2019/04/21

京街道を走る その1(追分~伏見)

19日、東海道から分岐して大坂に向かう京街道の走り旅前半、髭茶屋追分から京阪牧野駅付近までの28キロ強を走った。京街道は元々、大坂と伏見に城を構えた豊臣秀吉が、両者を最短距離で結ぶため、文禄3年に毛利一族に命じて作らせた淀川左岸の堤防(文禄堤)が起源で、その後、徳川家康が五街道の整備に続いて、東海道に京街道を取り込んで天下の台所大坂まで延伸し、途中の伏見、淀、枚方、守口の4か所に宿駅を設けたものである。これにより東海道は五十七次にまで拡大したわけである。京を経由しないルートにしたのは、大名が公家と接触しないようにしたからとされる。

午前10時、髭茶屋追分を出発。東海道のときは右、今回は左を行くが、どちらも下り坂となっている。

Kimg0155

間もなく、民家の庭先に由緒ありげな道標を発見。「右伏見 左宇治」と刻み、この先の奈良街道との分岐点から移設したものと思われる。一体どういうお宅なのだろう。

Kimg0156

名神高速京都東ICの高架を潜り、国道1号を渡った先に「牛尾山道」と刻む道標があったが、文字がほとんど潰れている。道標の横では不動産屋らしい女が、老人相手に土地を売ってくれとしつこく食い下がっている。「土地買うオンナ」か(笑)。山科大塚で再び国道1号を越えた先に、「みぎうじみち ひだりおゝつみち」と刻む道標がある。路線バスを含め頻繁に通る車両から守るためとはいえ、トラ柄のポールはいかにも殺風景だ。

Kimg0159

大塚から大宅(おおやけ)に入り、名神高速の高架手前に大宅一里塚跡がある。京都市内に現存する貴重な遺構として市史跡に指定されている。説明板には何も記載がないが、位置から考えて江戸から124里の一里塚と思われる。

Kimg0163

山科警察署を右に見ながら下っていくと、先にふれた奈良街道との分岐点があり、そこを右折すると地下鉄小野駅に付近に出る。小野氏が栄えた土地とされ、小野小町ゆかりの場所らしい(諸説あり)。その先の勧修寺入り口に文化元年の道標が建ち、「南 右大津 左京道」「北 すぐふしみ道」などと刻む。

Kimg0165

この先は名神高速に沿う単調な道のりになり、その途中で京都市山科区から伏見区に入る。JR藤森駅付近、京阪墨染駅付近を通り、伏見宿のエリアに入っていく。宿場の北外れ撞木町(しゅもくちょう)には遊郭があり、その入り口を示す石柱一対が残っている。赤穂浪士大石内蔵助が敵の目を欺くため遊興したのは、仮名手本忠臣蔵にある祇園一力茶屋ではなく、実際はこちらの遊郭だったと言われる。

Kimg0168

ちょうど昼時になったので、塩分補給を主目的に、伏見区役所南の「玄屋」で「酒粕らーめん」なるものを頂いた。伏見名物清酒の副産物を生かした、粕汁のような味わいの一品だった。

Kimg0173

その2に続く。

4月19日 LSD28キロ
4月21日 ジョグ10キロ

| | コメント (0)

2019/04/18

ベートーヴェン 弦楽四重奏曲全集

Abq ピアノソナタ全集に続いて、ベートーヴェンの創作過程のもうひとつの柱である弦楽四重奏曲全曲を、初めて通して聴いた。こちらもかなり以前にアルバンベルク四重奏団による全集盤を買い求めていたが、ピアノソナタ全集と同様、「ラズモフスキー」や「セリオーソ」など、標題がついた作品を適当に摘み聴きしていた程度だった。特に後期のものは難解という先入観が強かった。

CDのライナーノートで、評論家の門馬直美氏が「ベートーヴェンにとって最も身近に感じられ、心情を吐露しやすい楽器はピアノだった。しかし、ベートーヴェンは、人生の微妙な問題となると、弦楽四重奏に頼ることが多かった。ベートーヴェンの弦楽四重奏曲は、交響曲や協奏曲などでしばしばみられるような、外部を意識した点が少しもない。すべて、外面的効果よりも、ベートーヴェンの心の奥深くからの声をきかせる」(抄録)などと書いているが、まさにその通りだと思う。

