« 若草山マラニック | トップページ | 『下流社会』 »

2006/04/17

ランニング能力測定結果(3)

今回はATと並んで気になっていたフォーム分析について。分析結果は次のとおり。

「ピッチが少なく、身長当たりのストライドは広い、ストライド型の傾向が見られます。軸は安定しており、左右のブレが見られません。また接地時の膝の動揺も見られません。自然な前傾が保たれ、胸も張れています。」

Asics01_1と、ここまでは良いのだが、問題はその次だ。

「しかしながら、足の過回内が見られます。」

「過回内」とは聞き慣れない言葉だが、「かかいない」と読み(別にどこも痒くないけど・笑)、英語ではオーバー・プロネーションと言う。着地後、踵が内側に倒れこむ現象を回内(プロネーション)と言い、着地の衝撃を緩和しようとする足本来の機能であるが、その倒れ込み具合が大きすぎる(=過回内)と、それに伴い脛が内側に捻れるため、膝を痛めやすい(ランナー膝)というものである。

写真は少し見づらいが、くるぶしの辺りで「く」の字(左足は逆「く」の字)のように曲がっている、その曲がり方が大きいということである。これまで自分の走っている姿を後ろから見たことはなく、オーバープロネーションであるとは全然知らなかったが、昨年のボストンで左の膝を痛めたのも、もしかするとこれが原因だったのかもしれない。

もう一つ指摘事項がある。

「また、キック後、脚を前に振り出そうとするとき、膝が開き気味(太ももが外側に捻れ気味)です。」

Asics02_2 これは特に左足で顕著で、写真のとおり、膝が外に開き、代わりに踵が内側に捻れたような状態になっている。こちらの方はある程度は自覚していた。というのは、以前から走っていて左足の踵が右足のくるぶしに接触し、ひどい時は擦りむいて血が出ることがあるからだが、踵の位置がおかしいのはともかく、膝が開いているとは思わなかった。

これらは体格や骨格とは関係なく、修正は可能であるとのことで、そのための筋力トレーニングやストレッチも指南してくれた。膝をコントロールする意識も大切とのことである。早速実践に移しているが、少しコツが掴めてきたような感じがしている。

4月17日の練習内容 完全休養

|

« 若草山マラニック | トップページ | 『下流社会』 »

コメント

今晩は、たけしたです。
さすがまこてぃんさん、科学的ですね。
で オーバープロネーションって シューズの
内側が過度に減るんでしょうか?

私の場合は 踵外側が減ります。

ではでは

投稿: たけした | 2006/04/18 00:34

たけしたさん
いえいえ、科学的なのはアシックスさんで、
私は実験台になったようなもので・・・(笑)

オーバープロネーションというのは
くるぶし辺りの屈曲の話で、
着地の仕方とは関係ないと思います(多分)。
今回の測定でも着地は「標準的」とのことでした。

投稿: まこてぃん | 2006/04/18 13:01

お久しぶりです、パチ@広島です。
自分も疲れてくると踝に反対側のシューズが当たってしまうんですが、
まこてぃんさんのブログでようやく原因がわかりました。
膝が開いていたんですねぇ~納得!
今度そんな状態になったら膝の状態を観察しながら走ってみます。
それでは

投稿: パチ | 2006/04/19 08:44

パチさん
こちらこそ、お久しぶりです。
ブログ、毎日拝見してますよ~。

私と同じ現象かどうか分かりませんが、
踝にシューズが当たるクセ、パチさんもですか。

後ろから自分のフォームを見ることって
ありませんものねえ。
一度ビデオで撮影されてみてはいかがでしょう。

投稿: まこてぃん | 2006/04/19 11:31

まこてぃんさん、今晩は、たけしたです。
シューズの減りは 均一なんですね いいないいな。
お写真を見てると 走路上に一本の仮想ラインの上を
左右の足がトレースしている感じなんでしょうか?
私はどーもすり足でかつ斜めになってるのか?
ではでは

投稿: たけした | 2006/04/19 19:13

たけしたさん
シューズの減りが足の中心線付近という意味では
「均一」と言えるかもしれません。
「一本の仮想ライン」については今まさに見直し中です。
これについては多分、明日ぐらいに投稿しますが、
着地だけでなくフォーム全体に関わる問題ではないかと思います。

投稿: まこてぃん | 2006/04/19 23:49

まこてぃんさん
ありがとうございました。
今度、仲間との練習会の時にでもビデを撮影を試して見ます。

たけしたさん
初めまして、広島のパチと申します。
「一本の仮想ライン」の件ですが、自分もこれまでは、たとえば道路上の白線の上をまっすぐ走るイメージで走ってきましたが、
最近は5~10センチ感覚の平行なラインの上を左右それぞれの足でトレースするような走り方を試してます。
レースの時にはそんな余裕はないんですけどね(笑)

投稿: パチ | 2006/04/20 12:04

パチさん
「平行なラインの上を走る」
・・・仰るとおりですね。
詳しくは今日の投稿記事に書きました。
まだ試行錯誤中ですが、マラソンって
本当に奥が深いスポーツですね。

投稿: まこてぃん | 2006/04/20 17:57

おはようございます、たけしたです。

私は 道路の白線をまたいで走る練習をしました。
確か以前はシューズの内側が減ったと思うのですが、
今は外側が減ります。

パチさん 初めまして。そうですよねぇ。
確か昔は一本の線の上を走るイメージでって
聞いたことがありますぅ。

また よろしく。

ではでは

そうそう うずらさんに以前聞いたのですが
階段に足をかけて屈曲していくと 膝頭が外側に
でーへん??ってね。

投稿: たけした | 2006/04/21 09:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95622/9634987

この記事へのトラックバック一覧です: ランニング能力測定結果(3):

« 若草山マラニック | トップページ | 『下流社会』 »