2016/08/22

真空保存庫

お茶の保存用に購入した。これまで開封後は桜材の茶筒に入れていたが、1週間もすると風味がだいぶ落ちる。どんな食材でもそうだが、これは空気中の酸素が原因なので、空気を抜いて真空に近い状態で保存しようというわけだ。

Ts3r0010

昔、アメリカのテレビ通販でこれの簡易版の商品を宣伝していて、思わず買ってしまったことがある。密封容器の蓋に穴を明け、それを特殊なシールで塞ぎ、そこからポンプで空気を抜くというものだ。分からないか。(苦笑)

しかし、やはりシールから僅かに空気が漏れて真空状態が長持ちしない上、確か中国製だったポンプがちゃっちくてすぐに使えなくなってしまった。今回買ったのは新潟の加藤産業という会社の製品で、堂々の「メイド・イン・ジャパン」である。

使い始めて2週間ほど経過したが、茶葉そのものの香りや、抽出したお茶の風味が落ちず、大変気に入っている。容器もしっかりしていて、ポンプで空気を抜く作業もそれほど手間がかからない。今のところ、お茶のほかにミックスナッツの保存にも使っているが、いろいろ用途がありそうだ。

8月20、22日 ジョグ10キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/19

あっぱれ!

ついに我が町内から金メダリストが誕生した。バドミントンの髙橋礼華選手。今大会が始まるまで全く知らなかったけれど(笑)、うちの町内の小学校出身で、当時からジュニアで活躍していたそうだ。中学からは仙台の学校に移り、そこで松友選手とペアを組んだとか。

パブリックビューイングが行なわれた市内のホールには、深夜にもかかわらず多くの市民が詰め掛けたようだ。入口にはご覧のような垂れ幕が下がっていた。「金メダル」とも何とも書いてないけれど。(苦笑)

Ts3r0006_2

何はともあれ、あっぱれ! そして、おめでとう!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016/08/18

『アントマン』

Antman2015年米。ペイトン・リード監督。ポール・ラッド他。アマゾンの紹介文。

やる気も能力もあるのに、なぜか空回りばかりのスコットは、仕事も家庭も失い絶体絶命…。そんな彼にオファーされた最後にして唯一の“仕事”は、身長わずか1.5cmになれる驚異の“スーツ”を着用し、神出鬼没のヒーロー“アントマン”となることだった。スーツを発明した天才科学者ハンク・ピム博士と博士の娘ホープの指導の下、猛特訓が始まる。最愛の娘のために挑戦を決意した彼は、本当のヒーローとなり、人生のセカンド・チャンスをつかむことができるのか? そして、アントマンに託された決死のミッションとは…?(引用終わり)

「死ぬまでに…」などと言わず、たまには肩の凝らない映画も観てみようと思ったのだが、なかなかどうして。「蟻男」が活躍する単なるSFコメディかと思いきや、原子物理学から大国の軍備競争、家族愛にラブロマンスと、結構いろんな材料が織り込まれていて、大人から子供まで楽しめる娯楽作品だった。ピンポンのラケット、きかんしゃトーマス、大きくなった蟻など、笑える小ネタも満載だ。

それにしてもこの主人公、「電気工学の修士号を持ってる」というだけあって、最新のセキュリティシステムも易々と突破できる能力を持っている。それならもっと真っ当な職業に生かしてはどうかと思うのだが、それが難しい現代社会の実相まで映しているとすれば、結構深い映画なのかもしれない。

8月16、18日 ジョグ10キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/15

ショスタコーヴィチ弦楽四重奏曲全集

Fitzwilliam_3交響曲全曲に続いて、彼の創作のもうひとつの重要な柱である弦楽四重奏曲全曲を聴いた。演奏はフィッツウィリアム弦楽四重奏団。作曲者が死去した1975年から77年にかけて録音されたもので、これもCD6枚で3千円というお値段に惹かれた。(笑)

彼の交響曲第1番が作品10、最後の第15番が作品141であるのに対し、弦楽四重奏曲は第1番が作品49、最後の第15番が作品144であり、後者は作曲者の中期から後期に当たる時期に作曲されているのが特徴である。

CDのランナーノーツを書いた Alan George 氏によれば、このうち第11番までの11曲が中期、第12番以降の4曲が後期と、明確に2つのグループに分かれるとしている。しかし、第11番から第14番の4曲が、彼のほとんどの弦楽四重奏曲を初演したベートーヴェン弦楽四重奏団の各奏者に献呈されていることから、第11番以降の5曲とそれより前の楽曲で分けるのが自然という気がする。

そうした分析はともかく、交響曲の記事でも書いたような彼の音楽の特徴が、弦楽器4本というミニマルな編成によって、より明瞭に聴き取れるように感じられた。管弦楽法にも優れていた彼の交響曲に聴く多様な音色の変化を取り除いた、彼の音楽の言わば骨格というか本質的部分がそこにあるように思える。

交響曲同様、当時のソ連社会の状況を反映した悲惨、苦難、葛藤と、それに対する人間の戦いを描くかのような緊張感に溢れる一方、晩年には「人の生と死」といった哲学的領域にまで踏み込むなど、全15曲はそれぞれ限りない多様性を見せている。

