« コカ・コーラ ゼロ | トップページ | 映画『パプリカ』 »

2007/06/07

『陰の季節』

9784167659011『クライマーズ・ハイ』『半落ち』以来、久々に横山秀夫の本を読んだ。松本清張賞受賞の表題作を始めとするD県警シリーズ4篇を収録している。版元紹介。

警察一家の要となる人事担当の二渡真治は、天下り先ポストに固執する大物OBの説得にあたる。にべもなく撥ねつけられた二渡が周囲を探るうち、ある未解決事件が浮かび上がってきた……。「まったく新しい警察小説の誕生!」と選考委員の激賞を浴びた第5回松本清張賞受賞作を表題作とするD県警シリーズ第1弾。

6月6日の練習内容 ジョグ10キロ
6月7日の練習内容 ジョグ15キロ

警察小説でありながら、舞台は全てD県警警務部という管理部門であり、第一線の刑事が殺人事件を解決するような話はひとつもない。天下り先ポストに固執する県警大物OB、パブのママとの関係をタレ込まれたQ署生活安全課長、「お手柄」の翌朝に突如失踪した婦人警官、県警に対する爆弾質問を予告しながらその内容を明かそうとしない県会議員。

そうした謎の行動を探っていくうちに浮かび上がってくるのは、警察という組織内部の人間関係やライバル同士の暗闘、また個々の警察官の生き様といった人間くさいドラマなのである。その意味で、これらの小説は警察に限らず、どこの役所であれ企業であれ、およそ組織で働く者すべてに共通するテーマを取り上げたものと言える。私のように企業の管理部門に長くいる者にとっても身につまされる話が多い。

しかし、この本は普通の人間には窺い知ることのできない、警察という特殊な組織の内幕を垣間見させてくれる。おそらくはサツ回りから叩き上げた新聞記者出身の横山氏ならではの作品群と言えよう。氏の小説は近所の図書館に他に何冊かあるので、固めて読んでみようと思う。

|

« コカ・コーラ ゼロ | トップページ | 映画『パプリカ』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95622/15332993

この記事へのトラックバック一覧です: 『陰の季節』:

« コカ・コーラ ゼロ | トップページ | 映画『パプリカ』 »