2017/10/18

くびき野レールパーク

翌14日は、上越市頚城区百間町にある「くびき野レールパーク」を訪れた。昭和46年に廃止された頚城鉄道(新黒井-浦川原間、約15キロの軽便鉄道)の機関庫跡地を利用して作られた施設であるが、年に数日の一般公開時以外は立ち入ることが出来ず、今回の旅行がそれに合わせたものであることは言うまでもない。(笑)

機関車コッペル2号、ディーゼル機関車DC92、内燃客車ホジ3など、往時の車両などが保存、展示されている。DC92とホジ3は動態保存されていて、一般公開時には実際に構内を走らせ、来訪者は体験乗車が出来る。乗車自体は無料だが、募金箱に若干の寄付をさせてもらった。

先頭のコッペル2号はいわば飾りで、運転士が乗っている2両目のDC92が実際の動力源である。前進後退を繰り返す大活躍だったが、出発早々いきなりエンストしたのはご愛嬌だった。

Ts3r0067

こちらはホジ3。なんとものんびりした走りっぷりだ。乗客もさることながら、ボランティアで関わっている、おそらくは根っからの鉄道ファンのスタッフたちの嬉々とした表情が印象的だった。

Ts3r0063

前回の駿遠線など、軽便鉄道の廃線は何度か走ったが、こうやって当時と同じ車両が実際に動いている様子は大変に興味深かった。

10月17、18日 ジョグ10キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/15

北陸本線旧線ラン

13日、北陸本線の直江津-浦本間の旧線跡を走った。明治時代に開通した北陸本線のこの区間では、特殊な地質条件から地滑り災害が多発したため、内陸側を長いトンネルで抜ける新ルートに変更されることになった。多くの破砕帯に遭遇するなど建設工事は難航したが、新線は昭和44年に開通、海岸沿いの旧線は廃線となった。

旧線跡の大部分は昭和52年に久比岐自転車道(正式名称「一般県道上越糸魚川自転車道線」、全長約32キロ)として整備され、日本海を一望する風光明媚な自転車歩行者専用道路となっている。今年は開通40周年ということで、先月には記念フェスティバルが開催されたようである。

朝方まで雨が降り続いていたが、直江津のホテルを出発する頃にはちょうど上がってくれた。自転車道の直江津側スタート地点、郷津(ごうづ)までは路線バスを利用。乗客は自分一人だった。日本海の荒波の音を聞きながら、午前9時前にスタート。

Ts3r0005

間もなく、フィッシングセンター(左側の黄色い桟橋)があり、この付近に旧郷津駅があったと思われる。

Ts3r0006

約2キロの地点で現行線と合流すると、まもなく谷浜駅である。歩道橋の左に構内跨線橋が見える。

Ts3r0007

谷浜駅を過ぎて間もなく現行線と別れ、長浜トンネルに入る。

Ts3r0009

桑取川を横断していたレンガの橋脚跡が残る。右奥は現行線のトンネル。

Ts3r0010

再び現行線と合流、線路下ではレンガの小さな橋脚が今も現役で活躍中である。

Ts3r0012

有間川駅の先で再び現行線と別れて海岸沿いを走り、いくつかのトンネルを潜る。不動滝など大小いくつもの滝や湧水が随所に見られ、付近の地盤が軟弱なのも頷ける。また、大きな波が打ち寄せる海岸近くでは、サーフィンに興じる人々の姿も見える。

Ts3r0016

名立(なだち)の集落を過ぎてしばらくすると、上越市から糸魚川市に入る。次第に視界が開けてきて、水平線まではっきりと見えるようになった。天気が良ければ能登半島や佐渡島を望むことも出来るそうだ。

Ts3r0023

筒石の集落に入ると、橋脚跡に何と保育園が建っている。

Ts3r0026

能生(のう)集落に入る手前にトットコ岩がある。地元の言葉でニワトリを意味する「トットコ」が、餌を啄んでいるように見えるところから名づけられ、岩の上には祠が置かれている。

