« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009/01/31

初めての湯布院

Ts2c0032本日午前中に空路大分入りした。ホテルのチェックインまでかなり時間があったので、この機会に初めて湯布院を訪問してみた。空港からバスで別府までとほぼ同じ1時間弱で到着。駅前のバスターミナルから歩いて数分の「ととや」の名物・親子丼で昼食。夜は店名のとおり魚を中心とした居酒屋だが、昼のメニューは親子丼のみである。醤油味の濃い、まったりとした味わいがなかなか美味だった。

Ts2c0033食後はお隣の公衆浴場「乙丸温泉館」で入浴。「お賽銭」として200円を銀の皿に置いていく。私が入ったときは男湯には誰もいなくて、「貸切り温泉」の贅沢気分を味わえた(笑)。単純泉だがほっこりと温まって、その後小雨の降るなか温泉街を散策しても全く寒さを感じなかった。

Ts2c0034ひなびた路線バスで湯布院から別府に移動した後は例年通り。選手受付(第1コール)に続いて歓迎パーティで名物だんご汁などをしっかり頂いて、「湖月」の餃子で締めくくり。これを食べないと別大に来た気がしないのだ。というより、来年は食べられるかどうか分からないというのが本当のところだったりする。(苦笑)

1月31日 休養(移動)
月間走行距離 317キロ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/01/30

また新製品を発見

Ts2c0027「ミルク入り砂糖なし」缶コーヒーの続き。ダイドードリンコのD-1シリーズ「ステージゼロ」という商品である。メーカーのサイトで調べると昨年6月発売とのことだが、私の周辺ではごく最近見かけるようになった。今月には同じ糖類ゼロの「クリスタルライト」という新商品が発売されているが、そちらの方はまだ見たことがない。地域によって投入する商品に差があるのだろうか。

それはともかく、この「ステージゼロ」、かなり「乳っぽい」感じがした。牛乳だけでなく生クリームも入っているらしい。ちょっと自分の好みではない味で、関西では最大手のコカ・コーラに伍して自販機の多いダイドーだけに少し残念だ。「クリスタルライト」を見かけたらまた試してみよう。

1月29日 休養
1月30日 休養(サウナ10分×2回・笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/28

別大練習打ち上げ

今日のビルドアップ+ジョグのカーボ抜きで別大に向けての練習を打ち上げた。残り3日はカーボロードと体調管理に徹する。自己ベストを出した2年前との比較では、直前の練習はほぼ同じ内容をこなしたものの、相当にきつく感じられた。体重も現時点で約1キロ多い。

目標とする2時間50分切りは微妙で、昨年同様、関門との闘いになりそうな予感がしている。

1月27日 ジョグ5キロ
1月28日 ビルドアップ10キロ+ジョグ5キロ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009/01/26

新製品続々

Ts2c0026以前から取り上げている「ミルク入り砂糖なし」の缶コーヒーにまた新種が登場。アサヒ、ネスカフェに続いて、キリンビバレッジも「クリアリッチ」という新商品を出した(左)。適度な苦味のスッキリした味わいで、3社の中では一番バランスがいいと思う。ちなみに二番手はアサヒで、ネスはかなり落ちる。

ちなみに、右はコカ・コーラの「シャープンアップ」という新商品。大きく「0」(カロリー)の文字があしらわれている。黒いパッケージではなかったので、てっきりミルク入りかと思って開けてみたら中身は何とブラックで、甘味料アセスルファムKで「ほんのり甘い」というものだ。

「ミルク入り砂糖なし」もマイナーな商品と思うが、「ほんのり甘いブラックでカロリーゼロ」とは、また相当なニッチ狙いだ(苦笑)。味の方もいまいちキレがなく、ブラック好きの人には敬遠されそうで、いかにも中途半端な商品だ。

1月25日 10キロペース走(39分25秒)を含む22キロ
1月26日 ジョグ5キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/24

棄権の危険

2月1日に橿原市議会議員選挙が行われることになっている。その日は別大当日なので当然投票には行けない。久々の期日前投票かと思っていたら、どうやら行けないことになりそうだ。

というのも、選挙は明日25日に告示され、期日前投票はその翌日26日から始まるのだ。平日は仕事があるので、休暇でも取らないと指定された時間に市役所まで出向くことは無理だ。前日の土曜も朝早くから別府に向けて移動しなければならない。

これまでほとんど棄権したことがない自分として、また今回初めて選挙権を得た娘の親として、まことに示しのつかない結果となるのは残念である。公示日がもう少し早ければ今週末に行けるのだが、あの騒音公害もまた早まることになり、それだけは勘弁してほしいところだ。

1月23日 ジョグ10キロ
1月24日 ジョグ10キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/22

『ミス・ジャッジ』

Missjudge堂場瞬一の野球もの。版元紹介。

メジャーデビューを果たした日本人投手が登板する開幕戦、大観衆の見守るなかで、ヤンキース対レッドソックスの激闘が展開される。たった一球の判定さえ、勝負の明暗を分ける熾烈な世界で、投手と審判員との確執の炎が燃え上がる。二人の男の過去には拭いきれない深い因縁が刻み込まれていた……。野球の才能に恵まれながら夢破れて野球を追われた男と、いままさに栄冠を掴みとろうとする男の人間ドラマがはじまる! 気鋭の実力派作家が描く、入魂の書き下ろし長編野球小説。(引用終わり)

