« やっちゃいましたぁ! | トップページ | 『マークスの山』 »

2005/10/18

よくやった、よくやった、ロッテ!

千葉ロッテマリーンズ(CLM)が31年ぶりの優勝を果たした。本当におめでとう。31年前のロッテと言えば、今は楽天が本拠地としている宮城県営球場をフランチャイズとし、金田監督の下、弟の金田留広や木樽正明、村田兆治らが投げ、有藤通世、アルトマンら主軸を打った時代で、もはや隔世の感という以上の大昔の話だ。

ところで、マリーンズファンの応援の熱心さ、マナーの良さは特筆されてよい。とても印象に残っているエピソードがひとつある。

01年に近鉄が優勝した時のことである。本拠大阪ドームで優勝を決めた後、千葉に乗り込んでの対ロッテ最終戦。もはや消化試合となったゲームが終わった瞬間、ライトスタンドのロッテファンから「よくやった、よくやった、近鉄!」のコールが沸き起こったのだ。ペナントレースを終えたら、栄えある勝者を祝福し、来る日本シリーズでの健闘を祈る。そんな当たり前のスポーツマンシップを、ここのファンはちゃんと弁えているのだ。

そのシーンを見て胸が熱くなったのは私だけではない。コメントを求められたTV解説者の加藤哲郎(元近鉄投手)は、一言何かつぶやいたなり後は何も言えなくなってしまったのだ。加藤と言えば、前回優勝の89年のシリーズで「巨人はロッテより弱い」と発言したとされ、それが3連敗していた巨人選手を奮起させ、逆転優勝の遠因になったということで変に有名になってしまった選手だ。

この発言は実際には記者の誘導尋問をあえて否定しなかった彼の不用意さがもたらしたものだと言われているが、それはともかく、彼がその中で弱い球団の引き合いに出したとされるロッテのファンからの熱いメッセージに、感極まってしまったのだろうと思われる。

シーズン勝率1位チームが2年連続して涙を飲んだことには異論もあるが、シーズン前にリーグ全体で合意して決めたルールはルールである。「我らがパシフィック」の堂々たる代表として、日本シリーズでの健闘を期待したい。

10月17日の練習内容 ジョグ10キロ
10月18日の練習内容 軽いビルドアップ10キロ

|

« やっちゃいましたぁ! | トップページ | 『マークスの山』 »

コメント

今晩は、たけしたです。
私はタイガースファンやけど 今回はなんだか応援しにくいですわ、まぁ ロッテ相手だと負けてもええかなぁ って
思ってしまいます。なぜだか解りませんがぁ。
ではでは

投稿: たけした | 2005/10/20 15:51

たけしたさん、お久しぶりです。
2年前にリーグ優勝したばかりの阪神に比べると、
ロッテの「31年ぶり」というのはインパクトありますよね。
根っからのパリーグファンとして、
毎年日本シリーズでは西武でも
ダイエーでも応援してましたが、
今年は近鉄がなくなった分、
例年より感情移入しそうです。(笑)


投稿: まこてぃん | 2005/10/20 23:28

今晩は、たけしたです。
実は私 昔パリーグは南海ファンだったんですぅ。
でも あっちへ行っちゃってからはやっぱり疎遠に。
その上去年の近鉄オリックス合併劇で覚めちゃいました。しいて言えば 楽天ファンだったのですが、監督解任でまたまた覚めちゃいましたわ。 もぉ~
ではでは

投稿: たけした | 2005/10/20 23:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: よくやった、よくやった、ロッテ!:

« やっちゃいましたぁ! | トップページ | 『マークスの山』 »