Ts3r0033

ちょうど昼どきになったので、道の駅マリンドリーム能生で昼食休憩を取る。申し遅れたが、今回の旅行は家内と一緒で、後のバスでここまで来た家内と合流して、残り10キロ強は一緒に走ることにしていたのだ。

Ts3r0036

能生の役場前に旧能生駅跡の記念碑、338キロポスト、「工」印の境界杭があった。

Ts3r0038

木浦(このうら)川を渡ると、西性寺の大きな瓦屋根が見える。この辺りでは黒光りするような瓦を多く見かけたが、雪の多い気象条件と何か関係がありそうだ。

Ts3r0039

海岸沿いに、いかにも廃線跡という光景が続く。

Ts3r0040

浦本駅付近で現行線と再び合流する。旧線跡はここまでで、廃線ランとしては終了であるが、自転車道は海岸の堤防沿いにさらに2キロほど続く。帰りの列車の時刻までまだ時間があるので、のんびり歩いて時間調整することにした。15時半に無事ゴール。

Ts3r0044

ここから、国道8号沿いに梶屋敷駅まで歩き、日本海ひすいラインで直江津まで引き返す。キハ122形ディーゼルカーがたった1両、長いホームの真ん中に発着、北陸本線の電化複線線路を行くありさまは一種異様である。

新幹線開通とともに並行在来線は第3セクターに移行する宿命だが、本数も少なく地元民の足としてはかなり不便になったのではないだろうか。ICカード対応するだけの余裕もないようで、車掌に整理券を渡して現金で支払うシステムだ。「車内補充券」を貰ったのはいったい何年ぶりだろうか。(苦笑)

Ts3r0048

10月13日 LSD31キロ
10月15日 ジョグ10キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/12

@直江津

新潟は直江津という所に来ている。明日、北陸本線旧線の廃線ランをするためである。今日はとりあえず、新線(現日本海ひすいライン)との分岐点にある交通公園を訪れた。D51が静態保存されている。近づいてみて改めてその巨大さを実感した。

Ts3r0002_2

その傍には、珍しい「双頭レール」の切断片が展示されていた。説明によれば、「汽笛一声」の新橋-横浜間で使用されていた由緒あるもので、いかなる経緯か直江津機関車庫の補強材に使われていたそうだ。へえ。

Ts3r0004

10月11日 ジョグ10キロ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/10/10

コンパクトキーボード

を購入した。旅先などでパソコンがなくタブレットだけという場合でも、文章を入力しやすくするためである。タブレットの画面に現れるキーボードは小さくてブラインドタッチが出来ないし、フリック入力は慣れない上に、やり過ぎると腱鞘炎になるそうだ。

というわけで、簡易版でもキーボードがあるに越したことはない。ネットで調べてみると、折り畳み式のものなど、各種商品が販売されている。面白いことに、サイズが小さいほど値段が高くなっている。

今回選んだのはバッファロー社の製品。サイズは8インチタブレットより若干横に長い程度。厚さ約6ミリ、重量は約150グラムと、非常にコンパクトである。タブレットとは Bluetooth で接続し、内蔵されたリチウム電池はUSB経由で充電する仕組みだ。

Ts3r0036

試しにワードで文章を打ってみたが、各キーの位置感覚に少々とまどう以外は特に問題なかった。保存したファイルをメールで自分宛に送ることも出来るので、パソコン上での再編集も可能だ。というか、もはやパソコンは不要になるかもしれない。(苦笑)

10月9日 LSD20キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/07

『ブレードランナー』

Blade_runner1982年、米。リドリー・スコット監督。ハリソン・フォード主演。映画ドットコムの紹介文。

2019年、惑星移住が可能になった未来。レプリカントと呼ばれる人造人間が謀反を起こし、地球に侵入。レプリカント専門の捜査官“ブレードランナー”のデッカードは追跡を開始する。一方、彼は製造元のタイレル社でレイチェルというレプリカントに会い、心を通わせていくが……。熱心なファンによって支持され、カルト化したSFハードボイルド・アクション。(引用終わり)

