« 「ハドソン川の奇跡」に思う | トップページ | 棄権の危険 »

2009/01/22

『ミス・ジャッジ』

Missjudge堂場瞬一の野球もの。版元紹介。

メジャーデビューを果たした日本人投手が登板する開幕戦、大観衆の見守るなかで、ヤンキース対レッドソックスの激闘が展開される。たった一球の判定さえ、勝負の明暗を分ける熾烈な世界で、投手と審判員との確執の炎が燃え上がる。二人の男の過去には拭いきれない深い因縁が刻み込まれていた……。野球の才能に恵まれながら夢破れて野球を追われた男と、いままさに栄冠を掴みとろうとする男の人間ドラマがはじまる! 気鋭の実力派作家が描く、入魂の書き下ろし長編野球小説。(引用終わり)

1月21日 ビルドアップ10キロ
1月22日 ジョグ10キロ

前に読んだ『』の主人公・沢崎はまだメジャー入りを目指している段階だったが、今回の主人公・橘は今季からレッドソックスに移籍、先発投手陣の一員として活躍中である。日本人メジャーリーガーがどんどん増えている現実に合わせて、小説の設定も変えていかないといけないのだ。

ちなみに、代理人・藍川は前作では独立したばかりで、沢崎を足がかりにMLBに参入すべく腐心していたが、本作では既に敏腕代理人として成功しているようで、橘の契約更改に向けて立派にサポートしている。

物語は橘の先輩で今はMLBの審判となった竹本との因縁の対決という図式で展開するが、その「因縁」自体やや陳腐な感じがして小説としては中途半端な出来と言わざるをえない。それよりも、投手と打者の駆け引きやメジャー野球の意外な緻密さ、あるいはレッドソックスのチームカラーといった野球に関するディテールは大いに楽しめた。

|

« 「ハドソン川の奇跡」に思う | トップページ | 棄権の危険 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95622/43789078

この記事へのトラックバック一覧です: 『ミス・ジャッジ』:

« 「ハドソン川の奇跡」に思う | トップページ | 棄権の危険 »