« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006/01/30

鯖街道

別大まであと1週間となったが、その後は今のところ6月末のサロマまでレース参加の予定がない。昨年はボストンがあって、その調整で豊橋に参加したが、今年は防府、別大と大きなレースを2つ走るので、それ以上にフルを走る気が起こらないのだ。

と思っていたら、今日「鯖街道ウルトラマラソン」の案内が届いた。3年前に一度だけ参加したことがあるが(この時は「鯖街道マラニック」という大会名だった)、途中で膝を痛めてしまい、何とか完走はしたものの、やや消化不良の感じで終わってしまっていた。

その後は大会そのものが存続するかどうかという話があったりで、なかなか予定が立たないままに見送ってきた。昨年で10回目を迎え、それを潮時に中止になるかとも思っていたが、プレスタートやワープを廃止するなど運営面を手直しして、「新たな気持ちで」開催することになったようだ。

存続が決まってまずは目出たいというところだが、こうやって書いているということは、半分ぐらい気持ちが動いているということだ(笑)。うまく予定があえば、ちょうどサロマの練習にもなるしね。

1月29日の練習内容 LSD20キロ
1月30日の練習内容 完全休養

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/28

『ゼロの焦点』

言わずと知れた松本清張の代表作のひとつ。最近、『砂の器』『黒革の手帳』『けものみち』と立て続けにTVドラマになったり、宮部みゆきが彼の短篇集を編集したりして、ちょっとしたリバイバルブーム(?)の松本清張作品をふと読んでみたくなった。版元紹介はちょっとネタバレしている(笑)。

夫には、妻も知らない、もう一つの名があった──。 戦争の傷がまだ塞がっていない頃の物語。清張ミステリーの最高傑作!

前任地での仕事の引継ぎに行って来るといったまま新婚一週間で失踪した夫、鵜原憲一のゆくえを求めて北陸の灰色の空の下を尋ね歩く禎子。ようやく手がかりを掴んだ時、“自殺”として処理されていた夫の姓は曽根であった! 夫の陰の生活がわかるにつれ関係者がつぎつぎに殺されてゆく。戦争直後の混乱が尾を引いて生じた悲劇を描いて、名作『点と線』と並び称される著者の代表作。

以下、完全にネタバレ(笑)。

1月28日の練習内容 10キロペースラン(39分22秒)を含む20キロ

続きを読む "『ゼロの焦点』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/27

減量の現場その2

oyster昨日のシャリ全残しはさすがに良心が咎めるものがあったが、今日の夕食はコレ→。某和食チェーンの季節メニュー「牡蠣の土手鍋」に「ほうれん草のごま和え」で鉄分補給である。当然、ご飯はなし。店のサイトによると鍋は283キロカロリーだそうだが、出汁が結構甘く、かなりの糖分が含まれていると思われる。空腹と昨日の反省から残さず飲んでしまったが(苦笑)。

1月27日の練習内容 ジョグ10キロ、プラス流し2本

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/26

減量の現場

diet今日の夕食は某回転寿司チェーンにて。ただし、ネタだけ食べてシャリは全て残した→。折角作ってくれた人(いや、ロボットか)に失礼で、決して行儀のいいことではないが、減量のためには止むを得ない。以前、会社で寿司パーティがあって同じようにしたら周りから奇異の目で見られ、以後お誘いが来なくなってしまった。(苦笑)

1月26日の練習内容 ジョグ10キロ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/01/25

ここがガマンのしどころ

いよいよ別大2週間前となり、体調維持に最も大切な期間を迎えた。風邪予防には細心の注意を払っていて、先週家族が相次いで熱を出したときも自分は事なきを得たが、年末年始に少し飲み過ぎたこともあり、体重がやや重めで推移している。

そこで今週に入ってからは食事量(特に夕食)を一段と落とし、アルコールは睡眠薬代わりに寝る前に猪口に1杯ほど飲むだけで、それ以外はピタリと止めている。少しは効果が現れてきたが、寝る頃には腹が減って仕方ない。ここがガマンのしどころ、と自分に言い聞かせるが、辛いところだ。本命レースはシーズンに1本か2本。その直前2週間ほどのことなのだけど・・・。

1月24日の練習内容 完全休養
1月25日の練習内容 ビルドアップ15キロ(最後5キロをキロ4分で)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/01/23

銭湯2題

昨日は高槻ハーフの後、Kさんの発案で会場から自転車で15分ほどのところにあるスーパー銭湯「極楽湯」で風呂を浴びた。昼間から結構客が入っていて繁盛しているようだ。ただ、料金に多少カラクリがあって、券売機には一般料金(確か700円)がデカデカと書かれているが、下の方には目立たないように銭湯料金(確か390円)というオプションがあるのだ。

我々は当然これで入ったが、脱衣場のロッカーが使えなかったり、売り物の露天風呂に入れなかったりというデメリットはあるが、ちゃんと温泉には浸かれるという寸法。よく分からないが、地元の浴場組合との協定とかがあって、あくまで「銭湯」としての建前を通しておくためのものかもしれない。

さて、今日は西京極でジョグするつもりで、いつもの銭湯(こちらは至ってクラシックな町の風呂屋さん)に行ってみたら、何と臨時休業とのこと。これまでも時々あったが、多分、親戚の法事か何かなのだろう。夫婦2人だけで営業している以上、そういう場合はどうしようもない。ある意味で町の公共財である公衆浴場だが、経営基盤は至って弱いのだ。

走る方は仕方なくアクアリーナのジムに転戦し、長袖長パンで大汗を掻きながら走る破目になった。これが逆だったら、まさかTシャツ半パンで外を走る訳にはいかないので、「大は小を兼ねる」ということか。

1月23日の練習内容 ジョグ10キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/22

調子悪っ!

