« ようやくリセット完了? | トップページ | キタ━(゚∀゚)━! 初スパム! »

2007/07/10

『震度0』

5117mfzfekl__aa240_引き続き、横山秀夫。四六判410頁の長篇である。アマゾンの紹介文。

阪神大震災のさなか、700km離れたN県警本部の警務課長の不破義仁が失踪した。県警の事情に精通し、人望も厚い不破がなぜ姿を消したのか? 本部長の椎野勝巳をはじめ、椎野と敵対するキャリア組の冬木警務部長、準キャリアの堀川警備部長、叩き上げの藤巻刑事部長など、県警幹部の利害と思惑が錯綜する。ホステス殺し、交通違反のもみ消し、四年前の選挙違反事件なども絡まり、解決の糸口がなかなか掴めない……。(引用終わり)

7月 9日の練習内容 ジョグ10キロ
7月10日の練習内容 完全休養

紹介文にあるとおり、不破の失踪がN県警に与えた衝撃の広がり(これを最小限に食い止めようとするのがタイトルの謂れ)と、事件への対応を巡る県警幹部の利害と思惑の錯綜を、ドキュメンタリータッチで時々刻々と描いていく。

これに「公舎銀座」に住む部長夫人たちの駆け引きが絡み、さらにホステス殺人犯の追跡、4年前の選挙違反事件、大物フィクサーから本部長への賄賂、退職した婦人警官の過去と、よくぞこれだけ伏線を張れるものだと感嘆しつつ、頭の整理に何度も頁を繰り直した。これら全てが一点に収斂する結末はいつもながら鮮やかであるが、やや作為に過ぎると言えなくもない。

『クライマーズ・ハイ』『半落ち』でも感じたことだが、この著者の長篇は複数のテーマを絡めたような展開になっているものの、それら相互の関連がやや消化不良という感が否めない。本作でも、同じ日に起きた阪神大震災について、遠く離れたN県警の「震度0」と対比するという以上の踏み込みがなく、死傷者数などの統計数値でしか語られていないのは残念だった。

|

« ようやくリセット完了? | トップページ | キタ━(゚∀゚)━! 初スパム! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95622/15712090

この記事へのトラックバック一覧です: 『震度0』:

« ようやくリセット完了? | トップページ | キタ━(゚∀゚)━! 初スパム! »