2019年、近未来のロサンゼルスが舞台というけれど、もう再来年のことになってしまった(笑)。惑星移住も、空飛ぶ乗用車も、酸性雨による都市の荒廃も、まだ現実のものとなっていないが、妙な日本語や中国語の看板が氾濫する、薄暗いロサンゼルスの街並みは独特な世界観を表している。

1982年公開というから、まだCG、VFXの技術はなかったはずだが、特殊撮影でここまでの映像が作られたことは驚嘆に値する。また、文明の進歩で生まれた人造人間の宿命と悲哀を考えさせる内容は、単なるSFアクションの枠を超えた深みをもっている。ラスト近く、ビルの屋上で「TDK」のネオンをバックに、ロイが辞世の詩を語る場面は感動的だ。

当初公開版ではレプリカントの人数に誤りがあったことなどから、「デッカード自身もレプリカントではないのか」という見方が生まれた。スコット監督自身もそのアイデアが気に入っていたそうで、後にそれを示唆するシーンを追加するなど再編集が行われた。今回観た2007年の「ファイナル・カット」版でも当然それらが含まれ、音声解説の中で監督自身が説明を加えている。

さて、そうなると逃走したデッカードとレイチェルのその後が気にかかるが、実は本作を観終わって、この記事を書くためにネットで検索していたら、何と今月末に続篇『ブレードランナー2049』が公開されることを知った。偶然にしても出来過ぎた話である。

10月5、7日 ジョグ10キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/04

『許されざる者』

Unforgiven_41992年、米。クリント・イーストウッド監督、主演。ジーン・ハックマン、モーガン・フリーマン他。アマゾンの紹介文。

19世紀末のワイオミング。かつては列車強盗や殺人で悪名を馳せていたウィリアム・マニー(クリント・イーストウッド)も、今は農夫として2人の子供とひっそり暮らしていた。そんな彼のもとに、若いガンマンが賞金稼ぎの話を持ちかける。躊躇したマニーだが、今の生活では子供達を育てることはできない。彼は二度と握らないと誓った銃を手にすることを決意し、昔の相棒ネッド(モーガン・フリーマン)とともに、3人で町へと向かった。だが町では恐るべき保安官ビル・ダゲット(ジーン・ハックマン)が彼らを待ち受けていた――。(引用終わり)

普通の西部劇であれば、主人公マニーがヒーローで、悪役の保安官ビルをやっつける物語…となるところだが、本作はそれほど単純ではない。

マニーにしても、かつては冷血の凶悪犯であったし、丸腰の男を撃ち殺したことで、ビルから「最低の卑怯者」と罵られる始末だ。一方のビルも、町の治安を守るために体を張って頑張っていると言えなくもない。誰が善人で誰が悪人かなど、簡単に色分けできるものではない。

本作は西部劇の体裁を取りながら、単なる勧善懲悪劇の次元を超えて、西部開拓時代の現実を残酷なまでに再現してみせた作品である。度重なる暴力シーンはそれを描写するために不可欠なものだ。しかし、その暴力が生みだすものは人間性の崩壊しかなく、最も許されざるものは暴力だというメッセージが伝わってくる。

マニーが町を立ち去る際の、「女たち(娼婦)をもっと人間らしく扱え!」という最後の台詞ともあわせて、この作品はすぐれて現代的な意義を持っている。一部に言われるような「最後の西部劇」とか、「西部劇を殺した」という評価は、全く当を得ていないように思う。

10月3日 ジョグ10キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/01

素人寄席

今日は町内会の一斉清掃&親睦会に参加した。毎年恒例の行事であるが、親睦会の内容はその年の役員の発案次第で、これまでは集会所でカラオケ宴会というのが定番だったが、今年は近くのホテルの宴会場で、フルコースの食事&落語会という趣向となった。

と言っても、さすがにプロの演者を呼ぶほどの資金はないので、アマチュア落語家がノーギャラでやっている「出前寄席」を利用したものである。それでも、彼らは大阪天満天神繁昌亭で行われた落語家入門講座を修了したメンバーで、芸名も桂三枝(現文枝)師匠につけてもらったものだそうだ。

