« 『最高の人生の見つけ方』 | トップページ | 福知山練習を打ち上げ »

2008/11/18

下天の内をくらぶれば・・・

今日、50歳の誕生日を迎えた。たった1日の違いで急に老け込むはずはないのだが、49歳と50歳とでは受ける印象が全く違う。簡単に言えばもう「残りの人生」を意識せざるを得ない年齢ということだ。

以前観た『モリー先生との火曜日』というアメリカのTVドラマで、余命いくばくもない先生が語った言葉。

If you know how to die, you know how to live.

11月17日 ジョグ5キロ
11月18日 ジョグ5キロ

|

« 『最高の人生の見つけ方』 | トップページ | 福知山練習を打ち上げ »

コメント

お誕生日おめでとうございます。

自分も今年、アラウンド50となりました。
いくつになっても誕生日はおめでたいものだと思っていますが、まこてぃんさんの2/10付別大完走記文中の「心身のために良いことであるとは思えなくなってきた」は自分にとっても意識をしだした所。ひょんなことから首を突っ込むことになった某競技(検索されればバレますが)と二足の草鞋を楽しみつつ、マラソンの方はソフトランディングの態勢に入りたいと思っています。

別大、走る予定です。一生懸命追いかけていきたいたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

投稿: かずっち | 2008/11/19 00:45

かずっちさん、お久しぶりです。
ありがとうございます。
四捨五入して50というのと
実際に50というのとでは
やっぱり違いますよ。
お互い、悔いを残さないよう
1年1年を大切に行きたいですね。

投稿: まこてぃん | 2008/11/19 23:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95622/43151277

この記事へのトラックバック一覧です: 下天の内をくらぶれば・・・:

« 『最高の人生の見つけ方』 | トップページ | 福知山練習を打ち上げ »