« マダムシンコって誰? | トップページ | 『リセット』 »

2008/02/10

別大完走記

今回は文字通りの「完走記」(苦笑)。別ファイルにするほどの内容はない。

諸般の事情から自己ベストを狙うのはおそらくこれが最後と思われ、かなり厳しいレース展開になることは覚悟していたものの、まさか関門制限に脅えながらも何とか完走という事態になろうとは正直予想もしていなかった。

スタート時の天候は晴れ、気温10.5度、北西の風1.5メートル。前半の追い風より後半の向かい風の方が強かったと思われ、コンディションはほぼ理想的だったと言ってよい。正午にスタートして最初の1キロが4分ちょうど。その後は何とかキロ3分54秒(5キロ19分30秒)の設定ペース前後で刻んだものの、いつになく最初から余裕がない。5キロの折り返し以降は向かい風となってそのペースの維持が次第に苦しくなる。

10キロ通過が38分58秒で辛うじて2秒の貯金。しかし、大分の市街地から出るに従って海を渡る北西の風がまともに吹きつけ、ズルズルとペースが落ちていく。それ以降、25キロまでは5キロ20分前後のペースが精一杯の状態となる。気がつくと関門を意識しなければならない位置にいて、周囲のランナーの表情にもそれがハッキリ表れている。

ハーフ関門を通過して別府市内に入るとさらに向かい風が強くなり、どんどん苦しくなってきた。先ほどまで一緒に走っていた集団からも遅れがちとなり、ふと振り返ると後方のランナーがほとんどいないように見える。折り返して25キロ関門を1分6秒前に通過。ここからは追い風となったはずだが、そこまでの向かい風との戦いでかなり体力を消耗してしまったのか、ペースは回復どころか落ちる一方である。

いよいよ関門アウトが現実問題となってきた。どこまで行けるだろうか。30キロから後は5キロ21分で40キロまで行けばセーフとなるのだが、今からこのペースでは終盤のキロ4分12秒は非常に厳しい。とにかく粘って粘って粘り抜いて、それでも捕まってしまえば仕方ない。しかし、これまで出場したマラソンは全て完走し、トイレを除けば一度も立ち止まったり歩いたことのないランナーとしての意地がある。最後まで絶対に諦めたくない。

30キロ地点が43秒前、35キロ地点が35秒前と、必死の綱渡りが続く。大分の市街地に入ってからは再び沿道からの声援が多くなった。中には名簿で見つけて名前を呼んでくれる人もいる。いよいよ諦めるわけにいかなくなって、ペースも僅かばかり回復した。

40キロ地点を45秒前に通過。長かったサバイバルレースがようやく終わった。これまでも楽なレースなどただの一度もなかったが、今日ぐらい最初から最後まで厳しかったレースは初めてだ。完走できた喜びを噛み締めながら陸上競技場のゲートを潜った。

タイムとしては防府以上の惨敗に終わり、自己ベスト更新は8年連続でついにストップしてしまった。しかし、やれるだけの準備はやった上で最善を尽くした結果であり、自分として悔いは全くない。

今季は質量ともに過去最高の練習を積み重ねてきた。当日はまずまずの天候に恵まれ、最後までアクシデントもなく、走り終えた時には脚も心肺もほぼ限界に達していた。それでこの結果なのだから仕方ないではないか。

もちろん、たった1年前の自分の記録に遠く及ばなかったことは残念だ。しかし、今年で50歳という年齢を考えると、もう体力的なピークを過ぎてしまったことは十分に考えられる。とりわけ疲労回復力が急激に弱くなった気がしている。防府での消耗が思いのほか激しかったせいか、年明け以降の練習ではキロ4分を切るペースがとても辛かった。

年間レース本数を減らし、練習方法を工夫すれば、ひょっとしてまだ伸びる余地はゼロではないかもしれない。しかし、そのためには今まで以上にスピード練習で心肺を追い込み、食べたいもの飲みたいものを我慢して体を絞らないといけないだろう。それが決して心身のために良いことであるとは思えなくなってきたのだ。

これまでは投入した努力に比例して結果が出ていたので、それは決して苦痛ではなかった。しかし、さすがに体力の限界に近くなってくるとその係数は非常に小さくなってしまうのだろう。元はと言えば減量目的で始めて楽しく続けてきたランニングである。実業団選手でもないのだから走ることが苦痛になったのでは面白くない。

今回、これまでの自分にとっては当たり前のことだった「完走」の価値を再認識した。しばらくは方向性を摸索することになるだろうが、これからもずっと、「楽しく」走り続けていきたいと思う。

【記録】
     SPLIT   LAP
0- 5k  0:19:30   19:30
5-10k  0:38:58   19:28
10-15k  0:58:52   19:54
15-20k  1:18:51   19:59
20-25k  1:38:54   20:03
25-30k  1:59:17   20:23
30-35k  2:20:25   21:08
35-40k  2:41:15   20:50
40-FIN  2:51:07    9:52
------------------------
順位 345位(完走 361人中)

2月9、10日の練習内容 完全休養

|

« マダムシンコって誰? | トップページ | 『リセット』 »

コメント

遅くなりましたが、別大お疲れ様でした。

今回の完走記、神妙に読ませて頂きました。
加齢とランのパフォーマンスは市民ランナーにとっての課題でしょうね。走り始めは、誰もがある程度までは伸びるんでしょうが一旦壁が出来るとそこからはいかにモチベーション維持できるかが鍵になってくるんでしょうね。
私も、3年前にだした自己ベストが生涯ベストになりそうな感じですが、まだ37歳。もう一花咲かせてみたいもんです。

投稿: オクトパス | 2008/02/11 10:45

オクトパスさん
3年前の自己ベストというと、
あの豊橋での驚異的な記録ですね。
しかし、まだ37歳とは羨ましい。
「もう一花」どころではありませんよ!

投稿: まこてぃん | 2008/02/11 21:29

叱咤激励ありがとうございます。
年齢的にはまだまだ「もう一花咲かす」年代なんですが、
仕事環境や家庭環境などからみあって
練習に対するモチベーションが3年前とはずいぶん変わってきてます。
今年の豊橋は、練習を工夫してのぞもうと思ってますが、
その結果次第では、記録向上を目指すスタイルから
ファンランへの切替えも考えています。

投稿: オクトパス | 2008/02/12 17:50

オクトパスさん
「叱咤激励」が本意ではなかったのですが、
37歳という年齢につい「嫉妬」してしまい(笑)、
大変失礼しました。
確かに、仕事や家庭の環境は大きいですね。
私の場合も昨年暮れに勤務先が変わり、
それまでの恵まれた練習環境が享受できなくなった
ことも、心境の変化の大きな要因となっています。

投稿: まこてぃん | 2008/02/12 22:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95622/17951870

この記事へのトラックバック一覧です: 別大完走記:

« マダムシンコって誰? | トップページ | 『リセット』 »