とりわけ、後期あるいは晩年のベートーヴェンの音楽については、弦楽四重奏曲なしには知ることができないという指摘は重要だ。最後のピアノソナタよりさらに後の最晩年に書かれた、第12番から第16番にかけての弦楽四重奏曲は、同時期の第九交響曲に聴く理想主義の熱狂とは対照的な、静謐にして内面的ないし瞑想的、哲学的ともいえる音楽が展開されている。しかし、その両者が表裏一体となったものが、ベートーヴェンの音楽の総体なのだとすれば、弦楽四重奏曲を聴かずして彼の音楽は語れないということになる。

ピアノソナタを含めて、これまで食わず嫌いだった彼の後期の作品も、今後は折に触れじっくり聴いていくことにしよう。年齢を重ねることで分かるということもあるが、何よりそれら長大な作品を聴き通せるだけの時間が確保出来ていることに感謝しつつ。

4月17日 ジョグ10キロ

| | コメント (0)

2019/04/15

『ダウンサイズ』

Downsizing 2017年、米。マット・デイモン主演。アマゾンの紹介文。

人口が増え続け、住みづらくなってしまった地球。科学の進化によって、なんと人間を1/14に縮小する技術が発見された。ネブラスカ州オマハに住む、いたって平凡な夫婦、ポール(マット・デイモン)と妻オードリー(クリステン・ウィグ)。低収入でストレスの多い日々を送る二人は、大金持ちで、大豪邸に住めるダウンサイズされた世界に希望を抱き、13cmになる決意をする。しかし、ミニチュア化したポールに待ち受けるのは予想外の人生だった・・・。(引用終わり)

ダウンサイズされた人間と元サイズの人間との生存競争がテーマかと思いきや、途中からは縮小された人間のコミュニティ内での出来事だけが続き、ちょっと肩透かしを喰らった。現代社会への風刺や、地球規模の危機への対応などが主要テーマで、そこにラブロマンスも絡んでという展開なのだが、いかんせん焦点がボヤけてしまい、中途半端な印象は否めない。前半の人間縮小のプロセスがとてもリアルで面白かっただけに残念だ。

しかし、「ジェイソン・ボーン」シリーズでの不死身ぶりから打って変わった、マット・デイモンのダメ男ぶりがまた板についていて、随所で笑いを誘う。ベトナム人女性に振り回された挙句、彼女と同じユニフォームに身を包んだシーンは噴き出してしまった。また、帰宅したポールに向かって彼の母が、「人を縮めたり 火星に行けるくせに 私の病気は治せない」と愚痴をこぼしているが、これは『オデッセイ』を踏まえたセリフだろう。

4月13日 LSD20キロ
4月15日 ジョグ10キロ

| | コメント (0)

2019/04/12

『羊と鋼の森』

Hituji 2018年、製作委員会。東宝配給。KINENOTE の紹介文。

北海道の田舎で育った外村直樹(山﨑賢人)は、高校でピアノの調律師・板鳥宗一郎(三浦友和)と出会う。彼の調律したピアノの音に生まれ故郷と同じ“森の匂い”を感じた外村は、調律の仕事に魅せられ、その世界で生きていこうと決意。専門学校に通ったのち、板鳥のいる楽器店で調律師として働き始める。いちばん年齢が近く兄のような存在である先輩・柳(鈴木亮平)に付きながら、調律師としての道を歩み始めた外村は、ある日、高校生姉妹、和音(上白石萌音)と由仁(上白石萌歌)に出会う。柳の調律したピアノを二人が弾くと、和音の音は端正で艶やかな音を奏で、由仁は明るく弾むような音色になるのだった。ときに迷い、悩みながらも、ピアノに関わる多くの人に支えられ、外村は調律師として人として逞しく成長していく……。(引用終わり)

