« 音楽の刷り込み効果? | トップページ | そろそろ再始動 »

2006/03/03

『黒い画集』

松本清張著の短篇集。昭和33年9月から35年6月にかけて週刊朝日に連載されたもの。ちょうど私が生まれた頃の作品で、「待合」や「女中」など、時代を感じさせる言葉が出てくるが、人間の欲望と挫折、男女の情念などを丹念に描いたストーリーは、今読んでも全く古びていない。トリックも当時としては極めて斬新だろう。新潮社ウェブサイトの紹介文は例によってそっけない(笑)。

身の安全と出世を願う男の生活にさす暗い影。絶対に知られてはならない女関係。平凡な日常生活にひそむ深淵の恐ろしさを描く7編。

中では、実直で金儲けだけが生き甲斐だった小間物屋の主人が、ある日店を訪れたキャバレーの女に惹かれ、次第に溺れて自ら破滅していく過程を克明かつ残酷に描いた「坂道の家」が秀逸だった。故いかりや長介と黒木瞳(ともに適役!)でTVドラマ化されたものがビデオで出ているらしい。ああ、また週末の時間が・・・(笑)。

3月2日の練習内容 ジョグ10キロ
3月3日の練習内容 ジョグ10キロ

|

« 音楽の刷り込み効果? | トップページ | そろそろ再始動 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95622/8920455

この記事へのトラックバック一覧です: 『黒い画集』:

« 音楽の刷り込み効果? | トップページ | そろそろ再始動 »