2021/04/19

『大病人』

Lastdance1993年、ITAMIFILMS製作、東宝配給。伊丹十三脚本監督。三國連太郎、津川雅彦、宮本信子ほか。KINENOTE の紹介文。

俳優兼映画監督の向井武平は、ガンで余命いくばくもないオーケストラの指揮者が最後のコンサートに挑むという映画を自ら監督・主演していたが、撮影中に倒れて病院に運ばれる。妻・万里子の大学時代の友人でもある医師の緒方洪一郎が担当医となるが、向井の体はあともって一年という癌に冒されていた。緒方は向井に病名を偽り手術を施すが、暫くすると向井はまた倒れてしまう。映画の共演者であり愛人である神島彩を病室に密かに呼び出し情事を行うなど、何かと問題患者の向井に怒った緒方はつい軽率な発言をしてしまい、向井はショックのあまり自殺を図る。一命を取りとめた向井は緒方に真実を告げてくれと訴え、いがみあっていた二人は協力して死を迎えることになった。(引用終わり)

本作が製作された1990年代前半まで、癌に関して患者本人には告知しないケースが少なくなかったが、この頃を境にして時代は転換点を迎え、「インフォームドコンセント」の観点から本人に告知する方が主流となってきたという。

本作の中でもそのことが如実に現れている。前半まで向井は「胃潰瘍」とされたまま手術を受けるが、周囲の状況から「自分は癌ではないか」との疑念を抱く。自暴自棄の末に自殺を図った向井は、何とも幻想的な臨死体験をする。

奇跡的に一命を取りとめた向井はそれを境に死を覚悟し、残された時間をいかに有効に過ごすかを考えるようになる。癌の告知や余命宣告は医師にとっての敗北だという緒方医師に対して、向井は次のように言って正々堂々、むしろ晴れ晴れと告知を受けるのだ。

「俺を死なすと考えるなよ」「死ぬまで、俺を最もよく生かすと考えろ」「いいんだ。この先は俺の生き方の問題で、君らの管轄外だ」「やりたいことを全てやったあとの安らかなエンディング」「うらうらと春の日の照る中を、ヒバリが上がるように昇天したいよ」

全く同感である。自分も今そのことだけを考えていると言って過言ではない。やりたいこと全てが出来るわけではないが、体力と財力(笑)の許す限りのことをし終えて、悔いのない最期を迎えたい。向井のように満足気に、そして周囲の人たちの微笑みに囲まれて。チューブで機械に繋がれたまま、ただ生かされているだけの末期なんて真っ平御免である。

| | コメント (0)

2021/04/16

軽自動車の名義変更

来るべき「その時」に備えて、家族になるべく手間をかけないよう、面倒そうな手続きは今のうちに出来ることをしておくつもりである。既に済ませたインターネットの名義変更に続き、軽自動車についても先日名義変更を行なってきた。

ディーラーなど業者に頼めば手っ取り早いのだが、1~2万円の手数料が必要になるそうで、平日に動ける身分なので自分自身でやってみることにした。不動産相続登記の申請に比べれば必要書類も少なく、所定のOCRシートに必要事項を記入するだけで済みそうである。

手続きを行う軽自動車検査協会がどこにあるかも知らず、買ったばかりのカーナビを使っても少し迷ってしまったが(笑)、整備工場のような建物に併設された事務所(左)と、その奥にある軽自動車税を扱う事務所との間を往復すると手続きが完了する仕組みになっている。「次は何番窓口に行って下さい」などと案内されるので素人でも迷うことはない。

Kimg12841

ものの30分ほどで新しい車検証が交付された。必要経費は住民票発行手数料のみで、名義変更の手数料そのものは無料である。その場で自賠責保険の会社にも電話して、名義変更に必要な書類を送ってもらうことになった。これだけの仕事で2万円もボッタクられては堪らないと思った次第だ。

| | コメント (0)

2021/04/13

謎の保留メロディがようやく判明

ある業者に定期的に電話する機会があって、毎回担当者を呼び出している間、保留メロディを聞かされる。どこかで聞いたような気がするのだけれど、誰の何という曲か分からず、ずっと気になっていた。

その保留メロディがこれである。たぶん同じ機種の電話機から録音したものと思われる。さて、何という曲かお分かりだろうか(全画面にすると答えが出てしまうのでご注意)。ヒントは「1976年に発表された楽曲」である。

» 続きを読む

| | コメント (4)

2021/04/10

退院しました

昨日、無事に退院した。点滴と十分な休養のおかげで何とか体調は持ち直し、通常の食事を食べられるまでになった。まだ完全復帰とはいかないけれど、日常生活に特段大きな支障はない。

ただ、今回の事態をもたらした抗癌剤は、実は一昨年の手術の後で肝転移が判明して最初に投与されていたのと同じものだ。事情があって当初予定の8サイクルの途中で打ち切っていたため再開を試みたわけだが、想定外の強い副作用が出てしまった形だ。