本屋大賞を受賞した宮下奈都の同名小説を映画化。三浦しをん原作の『舟を編む』と同様、一般にはあまり知られていない職業に着目し、その仕事内容と苦労、やりがいなどを丁寧に描いた作品だけれど、どうしても地味な内容にならざるを得ないし、ストーリー的にも大きな盛り上がりはない。しかし、北海道の自然の美しい映像に加え、ピアノと自然音をうまくミックスした音声との相乗効果で、一篇の叙事詩を読むような美しく音楽的な作品に仕上がっている。

弦楽器であればボウイング、管楽器であればアンブシュアやリードなど、奏者自らの修練や工夫次第で楽器の音色はいくらでも変化するけれど、考えてみればピアノなど鍵盤楽器においては、奏者のタッチによる強弱やアタック(音の出だし)の変化はあるにせよ、楽器の音色そのものや響き方まではコントロールできないのだ。

その重要な部分を担っているのがピアノ調律師なのだ。長年クラシック音楽を聴いてきた自分だが、お恥ずかしながらピアノの調律師とは、楽器の音程のチューニングをする人のことだと思っていた。それももちろんあるが、打鍵メカニズムを調整する「整調」や、音色を調整する「整音」も、その仕事の重要な一部なのだ。

オーディオのグレードアップでピアノの音もより深く味わえるようになり、このところピアノ音楽への関心がにわかに強まっているが、そのウラには目に見えない調律師の仕事があるわけだ。映像での表現には限界があるけれど、本作を通じてその苦労の一端を窺い知ることは出来た。

4月11日 ジョグ10キロ

| | コメント (0)

2019/04/09

『ヴィジット』

Visit 2015年、米。M.ナイト・シャマラン監督。アマゾンの紹介文。

休暇を利用して祖父母の待つペンシルバニア州メイソンビルへと出発した姉弟。都会の喧騒から離れて、田舎での楽しい一週間を過ごす予定だった――その時までは。優しい祖父と、料理上手な祖母。しかし出会えた喜びも束の間、就寝時、完璧な時間を過ごすためと、奇妙な「3つの約束」“楽しい時間を過ごすこと” “好きなものは遠慮なく食べること” “夜9時半以降は部屋から絶対に出ないこと” が伝えられる。
この家は、何かがおかしい。夜9時半を過ぎ、異様な気配で目が覚める二人。部屋の外から聞こえるただ事ではない物音に恐怖を覚えた彼らは、絶対に開けてはいけないと言われた部屋のドアを開けてしまう。そこで二人が目にしたものとは――?(引用終わり)

予告篇の最後でシャマラン監督が「あなたは既にダマされている」と挑発しているが、上記紹介文からして既に観客を騙していると言わざるを得ない。まず、「3つの約束」の前2つは映画には登場しない。そちらは大して意味がないが、もうひとつ、もっと重要なことを敢えて伏せて書かれているのだ。

途中、そのことに気づかされるヒントは与えられているが、自分の場合は見逃してしまい、結果見事に騙されてしまった。種明かしをすればまあ納得のゆくストーリーだけれど、「ね、驚いたでしょ」と得意げに話を締めくくるいたずらっ子が、そのまま成人したようなシャマラン節は相変わらずだ。

全体は映画好きの姉が手持ちカメラで記録映画を製作する過程を追う「劇中劇」の構造になっている。両親の離婚のせいでそれぞれ心に傷を負った姉弟が、今回の事件の記録を通じてそれを克服し、前向きに生きていけるようになる今後が暗示されている。

また、結婚に反対されて実家を飛び出して以来、一切連絡を絶っていた彼らの母も、ついに「許し」を得ることが出来た。本物の「万能薬」を得ることになる「もうひとつのエンディング」の方が、ベタながら説得力があったような気がする。

4月7、9日 ジョグ10キロ

| | コメント (0)

2019/04/06

とりあえずバナナをやめる

なるべく糖質を摂らない食生活を心がけているけれど、最近になって果物もよろしくないらしいことが分かった。いつも参考にさせてもらっている、京都高尾病院江部康二先生のサイトによると、果物に含まれる果糖は脂肪合成を誘導しやすいうえ、健康に有害なAGEs(終末糖化産物)をブドウ糖よりも約100倍生じやすい。加えて、今日の果物は品種改良によりブドウ糖やショ糖も多く含まれていることから、糖質制限にとってはNG食材であるという。