Rakugo

今日は天神亭みょう雅が「転宅」、天神亭神山(かみさん)が「子ほめ」を披露。ちゃんと平台に緋毛氈を敷き、BGMで出囃しを流しての本格的な高座である。さすがにプロ同様とはいかず、ちょっとした言い間違いや滑舌の悪さはあったものの、落語を愛する演者の気持ちは十分に伝わってきた。

さて、来年度は自治会の役員が回ってくる。何かいい企画はないだろうか。

9月30日 LSD40キロ
月間走行 186キロ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017/09/28

さらば、メガネ

白内障手術から1か月が経過した。直後は白目の半分が真っ赤に充血し、まるで赤目の牛みたいになっていたが(笑)それも治まり、これまでのところ経過は順調である。手術した右目は、日常生活に十分な視力が裸眼で確保できている。これまで使っていたメガネは当然使えないので、左目だけ弱めのコンタクトレンズを処方してもらった。

それにしても、高校時代から世話になったメガネから解放されることの心地よさといったらない。視界の広さ、歪みのなさもさることながら、人並み外れた汗かきの体質なので、鼻の頭などを拭う際のひと手間が省けるだけで本当に助かる。

問題は、左目の方もピントが合いづらくなってきていることで、老眼のせいもあるかもしれないが、こちらも白内障の兆候が出ている可能性がある。早晩左目も手術することになって、右目と同じ状態に出来れば、さらに視界良好となることだろう。早く発症しないかと、むしろ期待しているぐらいだ。(笑)

9月26、28日 ジョグ10キロ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/09/25

『盗聴者』

Lombre2016年、ベルギー、フランス。WOWOWの紹介文。

保険会社で働く真面目な男性デュバルは几帳面なために仕事を多く抱え過ぎ、不眠症とアルコール依存症の両方に悩むように。2年後、失業したデュバルは突然、初対面の男クレマンから仕事を頼まれる。それはあるアパルトマンの一室で盗聴された会話音声などをたったひとりで聴き、タイプライターで文字起こしするという不思議な仕事だ。会話音声では政府の関係者らしき人々が話しており、デュバルは自分の仕事が危険だと感じるが…。(引用終わり)

主人公デュバルが引き受けた仕事は、実はフランス政界の闇に繋がっていた…というストーリーなのだが、その内容に関する説明が断片的で、非常に分かりくい。そのため、それがテープ起こしの仕事とどう関係していたのかという、作品のキモのところがモヤモヤしたままで終わってしまった。

お人よしで小心者のデュバルは、政界の黒幕に体よく利用されただけということのようだが、秘密の仕事をしている最中に突然入って来た男を疑うことなく、言われるままにテープを渡してしまう場面は、いかな彼でもあまりにも不自然という気がした。

9月23、25日 ジョグ10キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/22

奥明日香天空展望台

なるものが最近出来ていて、芋ケ峠の手前にも案内が出ている。以前から気になっていたが、ついに昨日、現地まで走って行ってみた。栢森集落から東へ。急な山道を喘ぎなら登って行くと、入谷(にゅうだに)という集落があり、その外れの大仁保神社の境内にそれはあった。

Ts3r0033_2

標高450メートル。芋ケ峠の頂上が大体500メートルだから(年々高くなっているという説もあるが・笑)、それよりは若干低いけれども、金剛、葛城方面を一望する眺めは抜群である。無料の望遠鏡を覗いてみたら、二上山の向こうに大阪平野や六甲の山並みが望め、あべのハルカスと思われるビルがぼんやりと見えていた。

Ts3r0031

なお、手前に駐車場はあるが、そこから750メートルほどの急坂を徒歩で上がることになるので、訪れる人は少ないと思われる。また、入口には獣対策のフェンスが張られている。最初は「ここまで走ってきたのに閉鎖なのか」と落胆しかけたが、施錠はされておらず、各自でチェーンを外して入ることが出来る。

入谷から栢森に下りて来ると、秋分の日を予告するように彼岸花が咲き始めていた。

Ts3r0035

9月21日 LSD20キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«『グッドフェローズ』