« 鬼の霍乱 | トップページ | 別大に黄信号 »

2008/01/12

『覆面作家の愛の歌』

199999343202北村薫の『覆面作家』第2弾。版元紹介。

ペンネームは覆面作家――本名・新妻千秋。天国的美貌でミステリー界にデビューした新人作家の正体は、大富豪の御令嬢。しかも彼女は現実に起こる事件の謎までも鮮やかに解き明かす、もう一つの顔を持っていた!春のお菓子、梅雨入り時のスナップ写真、そして新年のシェークスピア……。三つの季節の、三つの事件に挑む、お嬢様探偵の名推理。人気絶頂の北村薫ワールド、〈覆面作家〉シリーズ、第二弾登場!(引用終わり)

以下、少々ネタバレ。

1月11日の練習内容 ウォーク2キロ+ジョグ3キロ
1月12日の練習内容 ジョグ10キロ

3篇中では全体の半分の紙数を占める標題作が、複数の電話機を使ったトリックを題材にして、「日常の謎」を超えた本格的推理ものの面白さに満ちている。ただ、最後の千秋誘拐劇のドタバタはちょっと余計な気がした。

ところで、著者自身も当初は「覆面作家」として東京創元社だけに書いてきたのが、ある日どうやって調べたのか角川書店の編集部員から職場に電話がかかってきて、遂にはこのシリーズが登場することになったという経緯が、本書「あとがきにかえて」で紹介されている。

本シリーズでは、新妻千秋を発掘した雑誌『推理世界』に対抗して、『小説わるつ』編集部の静美奈子という女性編集部員が千秋に接触を試み、いつの間にか千秋の謎解きに深く関わっていくようになるのだが、この角川の編集部員がモデルになったのではないかと思われる。

|

« 鬼の霍乱 | トップページ | 別大に黄信号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95622/17655854

この記事へのトラックバック一覧です: 『覆面作家の愛の歌』:

« 鬼の霍乱 | トップページ | 別大に黄信号 »