それだけ体力が低下しているということになるが、これだけ正常細胞を痛めつけるなら、癌細胞も同じようにやっつけてくれているものと、いいように考えておくことにしよう。

| | コメント (2)

2021/04/06

またまた入院

昨日から再び入院することになった。先月末から抗癌剤の種類が変わり、その副作用がひどかったためだ。点滴の翌日から激しい下痢が始まるとともに、食欲がみるみる減退して、重い脱水症状を引き起こしていたのだ。

当初は病院で2回日帰りの点滴を受けたものの症状は一向に改善せず、昨日主治医の診察を受けたところ、即日の入院を言い渡されたという次第だ。早速24時間連続の点滴が始まり、体調が徐々に回復に向かっているのを実感する。

脱水症状ならサロマウルトラ100キロや、最後のレースとなった大阪マラソン等でもイヤというほど経験したが、今回のが間違いなく自分史上最悪のものとなった。

しばらくまたブログの更新が滞ることになるが、ご了承のほどを。

| | コメント (2)

2021/04/03

年金の繰上げ請求

本来の受給開始時期より早く年金を受給する「繰上げ請求」を選択することにし、先日最寄りの年金事務所に出向いて必要な手続きを済ませてきた。

年金の受給額は受給者が平均寿命まで生きると仮定して設計されている。繰上げ請求を選択した場合、受給額は一定割合で減額され、平均寿命まで生きた時点でトントン、それ以上長生きすると損ということになる。

つまり、平均寿命まで生きる見込みがないと分かっていれば、減額された年金であっても早めに受給した方が、「貰いっぱぐれ」が少ないということになる。自分の状況がまさにそうなのだ。

減額率は基礎年金が15.5%、厚生年金が3.5%となる。昭和33年生まれの自分の場合、本来の受給開始時期が前者が65歳、後者が63歳と2年の開きがあるためだが、遺族年金に反映する後者の減額が小さくなっているだけでも良しとしなければなるまい。

| | コメント (0)

2021/03/31

ドラレコ内蔵型のカーナビを購入

最近までうちの車にはカーナビをつけていなかった。そう頻繁に初めての場所を訪れるわけでもなく、事前にネットの地図やストビューで予習したり、タブレットに入れた無料のカーナビアプリを利用することで何とかやってきた。

機械頼りになって方向感覚や「勘」といったものが鈍るのはよろしくないというアナログ人間の屁理屈もあるが、数万円の出費を嫌ったというのがホンネのところだ。(笑)

しかし、この間手放したラパンには最初からナビが付いていて、去年娘の家や日光に行った際には大変重宝した。タブレットのナビより視認性が遥かに良いし、モバイル回線を経由しないため動作も安定している。

一旦その便利さに慣れてしまうともう駄目で、ラパンを売却した臨時収入が入ったのを機に、N-WGNにナビを装着することにした。それに加えて、前々から必要性を感じていたドライブレコーダーも合わせて購入することにした。

どうせなら両者が一体となった機種の方がスッキリするだろうと検索したところ、イクリプスの AVN-D10 というのがほぼ唯一の該当商品であるらしいことが分かった。既にカーナビが普及しているので、ドラレコはドラレコ単体で購入する人が大半だからだろう。

Kimg12761

ともあれ、これでうちの車も一気に装備が充実したので、より快適で安全なドライビングを楽しむことにしたい。

| | コメント (0)

2021/03/28

満身創痍

満身創痍というか、ノーガードで打たれ続けたボクサーというか。哀れをとどめるこの郵便ポストは、以前紹介した近鉄松塚駅前の道標近くに立っている。古くからある街道のようで、道幅は狭く交互交通を強いられるが、地元ドライバーが抜け道として利用するため交通量は多い。駅前の三叉路は見通しも悪く、最大の難所になっている。

そんなところに立てられた郵便ポストの宿命というべきか。差出し口の上にある雨除けは原型をとどめず、本体も擦った跡が無数についている。こうなると、ちょっと当たったぐらいでは誰も届け出ないだろうから、さらなる悪循環に陥ることになる。ついにダウンを奪われて倒れてしまうか、当局がタオルを投げ入れて再建でもしない限り、この醜態を晒し続けることになるのだろう。

Kimg12651_20210404093501

| | コメント (0)

2021/03/25

『お葬式』

Osoushiki1984年、伊丹プロダクションほか。伊丹十三脚本、監督。山﨑務、宮本信子、菅井きんほか。Wikipedia の紹介文。

ある日、俳優の井上侘助と妻で女優の雨宮千鶴子は夫婦共演のCM撮影を行っていたが、そこに突然連絡が入る。千鶴子の父・真吉が亡くなったのだ。親族代表として葬式を出さなくてはならなくなった侘助はマネージャー里見の助けを借りつつも途方に暮れる。千鶴子の母・きく江や千鶴子の妹・綾子夫婦、そして真吉の兄・正吉とともに遺体を伊豆の別荘に運び、お通夜の準備に取り掛かる。葬儀屋・海老原とともに、お通夜当日の朝を迎える侘助達。付人も応援に駆け付けたが、そこには喪服を着た侘助の愛人・良子もいた。(引用終わり)

公開当時に一度観た記憶があるが、当時まだ26歳になったばかりで、親の葬儀を出すなんて想像すら出来なかった。それがいま、実際にそれを体験したあとで再び本作を観ているのが不思議な気がする。

本作が公開された昭和末期当時、今のような葬儀専用の会館とかホールはまだ多くなかったと思う。葬儀は町内の集会所とか、本作のように自宅で出すのが普通だった。祭壇や受付など会場のセットから始まり、通夜や葬儀のあとの振舞いまで、遺族親族はまさにテンテコ舞いだった。「お葬式」は、今とは比較にならないほどの一大行事だったのだ。

実はその感覚がなければ、基本的に「葬式あるある」である本作の面白さは十分に伝わらず、登場人物たちへの感情移入も中途半端に終わってしまうように思う。畳にじっと正座したまま長いお経を聞いている辛さは、経験した者にしか分からないだろう。

もっと後の世代になれば、「昔のお葬式はこんなだった」という史料的価値すら帯びる可能性があり、伊丹十三の残したこの映画の存在は不滅と言えるかもしれない。本作の後も『タンポポ』『マルサの女』など斬新な作品を連発しながら、唐突にして不可解な転落死を遂げた才人の早世が惜しまれてならない。

| | コメント (0)

2021/03/22

死後の手続き(後半)

死後の手続きの中で最後にして最大の難関は、遺産分割協議および不動産登記である。前者は、被相続人(故人)が有効な遺言書を残していて、その通り遺産分割する場合は不要だが、遺言書の内容を一部でも変更したり、そもそも有効な遺言書が存在しない場合には、相続人全員が協議して具体的な遺産分割の内容を決めなければならないというものだ。

うちの場合は法的には無効ながら「遺言書」と題した父のメモが存在したので、それを参考に相続人一同(と言っても母、自分と妹の3人だけだが)が膝を突き合わせて配分を相談し、すんなりと合意に至ることが出来た。しかし、中には相続人の間で意見の対立が生じ、「争続」となってしまうケースも多いという。相続人同士が離れて暮らしていると、交渉自体が難航、長期化する恐れもある。

ともあれ、そうして合意した内容は「遺産分割協議書」として文書化し、相続人全員が署名のうえ実印を押捺することとされている。定められた書式は特にないが、ネットで検索するとひな形や記入例が多数出てくるので参考になる。

さて、最後の難関はここからで、遺産分割協議の結果を受けて、土地家屋の所有権移転登記を行なう必要がある。ただし、これは義務ではなく期限もないため、後述のような理由から移転登記がなされず、故人名義のまま放置されるケースがままある。それが何世代にも亘って繰り返されると多くの相続人が関係して、もはや誰が真の所有者か分からない「所有者不明土地」となりかねない。

不動産の所有権移転登記を申請するには、上記遺産分割協議書に加え、登記申請書などの書面を作成するほか、戸籍謄抄本や印鑑証明書など多くの書類を揃えなければならず、大変煩雑な準備作業が必要となる。そのため、司法書士と呼ばれる専門家に手続きを代行してもらうのが一般的だが、最低でも5~8万円程度の報酬を支払わなければならない。この煩雑さと費用負担が、相続しても登記がなされない主な原因となっている。

しかし、登記申請は素人でもやってやれないことはない。カネはなくても時間だけはたっぷりある身としては、一から勉強して自分で申請してみるに如くはないと思い立った。法務省のサイトから登記申請書の書式と記載例をダウンロードできるし、ネットで検索すると「相続登記を一人でやる完全ガイド」といった親切な記事があったりして、大いに参考にさせてもらった。

着手から約1か月。ようやく全ての書類を整ったので、先日近くの法務局の窓口に出向いて提出してきた。ただ、登記手数料に当たる登録免許税については金額計算に不安があり未納付のままだったので、一旦突き返されるかとも思っていたが、何のことはない。「過不足があれば精算するので、その金額の収入印紙を所内窓口で購入して貼付して下さい」とのことだった。

担当者は書類をざっと点検して適宜並び替えたあと、「書類を預かった上で疑問があれば電話で尋ねます。約1週間後には登記完了となる見込みです」と言ってくれた。所要時間はものの5、6分といったところか。申請自体は拍子抜けするほどあっさり済んだ。その後、本稿執筆時点まで法務局から電話はなく、このまま行けば首尾よく一発合格ということになりそうだ。(笑)

Kimg1259

| | コメント (2)

«死後の手続き(前半)