« サロマ練習を打上げ! | トップページ | サロマ速報! »

2007/06/22

『動機』

9784163195704引き続き、横山秀夫。『陰の季節』に続くデビュー第2作。版元紹介。

署内で一括保管される三十冊の警察手帳が紛失した。犯人は内部か、外部か。男たちの矜持がぶつかりあう表題作(第53回日本推理作家協会賞受賞作)ほか、女子高生殺しの前科を持つ男が、匿名の殺人依頼電話に苦悩する「逆転の夏」。公判中の居眠りで失脚する裁判官を描いた「密室の人」など珠玉の四篇を収録。(引用終わり)

6月22日の練習内容 完全休養

収録された4篇はシリーズものではなく、それぞれの主人公も県警警務課企画調査官、服役を終えて社会復帰した元殺人犯、地方新聞社会部の女性記者、地方裁判所裁判長と様々である。しかし、いずれも著者得意の分野である警察ものの大きな範疇に入る作品であると言ってよい。

4篇それぞれに謎めいた事件が発生するが、最後には意外な結末が明らかにされ、また、それが登場人物の人生に深く根ざしたものであることから、読後に重い余韻を残すという味わいは共通している。

謎解きの意外性では表題作「動機」が、重い読後感では最後の「密室の人」が秀逸だった。書き下ろし作品「逆転の夏」はプロットが複雑で、やや作り過ぎの感を否めなかった。

|

« サロマ練習を打上げ! | トップページ | サロマ速報! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95622/15517335

この記事へのトラックバック一覧です: 『動機』:

« サロマ練習を打上げ! | トップページ | サロマ速報! »