ただ、上記事実は確実に言えるものの、果糖が生体内に入ってからの動態の詳細はほとんど解明されていないそうだから、今後の研究によってさらに新しい事実が判明する可能性がある。また、果物に含まれるビタミン類などを他の食材から摂取する必要があるけれども、基本的に果物はNGという前提で考えておかないといけないだろう。

そこで、とりあえずバナナをやめることにした。ランナーの補給食として定番のバナナだが、既にレースから引退してジョグかLSDしか走らない状態では、走る前後の糖質補給などさして必要がない。現役時代からの惰性で食べ続けてきたけれど、ひと房買ってもなかなか減らず、最後は変色する直前のものを食べる始末だったのだ。

あとは朝食時のリンゴ、キウィ、イチゴなどをどうするか。おいおい見直していこうと思っている。

4月5日 ジョグ10キロ

| | コメント (0)

2019/04/03

『デビル』

Devil 2010年、米。M.ナイト・シャマラン原案、製作。ジョン・エリック・ドゥードル監督。シネマトゥデイの紹介文。

高層ビルで男が墜落死し、現場に急行した刑事ボーデン(クリス・メッシーナ)は、ロザリオを握りしめた死体に違和感を感じつつも、状況から自殺と判断する。ちょうどそのころ、同じビルのエレベーターが突然停止し、閉じ込められた5人の男女が、照明が消えるごとに1人ずつ無残な死を遂げるという奇怪な事態が起きていた。(引用終わり)

ナイト・シャマランの原案を有望な若手が映画化する「ザ・ナイト・クロニクルズ・プロジェクト」の第1弾だそうだ。特典映像に顔を出している監督はかなり若いが、シャマランの支援はあるにせよ相当な腕の持ち主と思われる。

内容はエレベーターという密室を舞台に進行するホラーサスペンスであり、最後は宗教的ないしオカルト的要素を強くしつつ、想像もつかない結末が用意されている。若手にメガホンを持たせても、そこはさすがにシャマラン映画ならではである。

冒頭に聖書の引用があり、また結末もキリスト教に馴染みのない人間にはスンナリ腑に落ちないけれど、純粋にホラーサスペンスものとして楽しめる作品だ。80分の短い尺に纏めたのも良かったのだろう。「プロジェクト」はこれまた3部作らしいので続篇に期待したい。

4月1、3日 ジョグ10キロ

| | コメント (0)

2019/03/31

『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』

Okan 2007年、製作委員会。松岡錠司監督。オダギリジョー、樹木希林、松たか子ほか。映画.com の紹介文。

1960年代、オトンに愛想を尽かしたオカンは幼いボクを連れ、小倉から筑豊の実家に戻ると、妹の小料理屋を手伝いながら女手一つでボクを育てた。1970年代、15歳となったボクは大分の美術高校に入学、オカンを小さな町に残し下宿生活を始めた。1980年代、ボクは美大生となり憧れの東京にやって来るが、仕送りしてくれるオカンに申し訳ないと思いながらも学校へもろくに行かず自堕落な日々を送ってしまう。留年の末どうにか卒業したものの、その後も相変わらずフラフラした生活を送るボクだったが…。(引用終わり)

リリー・フランキーの自伝的要素の強い同名小説を映画化。若い頃さんざん母親に迷惑をかけた息子が、母親の最期を前に一生分の親孝行をする。その姿を見て、これも妻をさんざんな目に遭わせてきたオトンまでもが、静かにその最期を看取ることになる。

自身、癌のため昨年死去した樹木希林が、抗癌剤の副作用に苦しむシーンは胸が詰まった。そう言えば、彼女も夫内田裕也と長年別居していたのだった。二人の娘内田也哉子がオカンの若い頃を演じていて、もう本当に本人の若い頃としか思えない。

