« NWウォークマン進化論 | トップページ | そこにあったのは・・・ »

2005/05/10

修学旅行はなぜ高いのか

高校生の娘が今日から北海道に3泊4日の修学旅行に出発した。現地はここ数日異常に気温が低いようだが、精一杯楽しんできてほしい。ところで、この旅行の代金が1人8万4千円もするのである。ちなみに同じ旅行代理店の一般向けパンフレットを見ると、期間・場所ともに似たようなコース(3泊8食付)が半額以下の4万円ほどで売られている。先生に引率された高校生の団体で、日程はずいぶん前から決まっていて、キャンセルはほぼあり得ない。もっと安くていいはずではないか。ネットを検索してみると、やはり同じことを考える人は多いようで、某巨大掲示板にもこの問題のスレが立っている。先生へのリベートとか豪華な下見旅行、現地での夜の懇親会など、以前から言われている不明朗な慣習は、少なくとも公立校に関する限りは少なくなったようだが、旅行会社がボロ儲けしているという説には賛否両論あって本当のところはよく分からない。同じような時期、同じような場所に多くの学校の修学旅行が集中することや、看護士を同行させたり、学校側の注文が細かく打合せに時間がかかるなど、一般の団体旅行よりコストがかかる面はあるというのだが、それにしても、これだけの差はやはり尋常ではない。京都の修学旅行が事実上大手2社の寡占状態にあるらしいことや、「修学旅行に関する調査研究」を行う財団法人なるものが現在でも堂々と存在していて、文部科学省のお役人が天下っていることなど、今まで知らなかった。やっぱり、何かヘンだぞ。

5月10日の練習内容 休養(左膝痛経過観察のため)

|

« NWウォークマン進化論 | トップページ | そこにあったのは・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95622/4065652

この記事へのトラックバック一覧です: 修学旅行はなぜ高いのか:

« NWウォークマン進化論 | トップページ | そこにあったのは・・・ »