« 阿星山竜王山LSD | トップページ | 『影踏み』 »

2007/06/13

『第三の時効』

4087746305引き続き、横山秀夫の作品。版元紹介。

04年「このミス」第4位の名作!
時効の発生は事件発生から15年。しかし容疑者が事件後海外に滞在したため、7日間のタイムラグがある。F県警はこの間に容疑者を追いつめようと…。サスペンスとドラマ、警察小説の傑作連作集。(引用終わり)

6月12日の練習内容 休養ジョグ10キロ
6月13日の練習内容 ジョグ10キロ

『陰の季節』でもそうだったが、今回も「犯人対警察」という単純な図式ではなく、むしろ警察内部の権力抗争とか人間関係の綾で読ませる作品群である。F県警捜査第一課強行犯係は一班朽木、二班楠見、三班村瀬のいずれも強烈な個性をもつ各班長に率いられた最強軍団だ。当然、お互いの対抗意識は凄まじい。

それぞれの短篇では各班の誰かが主役を務めるものの、常に他の班の動向が陰に陽にストーリーに絡んできて、6篇全体が立体的な構造をなしているところが、この連作集の見事なところであろう。中でも二転三転の鮮やかな結末に舌を巻く標題作「第三の時効」が傑作だと思う。

|

« 阿星山竜王山LSD | トップページ | 『影踏み』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95622/15414642

この記事へのトラックバック一覧です: 『第三の時効』:

« 阿星山竜王山LSD | トップページ | 『影踏み』 »