句とれたチケットである。息子には大いにエンジョイしてきてもらうことにしよう。(笑)

2月28日 休養(出勤日)
月間走行距離 232キロ
3月 1日 ジョグ10キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »