« 吉野お花見LSD | トップページ | 奈良県10傑 »

2008/04/15

『破弾』

418j6gmsnvl__sl160_aa115_

堂場瞬一の2冊目。アマゾンの紹介文。

故郷を捨てた男は、それでも刑事にしかなれなかった。警視庁多摩署で現場に戻った了は、刑事部屋で倦厭され孤立する美女刑事とコンビを組む。命じられたホームレス傷害事件に腐る二人だが、被害者の周囲にはなぜか公安の影が……。東京郊外の新興住宅地に潜む、過去の闇を暴けるのか? 新警察小説 (引用終わり)

1作目の事件で新潟県警を退職した主人公・鳴沢了は警視庁に再就職する。しかし、前作の祖父に続いて、ここでも恩ある人が絡んだ犯罪を暴く破目になってしまう。警察官としての職務と人としての情が激しくぶつかりあうクライマックスでは、心を引き裂かれるような思いで頁を繰った。

それにしても、相棒となった女性刑事・小野寺冴(さえ)の魅力的なこと! モデルになりそこなったという美貌、旺盛な食欲、主人公を「鳴沢」と呼び捨てにするあたり、ハードボイルドの警察小説には不可欠の存在だが、惜しいことに本作限りでお別れとなりそうである。

以下、ネタバレ注意。

4月14日の練習内容 完全休養(風邪)
4月15日の練習内容 完全休養(同上)

過激派の内ゲバで仲間を殺し、山中に埋めた昔の事件が今に甦るという設定は、高村薫『マークスの山』とそっくりだ。作品のテイストはかなり異なるが、盗作問題とかにならなかったのだろうか。(苦笑)

|

« 吉野お花見LSD | トップページ | 奈良県10傑 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95622/40891406

この記事へのトラックバック一覧です: 『破弾』:

« 吉野お花見LSD | トップページ | 奈良県10傑 »