« 早朝ジムの理想と現実 | トップページ | 箱根駅伝出場者と机を並べる! »

2008/07/06

ようやく芋ケ峠に復帰

サロマの後遺症もほぼ完治し、今日は芋ケ峠頂上までの往復20キロを無事完走した。下りでも膝にくることはなく、左右のバランスが戻って、久々に自分のフォームで走れたという感じだ。

峠の頂上ではバイクのツーリングを楽しんでいる中年男性2人組が休憩していて、声をかけられた。レースに出たりするのかと訊かれたので、サロマで100キロ走ったことを話題にすると、「ああ、太平サブローとか月亭八光(はちみつ)が出てたヤツやね」という反応が返ってきた。同じ反応をした人はこれで少なくとも5、6人目である。よほど吉本興業の宣伝が行き渡っているのだろう。もう少しすると、今度は皆「エド・はるみ」と言うのだろうな。(苦笑)

7月5日 完全休養(終日出勤)
7月6日 LSD20キロ

|

« 早朝ジムの理想と現実 | トップページ | 箱根駅伝出場者と机を並べる! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95622/41753363

この記事へのトラックバック一覧です: ようやく芋ケ峠に復帰:

« 早朝ジムの理想と現実 | トップページ | 箱根駅伝出場者と机を並べる! »