先週の30キロペースランに続いて、今日は20キロペースラン練習として高槻シティハーフに参加したが、いくら練習とはいえ1時間25分41秒という不甲斐ない結果に終わった。

入りの5キロがいきなり21分台。かと思えば次の5キロは18分台という距離表示のいい加減さ。住宅地の細い道を縫うように何度も右左折を繰り返す。堤防の上り下りの急な坂。堤防に上がれば強い西風に加えて、一部砂利道の区間もあって、序盤からすっかり集中力を失ってしまったということもある。

しかし、防府の後、年末年始でダラけてしまったツケが来ているようで、先週の30キロでメドがついたはずの別大完走にも黄信号が灯った感じだ。

1月21日の練習内容 軽いビルドアップ10キロ(キロ5分→4分)
1月22日のレース結果 高槻シティ国際ハーフ 1時間25分41秒

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2006/01/20

ライブドア・ショック

今になって言うのは少しズルいが、やはりいつかはこんなことになると思っていた。元近鉄ファンとして、弱小球団の足元を見て買い叩くようなやり方にそもそも違和感を覚えたのが最初。総選挙に立候補して「ああ、やっぱりな」と思い、「広島カープに関心がある」と言い出した時には呆れ返ったものだ。

IT関連銘柄を中心に株価が全面安となる中で、ライバルである筈の楽天、ソフトバンクまで釣られて値を下げていたので、すかさず買い注文を入れた。実体のないM&Aの期待だけで値を上げていたライブドアと、現実のビジネスで収益を上げている両社とは全く性格が異なると考えたのだ。

ただ、両社ともパ・リーグ球団の親会社であったことに、後になってから気づいた。伊達に30年も近鉄とパ・リーグを応援していなかったということか。もちろん以前から近鉄の株主でもあるわけだが。

1月19日の練習内容 完全休養
1月20日の練習内容 ジョグ12キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/18

壮大なる夢想?

今年3月末で勤続25年になるのを前に、会社から1か月の永年勤続休暇の申請書類が届いた。5年おきに巡ってくるチャンスであるが、まだ利用できる環境にはないので今回はパスするつもりである。しかし、もしまとまって自由になる時間ができたら、「本州縦断ジャーニーラン」なるものをやってみたいという気持ちが以前から漠然とあり、この機会に少しばかりプランを考えてみた。

調べてみると下関から竜飛岬までは約1600キロである。例えば、4月初旬にスタートしてほぼ桜前線と競うように日本海沿岸を北上、1日に40~50キロ走っては1泊という行程を繰り返せば、大型連休中にはゴールを迎えることができる。1か月の休暇で何とかなりそうなプランではある。

少なくとも5年先の話で、節分の鬼が爆笑のあまり悶絶してしまいそうだが、仮に実現するとして、その頃にはマラソンの自己記録も頭打ちとなり、競技者としてのランナーからは引退する時期を迎えているだろうし、出向・転籍などサラリーマンとしての終章も視野に入っているはずで、人生の大きな節目となることだろう。

1月16日の練習内容 ジョグ10キロ
1月17日の練習内容 完全休養
1月18日の練習内容 ジョグ15キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/16

公園デビュー

昨日はS先生が企画された服部緑地公園での30キロペースラン練習に参加した。別府大分を控えたこの時期に30キロ程度のペースランを考えていたので、まさにピッタリのタイミングだった。

ただ、先週できた左足裏の水ぶくれを潰した後がまだ治っていないのと、当日朝の体調を考えてキロ4分10~15秒程度のペースを予定していたが、キロ4分5秒前後の数人の集団から外れるとズルズル落ちそうだったので何とか食らいついていくうち、意外に最後まで走り切れてしまった。左折箇所では辛かったが左足も何とか最後までもってくれた。

前回の防府から短期間で仕上げないといけないこともあり、今日の練習は大きなポイントだったが、これで何とか完走のメドはついたと思う。一人ではなかなか出来ない練習であり、初めての服部緑地まで出かけた甲斐があったというものだ。淡々と、しかし恐ろしいほど正確なペースを刻むS先生の戦闘モードの走りを間近に見せてもらったのも良かった。

1月15日の練習内容 30キロ走(2時間1分33秒)を含む33キロ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/01/14

『黄金を抱いて翔べ』

普通の人は年末年始に何冊かまとめて本を読んだりするのかもしれないが、通勤電車が書斎の私としては、仕事始めが即ち読書始め。で、これが1冊目。高村薫著。版元紹介はあまりにそっけないので(笑)、アマゾンのサイトから。

