« 『夜の蝉』 | トップページ | 若き二人に幸あれ! »

2007/11/16

『ダイヤルMを廻せ』

3100k1mpxrl__aa192_しっつこっく(笑)ヒッチコック。アマゾンの紹介文。

元テニス選手のトニー(レイ・ミランド)と資産家の娘マーゴ(グレース・ケリー)は一見仲の良い夫婦であったが、夫婦仲は冷めており、マーゴは推理作家マーク(ロバート・カミングス)と不倫の恋に陥っていた。それを知ったトニーはマーゴの殺害を企て、旧友レズゲート(アンソニー・ドーソン)の弱みにつけこんでマーゴの殺害を依頼する。しかし襲われたマーゴがとっさにハサミでレズゲートを殺害してしまう。その事故に機転をきかしたトニーは、その事件を正当防衛ではなく、動機ある殺人となるように仕向けるのだった・・・。(引用終わり)

11月15日の練習内容 ジョグ10キロ
11月16日の練習内容 ビルドアップ10キロ

『裏窓』と同様、カメラはほとんど夫妻のアパートを出ず、登場人物も極端に少ないが、それだけに息詰まるようなサスペンスが盛り上がる。ハラハラドキドキというより、刑事コロンボのように先に犯行の一部始終を明かす「倒叙もの」の正統派推理ドラマである。

主演のレイ・ミランド、グレース・ケリーはもとより、アウトローの一歩手前まで落ちぶれたレズゲートのアンソニー・ドーソン、典型的なロンドン紳士を思わせるハバード刑事のジョン・ウィリアムスといった脇役がいい味を出していた。

ところで、2時間弱の映画になぜ「休憩」があるのか訝しく思ったが、後でDVDの特典映像を見て腑に落ちた。この時代から既に3D立体映像の試みがなされていたのだ。

|

« 『夜の蝉』 | トップページ | 若き二人に幸あれ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95622/17065317

この記事へのトラックバック一覧です: 『ダイヤルMを廻せ』:

« 『夜の蝉』 | トップページ | 若き二人に幸あれ! »