« 『石ころだって役に立つ』 | トップページ | ポストホルン・セレナーデ »

2007/09/30

どこかで見た景色

今日はHさん、Kさんと吉野LSDに出かけた。天気予報が二転三転した末、結局は雨となり、一時雨脚が強くなった。しかし、先週までとは打って変わって涼しくなり、同じようなペースで走っても疲労度が全然違う。やや物足りなさを感じるくらいだった。

往路、芋ケ峠の頂上から吉野側に少し下りたところで、どこかで見たような景色に出くわした。峠には濃い霧が立ち籠めて山肌を隠しているが、頂上に立つ送電鉄塔の上部だけが顔を覗かせている。走り過ぎた次の瞬間に思い出した。サンフランシスコ名物、霧のゴールデンゲートブリッジだ。左右にカーブを描いて伸びる送電線はちょうど吊橋のケーブルのように見える。このコースはもう何年も走っているが、こんな景色は初めてで、雨を押して走った甲斐があったというものだ。携帯を持参していなくて写真が撮れなかったのは残念だ。

9月29日の練習内容 ジョグ10キロ
9月30日の練習内容 LSD37キロ
月間走行距離 451キロ

|

« 『石ころだって役に立つ』 | トップページ | ポストホルン・セレナーデ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95622/16620020

この記事へのトラックバック一覧です: どこかで見た景色:

« 『石ころだって役に立つ』 | トップページ | ポストホルン・セレナーデ »