« 当たりー! | トップページ | 久々の風邪? »

2005/05/20

マスコミの偏向報道

小難しい政治の話ではない。今朝、朝日新聞のウェブサイト asahi.com の災害・交通ニュースを見たら、最新ニュース20件の中で鉄道関係は10件、そのうち新幹線の3件を除く在来線の事故・遅延関係のニュース7件のうち、実に6件までが首都圏内で発生しているのだ。今日に限った話ではない。いつ見てもそういう傾向なのである。全国でも首都圏だけ突出して鉄道の事故・遅延が多発しているのか?

そうではない。人身事故による鉄道の遅延など全国各地で相当数発生しているはずなのに、ここでは報道されていないだけのことだ。本来は関東ローカルのニュースを全国版で配信しているからこんな「偏向」が生まれるのだ。このサイトの編集者は関東ローカルと全国ニュースの区別すら出来ていないようなのである。

首都圏に住む人にとっては、そのニュースが全国版で報道されているのか、ローカルで流されているのか、いちいち意識していないかもしれない。私自身、かつて東京・横浜で2年ほど暮らしてそういう経験をした。NHKでは同じキャスターがそのまま喋っているし、民放ではそもそも「関東ローカル」は存在しない。おそらく首都圏で生活しているであろうこのサイトの編集者も、その辺りの感覚が鈍っているのだろう。しかし、仮にも日本を代表する全国紙がこんな初歩的な区別もできないようでは困る。「日本」といえば「トーキョー」しか知らない外国人と同じではないか。このことについて一度メールで意見を送ったが、当然のことながら何の音沙汰もない。

紙の新聞の方は地方本社制作なのでまだマシだが、東京キー局のTVはもっと酷い。「週末のお出かけにオススメのスポット」として、毎回毎回東京から行ける場所だけを紹介して平気な顔をしている。東京に1センチでも雪が積もろうものなら、NHKですら全国ニュースのトップでかなりの時間を割いて報道する。挙句の果てに「雪で滑りやすいので転ばないよう十分注意して下さい」などと真顔で喋っている。雪国の人はどんな思いで見ているだろう。

雑誌も同様だ。コンサートや演劇、催しもの、グルメ情報、ほぼ100%東京である。かつて毎号購読していた『ターザン』もかつてこんな号を発行した。ささやかな抗議として、それ以降1冊も買っていない。

5月20日の練習内容 ジョグ10キロ

|

« 当たりー! | トップページ | 久々の風邪? »

コメント

私は、ゴールデンウィーク、盆休み、年末年始の、高速道路の渋滞状況報道を観て、同じように感じていました。
関東中心の情報を流されても、ねぇ。
こちらで知りたいのは、名神や中国道なんですから。

投稿: ほにゃらか | 2005/05/21 07:30

ほにゃらかさん、おはようございます。
確かに高速道路の渋滞というと、関越とか東北とか首都圏ばかりが映りますね。まあ、50キロから100キロとか無茶苦茶な長さですから、TV映りがいいのはそのとおりなんですけどね。
ただ、おっしゃるように関西圏の人にとってはあまり役に立たない情報だし、そもそも高速道路の渋滞なんて、都市圏に住んでいない人には無関係な問題かもしれませんね。

投稿: まこてぃん | 2005/05/21 10:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95622/4205120

この記事へのトラックバック一覧です: マスコミの偏向報道:

« 当たりー! | トップページ | 久々の風邪? »