脚本は松尾スズキ。また、寺島進、小泉今日子、仲村トオル、板尾創路、六角精児、宮﨑あおい、柄本明といった有名俳優陣がチョイ役で続々と登場するのには驚いた。

3月30日 ジョグ10キロ
月間走行  164キロ

| | コメント (0)

2019/03/28

ベートーヴェン ピアノソナタ全集

4781821 1992年から96年にかけて録音された、アルフレッド・ブレンデルによるベートーヴェンのピアノソナタ全32曲を初めて通して聴いた。だいぶ前に全集盤を買い求めていたが、3大ソナタなどを適当に摘み聴きしていた程度で、せっかく全集を買った意味がない状態が続いていた。迫力ある音響や多彩な音色の変化を楽しめる管弦楽曲に比べ、ピアノ1台による演奏では飽きるという先入観があり、なかなか手に取る機会がなかった。

今になって考えると、スピーカー買い替え以前の再生環境では、本来のピアノの音が鳴っていなかったという気がする。弦楽器や管楽器と違い、打鍵した瞬間から減衰するピアノの音の再生は特有の難しさがあるのだろう。さらに、同時に奏でられる複数の音が楽器の筐体内で相互に共鳴し、あるいは干渉して生まれる非常に複雑な音空間を再現するのは容易ではない。

しかし、それがきちんと再生されなければピアノ音楽を十分に楽しむことは出来ないし、ましてや作曲当時まさに発展途上にあったピアノという楽器の可能性を極限まで追求したベートーヴェンの意図を聴き取ることは難しかろう。

それが昨秋以降スピーカーを新調してアンプのメンテをして以来、再生音のクオリティが飛躍的に向上し、ピアノについてもこれまでとは次元の異なる音質で再生されるようになった。ピアノの音は決して平板なものではなく、艶と深みをもった音色は奏者のタッチによって千変万化し、立体感や奥行きのある残響となってホールを満たす。これまで聴いていたのは一体何だったのかという思いだ。

というわけで、もちろん一気にではないけれど、全32曲を通して聴いていて、全く飽きるということがなかった。まだハイドンやモーツァルトの影響を脱していない初期の作品から、次第に彼自身の語法を確立し、楽曲構成においても様々な革新的試みを続け、ついには後期のソナタにおける高みに到達した彼の創造の過程を、たいへん興味深く辿ることが出来た。

次は弦楽四重奏曲全集に挑戦しようと思っている。どんな発見があるだろうか。

3月26、28日 ジョグ10キロ

| | コメント (0)

2019/03/25

何を今さらフォームの修正

先々週から先週にかけて、いつもは公苑を4周、10キロ走るジョグが8キロになっていた。途中から右膝の腸脛靭帯辺りに違和感が出て、大事をとって3周目で切り上げていたのだ。今月上旬に久々の40キロLSDをやった後遺症かもしれないが、その直後のジョグでは何ともなかったというのに。

先週22日も「なぜだろう」と考えながら走っていて、ふとこの痛みは昔経験したのに似ていることに思い至った。このブログを始めた頃、ボストンマラソンの後遺症と思われる左膝の痛みが、実は間違ったランニングフォームが原因だったのを発見し、骨盤前傾を意識したフォームに修正したら痛みがなくなり、その後の自己記録更新に繋がった経験である。

もうレースから引退し、ペースがどうのタイムがどうのという走りをしなくなって、フォームを意識しなくなっていたのだろう。知らず知らず、ボストン以前のそっくり返ったような体勢に戻っていて、その結果また膝を痛めてしまったというわけだ。14年前のことを思い出し、ただちにフォームを修正したら、それ以降違和感は収まり、無事4周目も走り切れた。

本当にもう何を今さらだけれど、今後も街道走りや廃線ランを楽しむため、また健康維持のため走り続けるには、やはり正しいフォームで走り続けるに越したことはない。

(追記)
ココログリニューアルの不具合により、前の投稿では行間が空いてみっともなかったので新たに書き直し、前の記事は削除することにしました。頂いたコメントも同時に削除せざるを得ませんでしたのでご了承願います。

3月24日 ジョグ10キロ

| | コメント (0)

«『スプリット』