銀行本店の地下深く眠る6トンの金塊を奪取せよ。大阪の街でしたたかに生きる6人の男たちが企んだ大胆不敵な金塊強奪計画。ハイテクを駆使した鉄壁の防御システムは果たして突破可能か? 変電所が炎に包まれ、制御室は爆破され、世紀の奪取作戦の火蓋が切って落とされた。圧倒的な迫力と正確無比なディテイルで絶賛を浴びた著者のデビュー作。日本推理サスペンス大賞受賞。

1月13日の練習内容 ジョグ10キロ+流し1本
1月14日の練習内容 ビルドアップ10キロ(後半5キロをキロ4分)

続きを読む "『黄金を抱いて翔べ』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/12

ああ、情けない

この冬の異常な寒さで足が霜焼けになりかけたので、プレハブで底冷えのする職場では電気足温器を新たに購入して、通勤時は靴下にカイロを貼り付けている。これだけでも十分に情けないが(笑)、昨日はこれが原因で逆に「やけど」をしてしまった。

午後から大阪出張で久々にスーツを着て、普段穿かない革靴の中にカイロで夕方までウロウロ歩き回ったため、左足裏が軽い低温やけど状態になったようだ。そのままで夜に暖房の効いたジムでしっかり走る練習をしたため、終わってみると直径2センチくらいの水ぶくれができていた。帰り道は「腫れ物に触る」ならぬ「腫れ物を踏む」ような情けない歩き方になってしまった。トホホ。

1月11日の練習内容 ビルドアップ15キロ(ラスト5キロをキロ4分で)
1月12日の練習内容 ジョグ10キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/10

完走記、PDF化

←の完走記などはこれまでワード形式でアップしていた。何年経ってもパソコン初心者の私としてはそれ以外の方法を知らなかったためだが、先日の防府完走記をわざわざ印刷して知り合いのランナーに渡してくれたというNさんの話を聞いて、もしかしてワードファイルが開かなかったのではと思っていたら、日曜の吉野LSDでHさんから「今はPDFソフトも安いのが出ている」という話を聞いたので、一念発起(というと大袈裟だが)PDF化に挑戦してみた。

いや、まさに案ずるより産むが安し。ソースネクストの「いきなりPDF」というソフトをオンラインで購入してから、ファイル変換、ブログへの入れ替えまで、全部で1時間とかからなかった。おかげできれいな印刷イメージで表示され、改竄の余地もなくなった。もっとも、こんな駄文を改竄したところで一文の価値もないが(笑)。

1月 9日の練習内容 ジョグ10キロ
1月10日の練習内容 完全休養

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/01/08

韋駄天初参り

4日の吉野神宮初詣ランに続いて、今日はHさん、Kさんと一緒に吉野の韋駄天さんへお礼参り&願掛けランに行ってきた。心配していた雪による障害はほとんどなかったが、おそらく最後まで氷点下の寒さに、手の指先だけでなく、顔面まで凍りそうになった。そんな中でもわざわざ走ってお参りに来た我々の願いを、きっと韋駄天さんも聞き入れてくれるに違いない(?)。

1月6日の練習内容 ビルドアップ10キロ(ラスト3キロは4分ペースで)
1月7日の練習内容 2キロ走(4分ペース)×5本を含む14キロ
1月8日の練習内容 LSD40キロ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/01/05

仕事始め

わが社は今日が仕事始め。社長から年頭訓示があったり、社員全員で近くの神社まで社業繁栄祈願に行ったりで、午前中がつぶれてしまった。

別府大分マラソンまで1か月となった(大会公式サイトではなぜか「あと28日」となっているが)。昨日LSD40キロを走って、長い距離を走ること自体はまだ大丈夫そうだが、これからはレースペース走を入れていかないと・・・。

1月4日の練習内容 LSD40キロ
1月5日の練習内容 ジョグ10キロ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/01/03

走り初め

昨日の夜にスキー旅行から帰ってきて、今日はその後片付けに追われたが、箱根駅伝の途中経過が気になってなかなか捗らず、ようやく夕方近くなって走り初めに出かけた。いつもなら橿原神宮公苑周回コースとなるところだが、さすがに三が日とあってパスして、明日香村の関西大学飛鳥文化研究所までの往復とした。

午前中は初詣。夜は録画しておいたウィーン・フィルのニューイヤーコンサートをBGMに、お節料理をアテにお酒を楽しんでいる。ようやくお正月らしくなった。明日は吉野神宮まで初詣ランに出かける予定。

1月3日の練習内容 ジョグ約10キロ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006/01/01

謹賀新年

ski自分のブログで年賀の挨拶というのも何だかヘンだが、まあ年が改まった節目ということで・・・。

昨日から信州白馬に家族でスキー旅行に来ている。今日は天気予報が完全にハズれ、ご覧のように宿の主人も驚くほど珍しい快晴に恵まれた。こいつは春から縁起がいい、となってほしいものだ。

12月31日から1月2日までスキー旅行のため走らず

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »