2017/11/18

作務衣

ふだんの部屋着として、初めて作務衣(さむえ)を購入した。もともと禅寺で作務(日常の雑務)を行う際の衣装で、非常に動きやすく機能的に出来ている。袖と裾がゴム入りで、邪魔にならないところが良い。紐で絞るのが本当らしいが、「お寺様のご意見をもとに開発された」実用本位の改良版なのである。

Ts3r0005

着ていると「和」の気分になり、どこか心が落ち着く。また、これで日本茶を飲むと、ひときわ美味しく感じられる。家族の評判も意外によろしい。(笑)

実はこれ、きょう50代最後の誕生日を迎えた自分への、自分自身からのプレゼントなのである。それなりに歳をとって、いろいろ趣味嗜好が変わりつつあるのを実感する。おっと、家族からも素敵なプレゼントをもらっているので念のため。

11月17日 LSD40キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/16

『夜の大捜査線』

Heat1967年、米。シドニー・ポワチエ、ロッド・スタイガー他。ウィキペディアの紹介文。

アメリカ南部の小さな駅に夜行列車からひとりの黒人(シドニー・ポワチエ)が降り立った。町では折しも有力者の殺人事件が発生。パトカーの警官がうだるような熱帯夜のなかを巡回していた。人種偏見の強い地方であるために、駅の待合室にいた「よそ者」の黒人は、巡回中の警官によって容疑者として連行され、署長(ロッド・スタイガー)の前に突き出されてしまう。しかし、あからさまな侮蔑と嫌悪にさらされているこの黒人の男は、フィラデルフィア警察の殺人課、敏腕刑事ヴァージル・ティッブスだった。
滅多にない殺人事件に手を焼く田舎町の警察は、地元市長からの圧力もあって、屈辱感を覚えつつも都会のベテラン刑事ティッブスに捜査協力を依頼する。白人署長はもともと頑固な差別主義であったが、次第にティッブスの刑事としての能力に一目置くようになる。ただし、人種偏見が根強い町であるために、捜査には困難が常につきまとう。
事件はようやく解決し、ティッブスと署長との間には奇妙な友情のようなものが生まれていた。ティッブスが町を去る日、駅には彼を晴れやかな表情で見送る署長の姿があった。(引用終わり)

「夜の大捜査線」という邦題から、夜の大都会を舞台に多数の警察官とパトカーが登場する派手なアクションものを想像していたが、全く違っていた。舞台はミシシッピの片田舎で、捜査に当たるのはティッブスと白人署長、それにサム巡査の3人だけ。殺人事件そのものも、犯人、動機、殺害方法、いずれをとっても月並みな、まことにショボい事件としか言いようがない。

しかし、この映画の価値は殺人事件の捜査そのものより、当時の黒人差別の現実、それを跳ね返すティッブスの名推理、次第に彼の真価を認めざるを得なくなる署長の心理などが、説明は最小限ながら実に巧みに描かれているところにあるだろう。

何と言ってもポワチエのクールな表情がハードボイルトそのものであるし、クインシー・ジョーンズの音楽がそれにぴったり合う。ただ、それ以上に白人署長を演じたロッド・スタイガーが大変いい味を出していて、台詞なしでも署長の内面心理が十分に伝わる名演技である。

11月15日 ジョグ10キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/13

吉井瑞穂、N響に客演

昨日放映されたNHKクラシック音楽館はN響第1868回定期で、曲目はブラームスの交響曲第3番と第2番、指揮はクリストフ・エッシェンバッハ、コンサートマスターは篠崎史紀である。ただ、オーボエのトップはいつもの青山聖樹や茂木大輔ではなく、長い茶髪を後ろにまとめた若い女性が吹いている。

見覚えのある顔だと思ったらやはりそうで、マーラー室内管弦楽団(MCO)の首席、吉井瑞穂その人だった。N響でトップを張れる女性奏者と言えば、私の知る範囲ではこの人しかいない。N響がついにスカウトしたのかと思いきや、実は青山、茂木両氏は事情があって出演出来ず、偶然日本にいた吉井に客演の要請があったようである。

思えば、2006年のMCOの京都公演(メインは同じブラームスの第2番!)で初めてこの人の演奏に接して大変驚いたものだが、もうあれから11年になるのだ。2014年にはベルゲン国際フェスティバルのMCO演奏会でも実演に接した。既にベルリン・フィルやバイエルン放送響ほかドイツの主要オケに客演するなど、確実にキャリアを重ねてきたようだ。

演奏はお見事の一語に尽きる。N響との共演はおそらく初めてと思うが、元々オケの一員であったかのように、全く違和感なく溶け込んだ上で、ちゃんと彼女自身の表現が出来ている。およそプロ奏者であれば、初顔合わせでも破綻のないアンサンブルは出来るだろうが、彼女の場合はそんな次元ではなく、音楽的にもっと高度なレベルでそれを成し遂げている。N響メンバーも今回の共演が楽しかったに違いない。終演後には楽員からもひと際大きな拍手を受けていた。

既に結婚していて、お子さんもいるらしい。「欧州~鎌倉を行ったり来たり」の生活には苦労もあるだろうが、今後ますますの活躍を期待したい。

11月13日 ジョグ10キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/12

高砂線廃線ラン

旧国鉄高砂線(加古川~高砂港間約8.0キロ)は、もともと播州鉄道が高砂港からの物資輸送を目的に大正2年に開業した路線で、その後、播丹鉄道を経て昭和18年に国有化され、国鉄高砂線となったものである。しかし、旅客需要は山陽電鉄や神姫バスに奪われて低迷し、沿線にあった国鉄高砂工場の廃止と第二加古川橋梁の老朽化が決定打となり、昭和59年11月末をもって廃止となった。廃線跡は大部分が道路に転用されている。

起点の加古川駅からスタート。ただし、ここから南西に向かう路線であるにもかかわらず、北東方向へ向かう加古川線と一旦並走してから東に分岐、やがて山陽本線を南へオーバークロスしていた。これは、高砂線がもともと国鉄ではなく播州鉄道の路線で、同じ会社の加古川線と接続させたためであろう。

左が現在は高架化された加古川線谷川方、右は山陽本線神戸方である。

Ts3r0039

加古川線から高砂線が分岐していたと思われる箇所、その方向にコンクリート橋梁の一部のようなものがあった。高砂線の遺構かもしれない。

Ts3r0040

その先は真新しい住宅が建っているが、一部に空き地を残している。

Ts3r0042

その先では線路のカーブに沿って新しい住宅が建ち並び、庭先の車はまるでゲートインした競走馬を連想させる(笑)。往時はこの付近から築堤となって、まだ高架化されていなかった山陽本線を越えていた。

Ts3r0043

山陽本線を越えると道路転用された部分に入り、左手に加古川グリーンシティのマンション群を見ながら進む。

Ts3r0044

間もなく野口駅跡に到着。駅名標のレプリカと台車が置かれている。加古川市役所のまん前にあり、それなりに旅客需要はあったのではないかと思われる。

Ts3r0036

さらに進むと、国道250号と交差する手前の鶴林寺駅跡を経て、別府鉄道同様、山陽新幹線と山陽電鉄を連続してアンダークロスする。山陽電鉄尾上の松架道橋は、レンガ造りの当時の姿をとどめている。

Ts3r0046

この先に尾上駅跡があり、駅名碑と車輪が置かれている。並行する山陽電鉄の尾上の松駅も、かつてはこの付近にあったそうだ。

Ts3r0051

やがて廃線跡は未舗装のままとなり、一部は近隣住民が家庭菜園として利用しているようだ。

Ts3r0055

小規模な川を渡る橋梁が3箇所ほど残っており、今回の廃線ランでは最も廃線らしい風景に出会った。

Ts3r0057

折角なので築堤を下り、赤茶色の錆だらけの鉄橋をしばらく眺めた。

Ts3r0059

残念ながら、山陽電鉄と並行して加古川を渡っていた第二加古川橋梁は既になく、泳いで渡るわけにもいかないので(笑)、約600メートル下流の県道相生橋まで迂回せざるを得ない。

Ts3r0063

再び廃線跡に復帰、しばらくすると高砂北口駅跡である。現在は駐輪場として利用されているが、線路跡に沿って建ち並んだ建物が当時の風情を残している。

Ts3r0067

その先に国鉄高砂工場などへの引込線との分岐点があり、転轍機と腕木式信号機が残されていた。

Ts3r0071_4

Ts3r0073_2

間もなく高砂駅跡に到着。ここにも車輪が置かれている。

Ts3r0083

時代に取り残されたような駅前商店街のアーケードが、何とも言えない哀愁を漂わせている。

Ts3r0081_2

こちらはもっと凄い。梅ケ枝湯という銭湯だが、いまだに薪で焚いているそうで、ほとんど文化財的価値がある。経営者は…きっと湯婆婆に違いない。(笑)

Ts3r0074

高砂神社付近をさらに高砂港駅跡に向けて進む。

Ts3r0086

殺風景な工場地帯.の中を進むと、やがて高砂港岸壁に到達する。この付近に高砂港駅があったそうだが、現在は広大なセメント工場の一部となっている。

Ts3r0089

廃線ランはここで終了。高砂神社前バス停まで戻り、加古川駅前行きバスを待っていたら、鳥居の下で七五三の晴れ着を着た子供が、家族とともに写真に納まっていた。

11月10、12日 ジョグ10キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/09

別府鉄道廃線ラン

先日、兵庫県加古川市を走っていた別府(べふ)鉄道の廃線跡を走った。8月にラン友&飲み友の四代目さんに教えてもらった路線である。あわせて、別府鉄道と接続していた旧国鉄高砂線跡も走ったが、それは便宜上別の記事としたい。

別府鉄道は、親会社の多木製肥所(現多木化学)の肥料製品を積み出すための鉄道として、大正10年に野口線(野口~別府港間約3.7キロ、野口で旧国鉄高砂線と接続)、同12年に土山線(別府港~土山間約4.1キロ、土山でJR山陽本線と接続)が開業した。旅客輸送も行って地域住民の足として親しまれていたが、1980年代に入って旧国鉄の貨物営業縮小の影響を受け、主目的の貨物輸送が出来なくなったことから、昭和59年1月末をもって両路線とも廃止となった。廃線跡は大半が遊歩道に転用されている。自転車も通行可能だが、そもそも距離が短い上に随所にバリアが設けられ、サイクリングロードとしては適しない。

全体をなるべく「一筆書き」で走るため、両路線の起終点と逆順になるが、JR土山駅前からスタート。11月とは思えないたっぷりの陽射しが有難い。駅のすぐ北側から、廃線跡を利用した遊歩道「であいのみち」が始まっている。安心して歩けるせいか、子供連れや高齢者の姿が目立つ。

Ts3r0004

やがて大中遺跡公園に入ると、播磨町郷土資料館の裏にディーゼル機関車DC302と客車ハフ5が静態保存されている。残念ながらこの日は資料館の休館日だったため、中に立ち入ることは出来なかった。

Ts3r0007

公園を出ると道路転用部分に入る。川崎車輌工場前信号所があった辺りに、貨車ワ124が野ざらし状態で置かれている。ただ、塗装をやり直したのか、黒光りする車体は健在である。

Ts3r0011

国道250号明姫幹線と交差する場所には中野駅があったが、今は何の痕跡もない。やがて山陽新幹線および山陽電鉄をアンダークロスする。山陽電鉄のガードは単線分の幅しかなく、車はお互いに道を譲り合って通行している。

Ts3r0014

この先で線路は左にカーブして野口線跡と合流、しばらく南下すると別府港駅跡に到着する。今も不動産管理会社として存続する別府鉄道の本社があり、タクシー部門が独立した別府タクシーの営業所と車庫もあった。社章は親会社の多木グループ共通で、いかにも肥料会社らしく、鍬(すき)を交差させた形になっている。

Ts3r0015

再び北上し、今度は野口線の廃線を走る。こちらはほぼ全線が「松風こみち」として整備されている。沿道には松が植えられ、100メートル毎に距離表示もなされている。高架の山陽電鉄別府駅ホームをアンダークロスした先が別府口駅跡である。

Ts3r0018

坂井駅跡の手前、踏切があった場所にはレールの跡が残る。

Ts3r0023

円長寺駅跡を過ぎたところにある公園に、昭和6年製のガソリン車キハ2が静態保存されている。前後に荷台を装備した車輌は全国的にも珍しいという。

Ts3r0026

藤原製作所前駅跡を経て、別府川を渡る鉄橋が今なお現役として活躍している。

Ts3r0032

間もなく野口駅跡に到着、これで別府鉄道全線踏破である。旧国鉄側のモニュメントがあったが、これは別記事で。一旦、最短距離で加古川駅まで走り、駅前で昼食をとる。

11月8日 ジョグ10キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/06

東海道を走る その20(四日市~亀山)

日永追分を右へ進む。江戸から伊勢参りの旅人はここを通らず、また京大坂からの伊勢参りも別の道を使ったので、この先の区間は東海道中でも通行量が少なく、次の石薬師、庄野宿は甚だ振るわない宿場だったそうだ。そのせいか、街道は心なしか鄙びた風情に変わり、やがて内部(うつべ)川を渡ると、杖衝(つえつき)坂に差しかかる。

Ts3r0124

日本武尊が東征の帰途、あまりに疲れて杖を突いて越えたというのがその名の由来である。また、坂を越えた日本武尊が「吾が足は三重の勾(まがり)の如くして甚(いと)疲れたり」と言ったことから、三重という地名が生まれたという。

再び国道1号と合流、分岐を繰り返すと、やがて石薬師宿に入る。街道の原風景のような光景に、また思わず新日本紀行のテーマ曲が頭の中に流れる。

Ts3r0126

広重の「石薬師」は鈴鹿山系を背景に、石薬師寺門前の街並みを描く。

Ishiyakushi

寺の山門前三叉路の現在の風景。

Ts3r0130

宿場を出たところに一里塚があり、その先に旧街道の痕跡と思われる地道(左前方)が残っていた。峠道や石畳を除き、未舗装のまま残る街道痕跡は初めて見たような気がする。

Ts3r0134

ただし、この先はJR関西本線と国道1号で分断され、迂回しながら進むと、やがて庄野宿に入る。その手前、JR加佐登駅付近の光景。

Ts3r0137

なんでもない景色にしか見えないが、この辺りが広重の五十三次中屈指の名作「庄野」が描かれた場所と言われている。急な雨に慌てて走り出す旅人と籠屋が、今にも動き出しそうだ。

Shouno

前の石薬師同様の鄙びた街道筋に、油問屋だった小林家住宅(嘉永7年)を利用した庄野宿資料館があった。古文書などに混じって、天和2年などの高札の現物5点が展示されていた。写真はNGだったが、今も文字の痕跡が残る高札の現物は初めて見た気がする。

Ts3r0140

この付近は複数の川が合流し、度々水害に見舞われた場所だったそうで、「川俣神社」が3箇所もあり、宿場の外れには「女人堤防」の痕跡が残る。勝手に堤防を作るのは許されなかった世に、女ならまだ罪が軽いだろうと、重罪覚悟で堤防を築いた女性たちがいたのだ。一旦捕えられたものの許しが出て、褒美を与えられたという。

Ts3r0144

安楽川を渡った先に道標が2基ある。「右のゝぼり」とあり、庶民には「ののぼりさん」と呼ばれた野登寺(やとうじ)への道標であるが、左の古い道標の下半分は地中に埋まっている。

Ts3r0148_2

椋川を渡ると、今度は元禄3年の道標が建つ。「従是神戸 白子 若松道」とある。亀山城下から若松港に至る重要な分岐点だったのだ。

Ts3r0149

ちなみに、この付近で下校中の小学生の男の子から「こんにちは。今日は暑いなあ」と声をかけられた。「暑い」の「あ」が高いアクセントで、ようやく関西の圏内に入ったことを実感した。亀山宿に入る手前に和田一里塚が復元されている。江戸から104里である。

Ts3r0151

亀山の市街地にも宿場町の風情が残る。

Ts3r0152

広重「亀山」は、夜明けのグラデーションを背景に、雪景色の中を亀山城に入る大名行列を大胆な構図で描く。

Kameyama

この日は秋晴れの下、亀山城跡に向かう坂道を高校生たちが自転車を押していた。

Ts3r0156

今回の行程はこれにて終了。予定どおり、亀山駅前の郵便局で荷物を受け取り、コミュニティバスに乗って亀山市総合保健福祉センター「白鳥の湯」に向かう。市役所職員たちが働くすぐ横に温泉の受付があり、まるで不条理劇の舞台セットのようだ。(笑)

駅前に戻って夕食を取り、2時間強で自宅まで戻って来られた。さて、次回はいよいよ鈴鹿の峠越え、そして京三条大橋のゴールが待っている。

11月4日 ジョグ10キロ
11月6日 LSD20キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/03

東海道を走る その19(桑名~四日市)

桑名駅から東に1キロ強走って、渡し場跡に到着。昭和34年の伊勢湾台風で甚大な被害を受けたため、渡し場の前には頑丈な堤防が築かれている。

Ts3r0071

広重の「桑名」は、桑名城を背景に、渡し場に着いて帆を下した船を描く。

Kuwana

この画にもある桑名城の物見櫓、播龍櫓(ばんりゅうろ)が復元されている。実際の用途は水門管理所とのことである。

Ts3r0073

ここから南に進むと、桑名城の石垣が残り、一帯は「歴史を語る公園」となっている。

Ts3r0077

桑名市博物館前に古い道標が移設されていて、「右 京いせ道」「左 江戸道」とある。案内板には元位置不詳とあるが、方角から考えると江戸方面からの進路が南から西に曲がる角以外になく、桑名宿内では3箇所のうちのいずれかと思われる。

Ts3r0078

市街地を進むと街道特有の枡形があり、右へ左へ何度も曲がる。その先の八幡神社の前に天保13年の道標がある。「右 きゃういせみち」「左 ふなばみち」とあり、後者は渡し場のことだろうから、これも前の道標と同じ位置関係にある。

Ts3r0080

宿場の京方口(西口)に当たる矢田立場跡には、火の見櫓が復元されている。

Ts3r0083

員弁(いなべ)川を渡ると、江戸から97里の一里塚跡がある。宮で89里だったので、七里の渡しを通算しているのだ。その先、近鉄伊勢朝日駅付近で1日目の行程を終え、電車で桑名まで戻って駅前のホテルに宿泊する。泉鏡花の同名の小説に登場した「歌行燈」で、桑名名物の焼き蛤をアテに地酒を頂いた。

Ts3r0090

ところで、「その手は桑名の焼き蛤」と言うが、桑名名物は本当は時雨蛤(佃煮)で、焼き蛤は西隣の富田辺りの名物とのこと。西から来た旅人がもうそこで焼き蛤を食べてきて、桑名でまた蛤を勧められても、「その手は食わない」ということのようだ。

翌朝、再び伊勢朝日駅前からスタート。単調な一本道をひたすら進み、朝明(あさけ)川を渡る。JR、近鉄、三岐の3線が集まる所が富田である。「その手」はもう食ったので、ここは何も食べずに通過する。(笑)

さらに進んで海蔵川、三滝川を渡ると、四日市宿に入る。広重の「四日市」は、三滝川の河原で菅笠を風に飛ばされて慌てる旅人をユーモラスに描く。

Yokkaichi

現在の三滝川の様子。広重の画で左遠方に見えている船の帆柱に代わって、コンビナートの煙突が聳えている。

Ts3r0101

宿場の真ん中辺りに文化7年の道標が残されている。しかし、残念ながらこの先の街道は既に失われ、迂回を余儀なくされる。

Ts3r0104

四日市宿を出た辺りで、愛らしい道標が大切に保存されていた。「猿丸太夫名歌古跡すい澤へ是ヨリ三里」とある。百人一首の歌に詠まれた「奥山」とは、この近くの水沢だというのだが、確たる根拠はないようだ。

Ts3r0105

この先に日永一里塚の跡がある。江戸からちょうど100里。往時の旅人も、ある種の感慨を催したに違いない。かつての松並木の名残りの松を仰ぎ見たあと、とあるラーメン店で昼食休憩する。

Ts3r0111

間もなく、日永追分に到着。左が伊勢、右が京の重要な分岐点だ。弥次さん喜多さんなど、お伊勢参りの旅人とはここでお別れである。

Ts3r0117

嘉永2年の立派な道標があり、独特の書体で「右 京大坂道」「左 いせ参宮道」などとある。また、「追分鳥居の水」が相当な水量で湧き出ていたので、ボトルに詰めさせてもらった。鈴鹿山系の伏流水とのことで、とてもまろやかな味だった。

Ts3r0115

11月2日 ジョグ10キロ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/10/31

東海道を走る その18(知立~宮)

尾張に入って間もなく、阿野一里塚がある。江戸から86里。この辺りでようやく雨が上がった。この先のコンビニで昼食休憩を取る。

Ts3r0041

中京競馬場前駅を過ぎると、左手に桶狭間古戦場跡があり、今川義元の墓などがある。

Ts3r0046

間もなく、絞り染めで有名な間の宿、有松に入る。広重の「鳴海」はここを描いている。

Narumi

現在の風景もほとんど同じで、五十三次の画のうち、当時の姿が最もよく残っていると言えよう。

Ts3r0051

やがて本来の鳴海宿に入るが、宿場らしいものといっても、復元された高札場ぐらいしか見当たらない。

Ts3r0053

天白川を渡ると、笠寺一里塚(江戸から88里)が、往時そのままの堂々たる規模で残されている。

Ts3r0054

この先の呼続(よびつぎ)という地名は、古来この付近が浜辺で、互いに名を呼び合いながら渡ったことによるそうだ。次第に名古屋の市街地に近づき、やがて宮宿に入る。

「宮」は熱田神宮のことで、地下鉄伝馬町駅付近が宿場の中心である。寛政2年の道標が残っていて、「北 南 京いせ七里の渡し 是より北あつた御本社貮丁道」「西 東 江戸かいとう 北 なこやきそ道」などとある。

Ts3r0061

この道標で左折、国道247号を越えると、まもなく七里の渡し跡に到着する。往時はここから桑名まで渡し船で渡っていた。むろん現在はそんなものはなく、電車を乗り継いでの電車渡しとなる。

Ts3r0065

広重の「宮」は当初の副題を「熱田神事」といい、勇壮な馬追いの様子を描いているが、実際には熱田にそのような神事はないそうで、後摺では副題を「浜の旅舎」と改めている。

Miya

今の熱田神宮の様子。鳥居の形が広重の画と少し違っているのはなぜだろう。時節柄、七五三の参詣者も何組か見かけたが、ご多分にもれず、境内を大声で闊歩する中国人観光客が多かった。

Ts3r0067

10月29、31日 ジョグ10キロ
月間走行距離  244キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/28

東海道を走る その17(岡崎~知立)

「東海道を走る」第5回目は、岡崎から亀山まで走った。三河から尾張へ、さらには伊勢に入り、江戸から京までの長い道のりも、いよいよ終盤を迎えたことを実感した。

残念ながら雨となった10月25日午前8時半過ぎ、愛知環状鉄道中岡崎駅前をスタート。この付近は八帖といい、八丁味噌の郷として有名である。味噌の香りがかすかに漂い、街道から脇道を覗くと、味噌蔵が軒を連ねている。NHKの連続テレビ小説「純情きらり」のロケも行われたそうで、宮﨑あおいの手形が残されていた。

Ts3r0002

すぐに矢作(やはぎ、「矢矧」とも)橋を渡る。東海道随一の長さを誇り、広重の「岡崎」もこの橋から岡崎城下に向かう大名行列を描いている。

Okazaki

現在の国道1号矢作橋の様子。広重の絵では橋の左(上流)側に見えている岡崎城が、現在では橋の右(下流)側に見える。これは、往時の橋が現在より若干下流側にあったためと思われる。

Yahagi_3

矢作橋を渡り、国道1号と分岐、合流を繰り返しながら進むと、尾崎の一里塚(江戸から83里)のあった熊野神社前を過ぎ、右手に見える永安寺には推定樹齢350年という「雲竜の松」がある。

Ts3r0011

そう言えば、稀勢の里は次の九州場所はどうするのだろうと思っていたら、その先の神社の境内で力士の石像がこちらを睨んでいた。江戸末期から明治初めに活躍した地元出身の力士、清見潟又市の像だという。どすこい。

Ts3r0014

猿渡川を渡ると、元禄9年の無量寿寺道標がある。街道を右に入った八橋の無量寿寺には在原業平作の観音像があり、伊勢物語の中で「かきつばた」の五文字を織り込んだ歌を詠んだ庭園があるそうだ。

Ts3r0015

その先に来迎寺一里塚(江戸から84里)を残す。

Ts3r0018

間もなく知立(ちりゅう、「池鯉鮒」とも)宿に入る。見事な松並木が保存され、その西端に馬市跡の碑が立っている。往時、ここでは毎年初夏に馬市が立ち、広重の「池鯉鮒」はその模様を描いている。

Chiriu

草を靡かせて吹き渡る風の心地よさを感じさせる傑作に、少しでも近づきたかったが…。(苦笑)

Ts3r0030

知立の市街地に入る。往時の風情は全くないが、明治時代創業の小松屋の名物「あん巻き」を食べてひと息つく。

Ts3r0031

知立神社境内にある御手洗池の鯉と鮒。ここから「池鯉鮒」という地名が生まれたそうだ。

Ts3r0034

再び国道1号と合流、分岐しながら進むと、とある寺の墓地に中津藩士二人の墓が並んでいる。遊女を巡って斬り合い、命を落としたそうで、何度直しても墓石が傾くそうだ。「もう、ええ加減に成仏しなはれ」と手を合わせてきた。

Ts3r0035

間もなく、三河と尾張の国境の境橋を渡る。往時は三河側の土橋と尾張側の板橋を継いだ橋で、質素な三河と派手な尾張、それぞれの国柄が表れていたそうだ。「これやにかわの継目なるらん」という歌碑がある。

Ts3r0039

10月25日 LSD37キロ
10月26日 LSD36キロ
10月27日 ジョグ10キロ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/10/24

官業+コンビニ

前回記事の続き。ゆうパックを郵便局留めで送ることにしたわけだが、実は発送する際に少々問題があった。宿泊するホテルの真向かいに郵便局はあるものの、窓口が開くのは午前9時なのだ。出来ればもう少し早い時間に荷物を預け、身軽になって街道ランを開始したいところだ。街道を少し進んだところに別の郵便局はあるものの、そこまで荷物を提げたまま歩くというのもイマイチである。

いろいろと考えていたら、一旦頭の中から消えていたコンビニという手段があることに思い至った。受け取り場所として指定することは不可能としても、ゆうパックを発送することはローソンでも出来るし、それは郵便局留めでも何ら変わりないのだ。幸いホテルの近くには24時間営業のローソンがある。意外な盲点だったと言えるが、実は官業+コンビニというのは最強の組み合わせなのかもしれない。

というわけで、今日岡崎に向けて出発する。次回更新まで少々お時間を。

10月23日 ジョグ10キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«官業は強し