« プロジェクト× | トップページ | 言うてみるもんやな »

2007/10/18

『「ただの人」の人生』

9784167519049引き続き関川夏央。版元紹介。

明治の文豪、将棋指し、映画評論家、生意気なインタビュアー……。目に見えないものもじっくり眺めるとおぼろげに見えてくる。短文の名手が贈る珠玉の十九篇収録。(引用終わり)

10月17日の練習内容 ジョグ10キロ+流し2本
10月18日の練習内容 インターバル(1キロ×10本)を含む15キロ

初出は雑誌『文學界』他。その時のタイトルは「窓外雨蕭々」だったという。こちらの方が内容に合っているような気がするが、これでは売れないと思ったのか(笑)、出版社が変更をもちかけたものと推測する。

それはともかく、この人の文章は一見掴みどころがないようでいて、その裏には確かな人間観察眼が潜んでいる。決して難しい文章ではないのにスラスラと読み飛ばせず、読者は何かしら考え込んでしまう。そんな文章だ。奥田英朗が「旅行に持っていくのにいい」と言ったのは、多分そういうことではないか。

なかでも面白かったのは、「石川家の家計簿」にみる啄木の凄まじい借金生活と、「手当月額如何?」にみる漱石の朝日新聞入社の際の詳細な条件交渉である。偉大な歌人や文豪に祭り上げてしまっては見えてこない、彼らの生身の人間としての生活の実相を知ることで、その文学に対する理解も深まるような気がする。ノンフィクション作家ならではの冷徹な目が光っている。

|

« プロジェクト× | トップページ | 言うてみるもんやな »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95622/16786741

この記事へのトラックバック一覧です: 『「ただの人」の人生』:

« プロジェクト× | トップページ | 言うてみるもんやな »