2017/04/28

東海道を走る その15(二川~赤坂)

2日目は、JRで豊橋から二川まで戻ってから再開である。いきなり火打坂というかなり急な登りが出迎えてくれるが、街道らしい風景はまったく残っていない。

国道1号に合流して暫く進むと豊橋の市街地に入る。旧吉田宿である。以前、中日豊橋マラソンで何度か来たことがあるが、こういう目的で再び来ることになるとは思わなかった。宿場の江戸方口に当たる東八町交差点に東惣門が復元されている。

Ts3r0094

ここから、掛川でもあったような、わざと何度も曲がる城下町特有の道筋となる。掛川は「七曲がり」、ここ吉田は特に名前はないようだが実際に9回曲がり、今回の目的地の岡崎は実に「二十七曲がり」である。ただ、街道には「←東海道→」という大きな標識が設置されているので分かりやすい。

宿場を抜けると、やがて豊橋(とよばし)で豊川を渡る。

Ts3r0099

かつては豊川を利用した水運が盛んだったようで、河岸には昔の船着場らしき跡が残っている。

Ts3r0098

広重の「吉田」は、この橋(当時は吉田大橋)と、修理中の吉田城を鳥瞰するように描いている。

Yoshida

この構図に近い風景を求めて、豊橋市役所の13階展望ロビーに登ってみたが、左に見える橋は往時はなかった新しい吉田大橋で、城は高い木に隠れてほとんど見えない(赤丸内)。

Ts3r00861

豊川を渡り、北西に伸びる県道をひたすら走ると、豊川放水路を渡ったところに「子だが橋」の跡がある。かつて、近くの菟足(うたり)神社の大祭の初日、最初にその橋を渡る女性を人身御供とする風習があり、ある時、それが里帰りした我が娘であったけれども、「子だが止むを得ん」と、生贄にしたことからその名がある。今の感覚からすればとても信じ難いが、人々の信仰心が篤かった往時にはあり得た話なのだろう。

Ts3r0102

やがて一旦国道1号に合流したあと、名鉄国府(こう)駅付近で再び旧道に分岐すると、間もなく姫街道との分岐点の追分に至る。大きな道標は明治期のものである。

Ts3r0105

やがて、御油(ごゆ)宿に入る。広重の「御油」は、旅人の首を締めるほど強引に引き止める留め女を描く。次の赤坂宿がすぐ近くなので必死なのだ。右手の旅籠からそれを見下ろす女中の呆れたような表情が面白い。ちなみに、その背後には「摺師平兵衛」など、広重の仕事仲間の名前が記されている。

Goyu

現在の御油の様子。何となく往時の風情を残している。

Ts3r0109

宿場を出ると、国の天然記念物に指定されている見事な松並木がある。樹皮が亀甲状に割れるのが特徴の三河黒松とのことである。

Ts3r0115

約600メートルの松並木を抜けると、そこがもう次の赤坂宿である。

4月27日 ジョグ10キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/25

東海道を走る その14(舞坂~二川)

弁天島から新居町まで、電車では僅か3分ほどである。往時は舟でのんびりと渡る間、骨休めしていたようで、広重の「荒井」は、渡し舟の中で手を突き上げて欠伸をする男(左端)を描いている。

Arai

一方、「膝栗毛」では、誰かが舟の中に持ち込んだ蛇が行方不明となって大騒ぎとなる。同乗者によっては、のんびり骨休めとはいかなかったようである。

渡し舟などない現在、広重と同じ構図は無理だが、右奥に見える新居の関所が現存する(安政2年築)。入り口まで行ってみたが、入場料を取るというので、箱根に続いて関所破りを敢行することにした。(笑)

Ts3r0051

往時は、舟から上陸すると関所の敷地内、という仕掛けになっていて、関所破りなど物理的に不可能だったようだ。

Ts3r0052

新居宿を出て、浜名旧街道を行く。鄙びた街道の風景を見ながら走っていたら、この音楽が頭に浮かんできた。これも日本の原風景のひとつに違いない。

Ts3r0057

ところで、この前の舞坂辺りからだろうか、家々の敷地の角に可愛らしい祠があるのに気付いた。大きくても50センチほどだが、何かの信仰と関係があるのだろうか。

Ts3r0055

やがて、街道は右折して潮見坂に差し掛かる。その分岐点に小さな道標が立っていた。「右旧道、左新道」とあり、大正13年に皇太子(後の昭和天皇)のご成婚を記念して、地元の元町青年会が建立したものだ。

Ts3r0058

「元町」というのは、次の白須賀(しらすか)宿が、元はこの海岸近くにあったということで、宝永4年(1707)の大津波で壊滅的被害を受け、現在の潮見坂上に移転したものである。

その潮見坂を駆け上がっていると、白須賀中学の生徒たちが下校してくるところだった。宿場と同様、中学校も高台に移転して、生徒たちは毎日そこまで通うことになったのだ。

Ts3r0061

中学校横の展望台から遠州灘を望む。

Ts3r0066

広重の「白須賀」もこの風景を描いている。海のグラデーションは、見事に逆になっているが。

Shirasuka

白須賀宿を抜け、境川を渡る。文字どおり、ここが遠江と三河(現在は静岡県と愛知県)の境に当たる。そう言えば、箱根峠からここまでずっと静岡県だったのだ。静岡県、広すぎ!

Ts3r0073

国道1号に合流し、キャベツ畑や工場しかない単調な景色が続く。往時も「夜道慎しむべし」と言われた区間である。おまけに強烈な向かい風に悩まされ、かなり辛いものがあった。

やっとのことで二川(ふたがわ)宿に到着。商家の駒屋が復元、公開されている。

Ts3r0074

さらに進むと、本陣と旅籠清明屋が復元されている。旅籠女中の微妙な表情がとてもリアルだ。

Ts3r0076

広重の「二川」は名物かしわ餅を商う茶店を描いているが、副題には先ほどの境川辺りにあった「猿ケ馬場」とあり、描かれた場所ははっきりしない。

Futagawa

JR二川駅近くから眺めた風景がこれに近いという感じもする。遠景と茶屋を適当に合成したものかもしれない。

Ts3r0084

今日の行程はここまで。現在はホテル・旅館が1軒もないので、隣の豊橋まで電車で移動し、駅前のホテルに投宿した。

4月24、25日 ジョグ10キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/22

東海道を走る その13(見付~舞坂)

「東海道を走る」第4回目は、見付から岡崎まで走った。江戸から京までの長い道中も、ようやく半分を過ぎ、また遠江から三河(現在の静岡県から愛知県)に入って、京がだいぶ近づいてきたことを実感する。

快晴に恵まれた4月19日午前8時半、JR磐田駅前をスタート。西北西に進んで県道に合流する手前に、くろん坊様がある。物盗りに殺されたインド人僧侶を祀っているそうだ。

Ts3r0002

少し先に江戸から63里の一里塚跡がある。昭和になって復元されたもののようだ。これ以降、かなり先までの一里塚は既に失われ、案内標識がその位置を示すだけになっている。

Ts3r0004

県道から分かれて暫く西進すると、天竜川の堤防が見えてきた。広重の「見附」はこの辺りの渡し舟の風景を描いている。

Mitsuke

現在は旧国道1号と浜松バイパスの鉄橋が天竜川を越えている。

Ts3r0009

浜松バイパス新天竜川橋を渡り、再び旧道に戻る。この辺りを中野町といい、江戸と京の中間点に当たるのがその名の由来である。『東海道中膝栗毛』にも、「此処は江戸へも六十里、京都へも六十里にて、ふりわけの所なれば中の町といへるよし」とある。

Ts3r0011

県道をひたすら直進すると、やがてゆるやかな右カーブとなり、浜松駅前アクトシティの巨大なビルが見えてきた。浜松東警察署の先、馬込橋を渡ると浜松宿に入る。広重の「濱松」は街道で焚き火に当たる人々の姿を描く。右遠方に浜松城が見えるが、描かれた場所は不明である。

Hamamatsu

現在ではかなり近づかないと城を望むことは出来ない。一旦街道から外れて浜松市役所付近から城を望んだところ。

Ts3r0016

街道に戻り、連尺交差点から南進すると、東海道線、新幹線の高架を潜るが、その手前に「堀留ポッポ道」という小さな公園があった。明らかに廃線跡と知れる(後で調べると、旧国鉄浜松工場への引込み線跡と判明した)。東海道とは無関係だが、当然現地踏査を行なう。(笑)

Ts3r0021

同工場に保存されていた「ケ91」という可愛らしい軽便タンク機関車が静態保存されている。

Ts3r0020

新幹線高架を潜ってしばらくすると、東若林交差点で右折、西進することになるが、その地点の街道の両側に「二ツ御堂」が対面して建っている。藤原秀衡とその愛妾の悲しい伝説の舞台なのだそうだが、12世紀の話というから、街道の歴史の深さが窺える。

ここから実に10キロ弱、単調な県道をひたすら西進するのみとなり、少し辛い行程となったが、ちょうど昼時になったので途中で昼食休憩を取ることにした。普段は昼食を食べないが、街道走りではスタミナと塩分の補給が欠かせない。街道から少し南に入ったところにある、その名も「昔のうなぎ屋」でうな丼を頂いた。

Ts3r0028

Ts3r0027

よく脂の乗ったうなぎが絶妙な具合に焼き上げられていて、まさに絶品である。お値段は2100円と決して安くないが、その値打ちは十分にある。さすがはうなぎの本場だけあるのだろうとご主人に尋ねてみたら、何と浜名湖産ではなく、愛知県産その他を吟味して問屋が仕入れているとのこと。浜名湖のうなぎは、実はそれほど美味くないのだそうだ。ふーん。

再び街道に戻り、県道をひたすら西進すると、JR舞阪駅付近で見事な松並木が現れた。

Ts3r0030

左側の植え込みの中には、江戸から京までの広重の絵をレリーフにした55個のモニュメントが設置されている。なかなか粋な趣向である。宿場の名前を順々に思い出しながら走ってみたが、今回の目的地、岡崎までは何とか覚えていた。

Ts3r0032

この先、新町交差点で国道1号を横断し、しばらくすると街道の両側に石垣がある。舞坂宿の江戸方口にあった見付石垣の跡である。

Ts3r0034

宿場に入ると、脇本陣茗荷屋の建物(天保9年)が現存し、内部が公開されている。中庭の向こうにも座敷が続いていて、かなり奥行があるようだ。

Ts3r0036

その先で浜名湖の水面が見えて来た。往時はここから次の新居(あらい)宿まで舟で渡っていた。さらに昔は新居まで地続きで、浜名湖は海と繋がっていなかったのが、明応7年(1498)の地震で分断されたことから、「今切(いまきれ)の渡し」と呼ばれていた。その乗り場である「雁木(がんげ)」の跡が残っている。

Ts3r0042

広重の「舞坂」はこの今切の渡しを描いている。舞坂側にあったという波除杭が手前にあるので、舞坂から新居方向を望んだ風景と思われるが、なぜか白い富士山が奥に描かれている。地理的な正確さより、構図の面白さが優先されたのだろう。絵の副題は「今切真景」なのだが。(笑)

Maisaka

現在は新居まで国道1号が通じているので、走れないことはないのだが、往時の旅人が舟で行ったのであればと、自分もJR弁天島から1駅、新居町まで電車でワープすることにした。約3キロの足休めである。

4月19日 LSD42キロ
4月20日 LSD42キロ
4月22日 ジョグ10キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/18

造幣局通り抜け

週末、大阪に出かける用事があり、ついでに造幣局の桜の通り抜けを見てきた。前に見たのはもう何年前か思い出せないぐらいだが、満開の八重桜はさすがに見応えがあった。

Ts3r0001

しかし、あまりの人出の多さに疲れてしまった。前がつかえて思うように歩けないストレスだろうか。やはり、誰もいない道を走って通り抜けるのが一番だ。

というわけで(笑)、今日から東海道街道走り第4弾に出かけるので、次回更新までしばらくお待ちを。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/16

『48時間』

48hrs1982年、米。ニック・ノルティ、エディ・マーフィー他。allcinema の紹介文。

野外労働中の囚人が、仲間の助けを得て脱走した。犯人に相棒を殺された刑事ジャックは、彼らとつながりのある、服役中の黒人レジーに捜査協力を求める。48時間の仮釈放という条件で、二人は凶悪犯の追跡に当たるが……。ニック・ノルティ、エディ・マーフィの凸凹コンビによるやりとりが最高のアクション・コメディ。(引用終わり)

エディ・マーフィーのデビュー作にして、代名詞のような作品と思っていたが、意外にも主演は相方のニック・ノルティの方だった。しかし、飄々とした風貌や例のマシンガントークなど、エディ・マーフィーの存在感は主役を完全に圧倒している。

紹介文のとおり、白人の刑事と黒人の囚人という取り合わせの妙が、この映画のキモの部分だろう。「バディムービー」というジャンルが、既に確立されていたのかどうか知らないけれど、この映画の影響を受けた後続のバディものは数多いことだろう。

やたらに銃をぶっ放したり、今日的には迫力不足が否めないアクションシーンなど、さすがに古さを感じさせるものの、97分という尺でも十分にお腹いっぱい、文句なしに楽しめる映画に仕上がっている。

4月14、16日 ジョグ10キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/13

『レヴェナント:蘇えりし者』

Revenant_32015年、米。レオナルド・ディカプリオ主演。公式サイトの紹介文。

1823年、毛皮ハンターの一団はアメリカ西部の未開拓地を進んでいた。隊長のヘンリーを先頭に、ガイド役のヒュー・グラスとその息子のホーク、そしてグラスに対して敵意を抱いているフィッツジェラルドたち一行だったが、ある時、先住民に襲撃され多くの犠牲者を出す事態に。生き残ったグラスたちは危険な川を避け、船を捨てて陸路で砦に戻ろうとするが、グラスは巨大な熊に襲われて瀕死の重傷を負ってしまう。
隊長のヘンリーは余命わずかに見えるグラスを残して行くことを決断。息子のホーク、金に釣られて居残ることにしたフィッツジェラルド達にグラスの最期を看取るよう命じるが……。(引用終わり)

157分の長尺にもかかわらず、ストーリーは極めて単純である。息子ホークを殺害し、瀕死の重傷を負った自分を見捨てたフィッツジェラルドに対する、グラスの執念の復讐劇である。

極寒の山中で、あるいは冷たい川で、何とか食糧を確保し、枯れ草を燃やして暖を取りながら、グラスは次第にケガを克服して、とある砦まで辿り着く。その間のサバイバル術も大変なものだが、最後のフィッツジェラルドとの対決場面での木の枝を利用した偽装工作など、生き抜くためには体力だけでなく、知恵が必要なのだということを思い知らされる。

ただ、本作で最も素晴らしいのは、何と言ってもその美しい映像ではないかと思われる。朝夕の僅かな時間帯の柔らかい自然光の下で撮影されたという映像は、もはやこの世のものとは思えないほどだ。イニャリトゥ監督、ディカプリオに加えて、撮影のルベツキがアカデミー賞を獲得したのは頷ける。

もちろん、手付かずの大自然の中でロケを敢行したことが、迫力のある映像を生んでいる。エンドロールによれば、カナダのアルバータ州で撮影された箇所があるそうで、そう言えば、前に行ったジャスパーに似た風景が登場していた。冬場は氷点下20度、30度などザラという場所である。大変な労作であることは間違いない。

4月12日 ジョグ10キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/10

『あきない世傳 金と銀 源流篇』

9784758439817_3『みをつくし料理帖』の髙田郁による新シリーズ第1作。版元の紹介文。

物がさっぱり売れない享保期に、摂津の津門村に学者の子として生を受けた幸。父から、「商は詐なり」と教えられて育ったはずが、享保の大飢饉や家族との別離を経て、齢九つで大坂天満にある呉服商「五鈴屋」に奉公へ出されることになる。慣れない商家で「一生、鍋の底を磨いて過ごす」女衆でありながら、番頭・治兵衛に才を認められ、徐々に商いに心を惹かれていく。果たして、商いは詐なのか。あるいは、ひとが生涯を賭けて歩むべき道か――大ベストセラー「みをつくし料理帖」の著者が贈る、商道を見据える新シリーズ、ついに開幕!(引用終わり)

不幸な出来事のせいでそれまでの環境から放り出され、身一つで新たな人生を切り開いていくことになる女主人公。様々な境遇や性格を持つ未知の人々と出会い、係わり合い、そして別れていく中で、主人公は試練に耐えて大きく成長していく。

料理と商売という違いはあれ、基本的な物語の構成は同工異曲と言うべきものであるが、これは決してネガティブな意味ではない。むしろ、著者の紡ぎだす物語に安心して時を委ねられる快感、とでも言おうか。続篇が待ち遠しくてたまらないという、『みをつくし』の時と同じ状態に陥りそうである。

ところで、『みをつくし』のドラマの方は、北川景子主演のテレビ朝日の続篇がなかなか出ないと思っていたら、何と来月からNHKで黒木華主演で連続ドラマ化されることになった。天下のNHKが民放局に遠慮する必要など、さらさらないということだろうか。もちろん、黒木華の関西弁での芝居も今から楽しみではあるが、これで北川景子の澪がもう見られないとすれば大変残念だ。

4月 9日 ジョグ11キロ
4月10日 ジョグ10キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/07

モイストに戻す

コンタクトレンズの話である。最近、ジョンソン&ジョンソンのトゥルーアイという商品に変えた話を書いた。これまでは近所でジョグする時だけ装用していて、特に異常はなかったのだが、先日芋ケ峠LSDに行った際、途中から視界が曇り始めてしまった。

目ヤニのせいかとレンズをずらしてみても全く改善しない。最後は足元まで見づらくなり大変走りにくかった。帰ってからレンズを外してみたら、中心部に白い模様のようなものがついていて、それが原因だと分かった。

ネットで少し調べてみると、それは涙液中の蛋白質が付着したもので、花粉症の人は特に蛋白質が多く、ソフトコンタクトが白濁する現象が起きることがあるという。私自身それほどひどい花粉症ではないが、スギとヒノキが密生した山の中を走ったことが原因のようだ。対策としては、ハードコンタクトか、または使い捨てタイプのレンズを使うよう勧めている。

しかし、その使い捨てタイプのレンズが、僅か1、2時間で白濁したのである。以前使っていたモイストでは全くそんなことは起きなかった。早速、購入した眼科に相談したところ、幸いモイストへの交換に応じてくれた。聞けば、前日にも同様にトゥルーアイを使っていてレンズが白濁した人が相談に訪れたという。

たまたま製造工程に問題があった不良品なのか。そもそも最初から欠陥商品なのか。あるいは百歩譲って、体質や環境によってそういう現象が起きることがあるというのであれば、そう断わった上で販売すべきだ。(怒)

4月5日 LSD20キロ
4月7日 ジョグ10キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/04

『エヴェレスト 神々の山嶺』

Everest_22016年、製作委員会。岡田准一、阿部寛、尾野真千子他。KINENOTE の紹介文。

カトマンドゥを訪れた山岳カメラマンの深町誠(岡田准一)は、エヴェレスト史上最大の謎を解く可能性を秘めた古いカメラを発見する。失われたフィルムを追ううちに辿り着いたのは、孤高の天才クライマー、羽生丈二(阿部寛)の存在だった。「山をやらないなら死んだも同じだ」と語り、他人を寄せ付けない人生を送ってきた羽生が取り憑かれた史上初の挑戦とは何なのか? その目的に興味を持ち、羽生の過去を調べるうち、深町はその凄絶な生き様に飲み込まれてゆく。そして、羽生に人生を翻弄されながらも愛し続ける女性・岸涼子(尾野真千子)とも出会う。標高8848m、氷点下50℃。呼吸すら困難な極限の世界。垂直の壁が待ち受けるその場所で、これまで誰も成し得なかった過酷な登攀に単身挑む羽生。その挑戦を見届けようと後を追う深町。男たちは自然の脅威の前に命を晒しながらも、人間の限界を超えてただひたすら世界最高峰の頂を目指す。彼らは生きて帰る事が出来るのか?その先には果たして、何があるのか……? (引用終わり)

夢枕獏の小説を実写映画化したもの。実際にエベレストのベースキャンプ付近、標高5200メートル付近などでロケ撮影されたそうで、世界最高峰の人を寄せ付けない威容には圧倒される。

前人未到の方法でそれに挑もうとする羽生と、その生き方に感化された深町の交流を軸に、かつてジョージ・マロリーは登頂に成功したのかという、エベレスト登山史上の謎も絡めて描く。

「なぜエベレストに登りたかったのか」という問いに、マロリーが「それがそこにあるからだ」と答えた話は有名だが、それに対して羽生は「俺がここにいるからだ」と答えている。天動説と地動説みたいでなかなか興味深い。

ところで、羽生のライバルとして登場する長谷渉は、原作では長谷常雄となっていて、かの長谷川恒男氏がモデルなのだそうだ。

4月1、3日 ジョグ10キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/01

新たな大統領令

アメリカのトランプ大統領はこのほど、同国の表記を「アメリカ合衆国」から「アメリカ合州国」に改めるよう日本に求めるとする、新たな大統領令に署名した。

その理由についてトランプ氏は、ツイッターで「United States は “州の連合体” という意味以外ありえないだろ」としているが、多民族の共存に懐疑的な同氏のスタンスが背景にあるものと見られている。

なお、日本が180日以内にこの命令に従わない場合、日本をアメリカの51番目の州として併合するという別の大統領令も検討されているとされ、日本政府は対応に苦慮している。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«『シェルブールの雨傘』