1月21日 ビルドアップ10キロ
1月22日 ジョグ10キロ

続きを読む "『ミス・ジャッジ』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/20

「ハドソン川の奇跡」に思う

先日のUSエアウェイズの旅客機がハドソン川に不時着した事故のニュースを見ていて、かつてNY近郊に滞在した人間として感じたことが2点ある。ひとつは、事故の最も有力な原因とされる野鳥との衝突(バードストライク)について。

日本で野鳥と言えば普通はスズメやハト、大きくてもカラスかトンビぐらいしか思い浮かばない。それがジェット機のエンジンを2つとも壊してしまうとは想像しにくいかもしれない。しかし、NYタイムズの記事によれば、今回衝突したと見られるのはこの地域に多数生息する Canada goose (複数では geese ) というガチョウの仲間で、大きいものは体長1メートルを超え、翼を広げると170センチ、体重9キロに及ぶという巨大な鳥なのだ。

私が滞在していたアパートの裏の運河にも沢山いて、鳴き声はうるさいわ、大量の糞を落とすわで、かなりの厄介者だったのだ。そんな彼らが群れをなして「渡り」をしているところに運悪く飛行機が突っ込んだら、あれだけの事故にもなるわなと納得したものだ。

もう1点は、事故に遭遇した乗客たちが主翼の上にちゃんと並んで救助を待っていた姿について。これも米国ならではだなと感じた。空港でも銀行でもファストフードでも、色んなところで行列ができるが、前の人間が少々手間取っていても、皆驚くほど忍耐強く待っている。

そういう普段の習慣がなければ、ああいう場面で冷静に並んでいることなどできまい。もしあれが中国だったら、我先に前に出ようとして殴り合いの騒ぎになっていたことだろう。

1月19日 ジョグ10キロ
1月20日 ジョグ10キロ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/01/18

『ハプニング』

HappeningM・ナイト・シャマラン監督の最新作。『シックス・センス』以来この監督の作品は全て観てきた。自分との相性もあるかもしれないが、作品ごとの出来不出来の落差がとても大きい人だけに、実際に観てみるまで全く分からないのも魅力である(苦笑)。アマゾンの紹介文。

ある日、ニューヨークのセントラルパークで人々が突然時が止まったかのように立ちつくし、唐突に自らの命を絶つという事態が発生。また、とある工事現場では作業員たちが次々とビルの屋上から身投げする不可解な惨事が起きていた。この異常現象はアメリカ全土へ拡がりをみせ、多数の犠牲者を生んでいく。判明しているのは、彼らはみな、死ぬ直前に言語と方向感覚を喪失するということだけだった。この大事件の報せを受けたフィラデルフィアの高校教師エリオットらは、どこか安全な場所へ避難しようとするのだが…。(引用終わり)

以下、ネタバレはないはず。(笑)

1月17日 ジョグ10キロ
1月18日 ペース走20キロ(1時間19分33秒)を含む24キロ

続きを読む "『ハプニング』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/16

センチメンタル出張(3)

Ts2c0011母校K大に出張用件があり、昼の休憩時間に当時下宿していたお宅まで散歩してみた。奥の母屋はそのままあったが、右手にあった離れの下宿はとうに取り壊されて駐車場になっている。

六畳一間でトイレと炊事場は屋外で共用というスタイルだったから、きょうび残っているはずもない。歩いて1分のところにあった銭湯ももはやない。

しかし、そうした部分的な変化はあるにしても、全体的な町の印象は30年近くが経過した今も大きく変わっていない。新しいビルでも建てようものなら、必ず近隣住民の反対運動が起こる、この都市の保守性を物語っていると言えよう。

1月14日 ジョグ10キロ
1月15日 休養
1月16日 ジョグ10キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/13

綱掛神事

Ts2c0017昨日の夕方、明日香村稲渕の勧請綱掛神事を見に出かけた。稲渕集落の外れに飛鳥川を横断して掛けられている男綱は、明日香~吉野LSDの時にいつも見ながら通るのだが、年に一度正月に綱を掛け替える神事はこれまで見る機会がなかった。今年はうまく祝日に当たってくれたので、初めて一部始終を見学することができた。

早朝から編み始めたという新しい男綱に掛け替えた後、15時半頃から始まった神事は、神主さんの祝詞から関係者による玉串奉奠まで、およそ30分で終了した。参列者はお供えのみかんを突き刺し、祈願のお札をつけた竹の棒をもらって帰る。村民ではないが、毎週のように走っているよしみで1本有難く頂戴することにした(笑)。無病息災、子孫繁栄のご利益があるそうである。

Ts2c0020_2綱の重量は300キロとも言われ、1年持たずに早い時は春先に落ちてしまう年もあったが、今年は無事にお役目を果たしてもらいたいものだ。

1月13日 ジョグ10キロ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/01/12

成人の日

Coming_of_age今日は娘の成人式。写真撮影は事前に済ませてあったが、それでも美容と着付けの準備で母娘とも早朝からテンテコ舞いの有様だ。生憎の雪が降りしきる中をクルマで式場の文化会館に向かうと、案の定ひどい渋滞で難儀した。

何とか開始時間には間に合ったものの、めでたく大人になったというのに、いつまでも世話の焼けるやつだ。ま、それもこの先そんなに長くはないのだろうけれど。(苦笑)

ところで、成人式といえばサントリーの新聞広告が楽しみだった。大人の仲間入りした若者へのピリッとしたはなむけの言葉が秀逸で、確か山口瞳が執筆していたように記憶する。最近はあまり読んだ記憶がなく、今日の朝刊にもなかった。後継の書き手がいないわけではあるまい。サントリーらしい広告だっただけに、ちょっと残念である。

1月11日 ジョグ10キロ
1月12日 ジョグ10キロ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/01/10

長居30Kペース走

今日はレース3週前の恒例メニューで長居30キロペース走。3日も休みがあるけれど、今日の午後は大阪市民マラソン、明日は終日実業団駅伝が行なわれ、明後日は家の用事で行けないので、土曜の朝からいきなりの練習となった。

気温約5度、西寄りの季節風が強く、時折にわか雨が降る厳しいコンディションとなったが、2時間01分06秒で完走。昨年11月の時より1分ほど速かったが、最後の1周はガス欠のせいか突然力が入らなくなった。

今度の別大もまた関門との戦いになりそうな予感がしてきたが、昨年のこの時期は体調を崩して走るどころではなかったことを思えば、少しはマシだと思うことにしておこう。(苦笑)

1月 9日 休養
1月10日 30キロペース走(2時間01分06秒)を含む34キロ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/01/08

『彼女の知らない彼女』

313011_2里見蘭著。この本のことも著者のことも全く知らなかったが、知り合いの図書館員Nさんのお勧めで読んでみた。「日本ファンタジーノベル大賞」優秀賞受賞作とのことである。版元の紹介。

スポーツとは無縁の「私」が、東京オリンピック女子マラソン選考レースを走ることになるなんて。準備期間はたったの四ヶ月、しかも、パラレルワールドの「私」の影武者として――。選考委員大絶賛のリーダビリティと爽やかな読後感。違う生き方、あったかもしれないなって悩んでいる全ての人に捧ぐ、スポーツ青春小説誕生!(引用終わり)

1月7日 ジョグ10キロ
1月8日 ビルドアップ10キロ

続きを読む "『彼女の知らない彼女』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/06

ついに来た「B」

これも年末年始の恒例ものだが、珍しく(笑)仕事関係の話。例年、年末に渡される申告書に、今の職務についての評価やら将来の配属希望などを書いて、年明けに提出することになっているのだ。

もうこの齢になれば大体書くことは決まりきっているのだが、今年はついに満50歳以上の社員対象の「B様式」を渡された。定年までのプランを書けとのことである。初めての今年はとりあえず様子見の内容でお茶を濁しておいたが、誕生日以上に年齢を実感させられた年明けである。

1月5日 休養
1月6日 ジョグ10キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/04

初詣LSD

Idaten年末年始の恒例ものの最後は初詣LSD。例年は二三人で出かけるのだが、今年はいつもの常連メンバーが仕事だったり、ずっと走ってなかったりで単独行となった。

いつもの吉野LSDのルートを一部変更して、吉野神宮駅前から急坂を上って吉野神宮に初詣、その後は参道筋を上がって韋駄天さんにお参りした後、吉野駅前で休憩してから帰ってくる、往復42キロの行程である。

BGMはNHK-FMでこれも正月恒例となっている「今年期待のアーティスト」特集。2日間で合計約8時間に亘って、新進気鋭の指揮者や演奏家の聞かせどころを紹介してくれるという、まるでお節料理のような豪華版なのだ。

話題のドゥダメルのチャイコフスキーも良かったが、ガーディナーのブラームスには心底驚愕した。「こんな音楽だったとは」と、正に目から鱗の思いだった。

1月3日 LSD42キロ
1月4日 ジョグ10キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/02

走り初め

元日は1年に1日だけ朝から酒を飲む日と決めているので当然ランオフ。酔い覚ましに一家揃って橿原神宮まで歩いて初詣に出かけたが、とても寒くて逆に熱燗が恋しくなってしまった。(苦笑)

毎年のことながら2日朝のジョグが走り初めとなる。箱根駅伝のスタートを見届けてから神宮公苑に向かったが、また時間が早いせいか神宮周辺は昨日の喧騒がウソのような静けさである。何人か走っている人を見かけたが、そういえばこの年末もよく見かけたような気がする。昨年から始まった特定健診の影響なのだろうか。

昼食は当然のことながら今日から開店の王将で餃子の食べ初めである。(笑)

1月1日 休養
1月2日 ジョグ10キロ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »