« 『ザ・ジョーカー』 | トップページ | ココログ・フリーってどうよ? »

2005/11/27

「塩カプセル」作り方講座

先日の福知山マラソンでKさんが塩カプセルを使用して効果があったということで、某所で宣伝をしていただいた。折角なのでその作り方を記しておこう。といってもそんな大層なことではなく、カプセルに塩を詰めればそれで終わりである。

まあ、それでは身も蓋もないので、私が作っているところを公開しよう。別に深夜、蝋燭の灯りの下で怪しげなことをしているわけではないので(笑)。

11月27日の練習内容 LSD20キロ

SALT用意するものは以下のとおり。

  1. カプセル(薬局で入手できる。サイズは各種あるが、私の使っているのは「00」号)
  2. 塩(何でも良いが、私は粒状の調理塩を使っている)
  3. 小皿、スプーン、綿棒、水

小皿にあけた塩をスプーンを使ってカプセル一杯に詰めて蓋をするだけだが、この際、水を含ませた綿棒で蓋の内側を濡らしておくと、ゼラチンが一旦溶けて本体としっかり接着するので、持って走っても蓋が外れて中身がこぼれる心配がなくなる。

持ち運びの方法はまだ試行錯誤中だが、湿気に弱いので汗や雨で溶けてしまわないような工夫が必要である。サロマの時には35ミリフィルムのプラケースに入れてランパンの内側に縫い付けたポケットに収納した。頭から水をかぶっても濡れないのはよいが、当然のことながらケースの蓋を開けたり閉めたりするのが面倒だった。

そのままでも水なしでも呑み込めるが、空腹時は胃を荒らすかもしれないので、給水ポイントの手前で口の中に入れておき、水やドリンクと一緒に呑み込むとよい。服用のタイミングは各人の体質に合わせて試してもらうしかない。参考までに、私自身は結構暑かった今年のサロマでは10キロごとに1カプセル飲んだ。特に根拠はなく、上記フィルムケースに10個ほどしか入らないからという実際的な理由によるが、それでも最後まで痙攣の予兆すら起きなかった。秋冬のレースではそれ以下の量でも大丈夫だろう。

塩については、ミネラル分を含んだ岩塩や、どこそこの海の水から造ったものなど、いろいろと売られているので試してみるとよいが、そんなに大きな違いがあるようには思えない。

|

« 『ザ・ジョーカー』 | トップページ | ココログ・フリーってどうよ? »

コメント

今晩は、たけしたです。
塩カプセルの詳細なご説明ありがとうございます。
そっかぁ 薬局で売ってるんですね カプセルが。
だったら 塩以外に 砂糖とか ジャムとか 色々なものが造れますね(笑)
オブラートなら知ってるのですが(爆)
ではでは

投稿: たけした | 2005/11/28 19:57

たけしたさん、こんばんは。

>そっかぁ 薬局で売ってるんですね カプセルが。
商売柄、ご存じかと思ってましたが(笑)。
でも、ジャムは水分が入っているのでダメでしょう。

重複投稿になっていたので、ひとつ消しておきますね。

投稿: まこてぃん | 2005/11/28 23:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95622/7343195

この記事へのトラックバック一覧です: 「塩カプセル」作り方講座:

« 『ザ・ジョーカー』 | トップページ | ココログ・フリーってどうよ? »