« 久々の吉野LSD | トップページ | 別大要項 »

2008/11/10

『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』

Crystalskullご存じ「インディ・ジョーンズ」シリーズ19年ぶりの新作。7日にDVDがリリースされたばかりだが、近所のレンタル屋を覗いてみたら意外にも在庫があったので衝動借りした(笑)。アマゾンの紹介文。

ジョージ・ルーカス製作総指揮×スティーブン・スピルバーグ監督×ハリソン・フォード主演で贈る人気アクション・アドベンチャー第4弾! 今回は東西冷戦時代を舞台に、神秘の力を秘めた謎の秘宝を巡って大冒険を繰り広げる。1957年、アメリカ国内の米軍基地を女KGBスパイ、スパルコ率いるソ連軍が襲撃。捕らえたインディに秘宝“クリスタル・スカル”の捜索を強要するが…。

11月 9日 ジョグ10キロ
11月10日 ビルドアップ10キロを含む16キロ

ハリソン・フォードはもう65歳になるらしいが、迫力たっぷりのアクションシーンは相変わらず健在。ただ、CGを多用した後半は前作までと随分雰囲気が変わっていて、さすがに時代の流れを感じさせる。例によって2時間があっという間のハラハラドキドキの連続で、「娯楽超大作」の極致のような作品だ。

それにしても、1957年という時代設定のせいもあろうが、今なお「ソ連=悪の帝国」という図式を踏襲しているのは、さすがにハリウッドというべきか。大学構内のカーチェースシーンで「Better Dead Than Red (脚韻を踏んでいる)=アカになるなら死んだほうがマシ」という学生デモの横断幕がKGBの車に張り付くところでは笑ってしまった。

|

« 久々の吉野LSD | トップページ | 別大要項 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95622/43073971

この記事へのトラックバック一覧です: 『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』:

« 久々の吉野LSD | トップページ | 別大要項 »