« 通勤用イヤホン、その後 | トップページ | サロマ記録証 »

2005/08/03

福岡、関門閉鎖!

今年の福岡国際マラソンの要項が今朝の朝日新聞に出ていた。Bグループのフルの参加標準は2時間45分となり、昨年より5分ハードルが高くなった。これにより、今季は福岡でなく防府がメインレースとなることが確定した。←の完走記にあるように、国内最高の大会にBグループとはいえ参加できた昨年の感激を、今年は味わうことができないのだ。非常に残念である。

今年は参加標準が厳しくなるという噂は前々から聞いていた。地元警察との協議が整わない、というのがその理由とされる。西日本随一の大都会で開催される大会だけに、市民生活への影響が大きいことは事実だろう。沿道で小旗を振って応援してくれる人々に勇気づけられたレースだったが、反面、長い時間待たされ、回り道をさせられて悪態を吐いている人たちもいて当然だと思う。「もし、自分がランナーでなかったら」という視点は絶対に必要だ。

ましてや、例年せいぜい100名足らずだったのが、昨年は一挙のその5倍ものランナーが参加し、しかも、持ちタイムが23分も遅いランナーたち(自分もその一人、いやほとんど最後の一人の部類だ)のせいで関門が緩められ、道路閉鎖が長引いたのだ。市民からの苦情が急増したことは想像に難くない。警察側の事情も十分理解できる。

しかしながら、↓に全文を引用したように、昨年、主催者側は「市民マラソン化への第一歩を踏み出した」ことを誇らしげに謳っていた。皮肉にも今年はそれに逆行するような結果となったことについて、責任ある立場の人から、納得はできなくとも理解のできる、きちんとしたコメントを発表してほしい。

ただ、500人が400人になろうと、弾き出されたランナーの無念にも関わらず、市民生活への影響面では現実的にはそれほどの差はないだろう。このぐらいの規模で開催実績を重ね、徐々に拡大していくしかないのかもしれない。ボストン、NY、シカゴ、ロンドン、ベルリン・・・。よく言われるように、欧米では首都級の大都市で何万人ものランナーが参加するマラソン大会が開催されている。例外もあるが、最初は数十人規模の大会だったのが、長い歴史の中で発展を遂げて現在の姿になった大会も多い。来年、福岡は第60回の記念大会を迎える。今後とも期待を繋ぎたい。

ところで、防府確定に伴い、11月の練習レースとして、4年ぶりとなる福知山が視野に入ってきた。最後の坂は考えなくて良いので、コースとしてほぼ完璧だ。

本日は息子の誕生日。おめでとう。しかし、刑法上はもう成年なのだよ。

8月3日の練習内容 LSD20キロ(BGMはブルックナー第8など)

「第一歩」

朝日新聞西部本社報道センター(スポーツ) 小田邦彦 

500

 今大会を語る上で、まずはこの数字を紹介しなければならないだろう。国内レースで最も高い参加資格(2時間27分)を持つ「福岡」が58回目を迎える今年、大きく様変わりをした。従来の資格をAグループとし、それとは別に、2時間50分を資格とするBグループを新設した。その定員が500人。伝統の福岡が「市民マラソン」への第一歩を踏み出したことを示す数字でもある。

 6時間30分でも出場可能なロンドンなど、世界の市民マラソンから比べれば、2時間50分という資格については、議論のあるところだろう。ニューヨークのレースディレクター、アラン・スタインフェルド氏には「2時間50分では市民化とは言えない」と一笑された。そう。まだ、市民化への「第一歩」なのである。要は今後、いかに拡大していけるか、だ。そうすれば、街に落ちる金も増え、レースの価値が変わってくるだろう。さらには、優秀な選手が欧米の賞金レースに集まるという80年代からの流れを止められるかもしれない。それが引いては、日本男子マラソンの強化につながるかもしれない。

 スタインフェルド氏はこう続けた。「最初はよちよち歩きでいい。しっかりと歩き続けることが大事」。真の市民化に向かうためには、2歩、3歩目が必要になる。

|

« 通勤用イヤホン、その後 | トップページ | サロマ記録証 »

コメント

まこてぃんさん、初めまして<(_ _)> 広島のパチと申します。
毎日楽しく読ませていただいています。
さて今回の福岡の件ですが、私も12月の防府で何とか50分を切って、
来年は福岡にエントリーしようと意気込んでいただけに残念でなりません。
何よりも、主催者側のビジョン(志)のなさを強く感じます。
まこてぃんさんのおっしゃる通り、定員を100人少なくしたところで何の効果があるのでしょうか?
警察や大会に不満をもつ一部の市民へのポーズ(その場しのぎ)にしか思えません。
それよりも「Bグループなら福岡を走れるかもしれない」という市民ランナーの夢を奪ったことと
これによって「日本における大都市マラソンの可能性」を大きく後退させた損失の方が
陸上界の将来にとってはマイナスになると思います。
このままBグループそのものが廃止されないことを祈ります。
福岡への参戦は2年計画でがんばります(笑)

投稿: パチ | 2005/08/04 09:08

パチさん、はじめまして。
ブログ、少しだけ読ませてもらいました。
同じ頃に始められたんですね。
これも何かの縁でしょうか。
とみかずさんには何度かお会いしたこと
ありますよ。防府も一緒に走りました。

さて、福岡の件、本当に残念ですね。
私の場合、45分まで何年かかるやら。
それまでに年齢の限界が来てしまいそうです(泣)。

投稿: まこてぃん | 2005/08/04 11:28

まこてぃんさん、こんにちは。

福岡の件に関してはまさに同感です。
Bグループとはいえ市民の部として、
一度は門戸を開いておいて、1年で逆行
するなんて。

僕も広島のパチさん同様、暮れの防府で
50分を切り、来年の福岡にと計画を立てて
いたのですが・・・

でもものは考えようで、まこてぃんさんは
昨年、きっちりと福岡を完走されたし、
再びその福岡を走るために
45分切りの新たな目標に向かって
頑張って下さい。

また個人的には今年の防府を一緒に
走れるのが嬉しいです。

投稿: TGCの青ちゃん | 2005/08/05 12:55

青ちゃん、こんにちは&ブログでは初めまして。
いろんな人が知らないうちに読んでくれていて、とてもうれしいです。

本当に昨年よくぞ福岡を完走しておいたことだと思います。
45分というのは何となく自分の限界かなと思っていて、
○ッちゃん師匠からもそう言われたことがあります。
到達目標としてはいいのですが、今はとてつもなく高い壁に思えます。
青ちゃんにとっても相性のいい防府、お互いまた自己ベストを目指しましょう。

投稿: まこてぃん | 2005/08/05 13:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95622/5291851

この記事へのトラックバック一覧です: 福岡、関門閉鎖!:

« 通勤用イヤホン、その後 | トップページ | サロマ記録証 »