ただし、晩年の作品で12音技法への接近が見られるものの、弦楽四重奏という伝統的様式の範囲をほとんど逸脱することなく書かれているのは驚嘆に値する。主題の提示があって、それが様々に展開された後、主題を再現して終わるというソナタ形式の基本の上に、フーガやパッサカリア、レチタティーヴォといった古典的技法まで含んでいる。先の Alan George 氏はこう書いている。

ベートーヴェンやバルトークとは違って、彼(ショスタコーヴィチ)が弦楽四重奏という媒体について、その既に存在する限界を超えた用法を試みなかったことに留意すべきである。実際、彼はそれを次第に精製し昇華させつつも、それをあるがままに受け入れたのである。この点で、彼が弦楽四重奏という技法を発展させたとはほとんど考えられない。しかし、彼がその表現領域を拡大させたか否かは、それとは全く別問題なのである。(まこてぃん訳)

8月14日 ジョグ10キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/12

『プール』

Pool_32009年。大森美香監督。小林聡美、加瀬亮、伽奈、もたいまさこ他。公式サイトの紹介文。

4年前、祖母と娘さよのもとを離れ、チェンマイの郊外にあるゲストハウスで働き始めた母・京子(小林聡美)。大学の卒業を目前に控えた今、さよ(伽奈)はそんな母を訪ねて、一人、チェンマイ国際空港に降り立つ。
迎えに現れたのは母ではなく、母の仕事を手伝う市尾(加瀬亮)だった。小さなプールがあるゲストハウスには、ビー(シッテイチャイ・コンピラ)という名前のタイ人の子供と、不思議な空気感を持つオーナーの菊子(もたいまさこ)がいた。さよは久々に会った母が、初めて会う人たちと楽しそうに暮らしている姿をどうしても素直に受け入れることができず、戸惑いを感じていた。
行方不明の母に会いたいと思っているビー。母親探しを手伝うがなかなかうまくいかず、優しさが裏目に出てしまう市尾。余命宣告を受けている菊子。ひとりひとりの中にある現実、そしてそれを自然に受け入れつつ、相手を思いやりながら生きている人たち。彼らとの出会いにより、だんだんとさよは、心が開いていくのを感じ始める。(以下略、引用終わり)

内容といい、出ている俳優陣といい、以前観た『めがね』と同じようなテイストの作品である。南の国の鄙びたリゾート。ゆったりと流れる時間。鳥のさえずり以外何も聞こえない静けさ。その雰囲気に浸っていると、夏の暑さを忘れさせてくれ、もうストーリーなどどうでもいいようにさえ思われてくる。

実際、さよがタイに来て、1週間ほど滞在して帰っていくというだけのお話で、大きな事件もなければ、母と娘の対立も表立ってはない。さよの心境の微妙な変化がただ淡々と、間接的に描かれているだけで、それで何かを訴えようとしているとも思えない。

強いて言えば、タイに着いたばかりのさよが、車中で市尾と菊子に「私どう見えますか?」と尋ねるシーンがある。一人で寂しそうとか、気張ってる風に見えないか、さよは気にしていたのだが、二人はそんなことはないと答える。それがなぜか「どうしてそんなことが気になるのか」と聞こえるのだ。

しかし、それもサラっと流されるだけで、価値観の押しつけなど全くない。観ている人の心が、たとえひと時でも穏やかになれば、それで制作意図は果たせたのではないかとすら思えてくる。

8月10、12日 ジョグ10キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/09

『C級さらりーまん講座・改1』

Class_c_3山科けいすけ著。アマゾンの紹介文。

相も変わらず、ダメでグズでショーもないC級なやつらがところ狭しと大わらわ!! 仕事はできるが中身は変態・二階堂。その二階堂の部下で虚弱&小心者の秋田。毛むくじゃらで女好きの兎田。心臓が止まるほどのコワモテ、鬼頭などなど、お馴染みのキャラクターはもちろん、さらに本巻では一癖も二癖もあるドギツイ新キャラも登場!!
サラリーマンだけにとどまらず、日頃のうっぷんを晴らしたい皆さんにおススメの一冊!! 読んで笑っちゃってください!! 人生楽しくなければ意味ないじゃーん!!(引用終わり)

前作『新C級さらりーまん講座2』から実に約2年半ぶり、待望の新刊である。以前も書いたが、週刊雑誌連載分をそのまま単行本にしたりせず、著者が気に入った作品を厳選しているのだろう。

この業界は詳しくないのでよく分からないが、こういう職人気質の作者は珍しいのかもしれない。前回の「新」シリーズは2回だけで終わり、今回は「改1」として判型を大きくしたのも、彼なりのこだわりがあるのだろう。

そんな穿鑿はさておき、内容は相変わらずのクオリティを保っている。紹介文にあるいつもの面子に加えて、老いてもお盛んな「某大企業会長」が社長をおちょくる「会長社長」シリーズは笑える。もう「さらりーまん」ではなくなった自分でも、いや、だからこそというべきか、十分楽しめた1冊だった。

8月8日 ジョグ10キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/06

『シザーハンズ』

Scissorhands1990年米。20世紀フォックスのオープニングロゴが雪景色になっている。ティム・バートン監督。ジョニー・デップ他。アマゾンの紹介文。

丘の上の広い屋敷に年老いた発明家が住んでいた。彼はたった一人で人造人間エドワードを作っていたが、完成間近に急死。エドワードはハサミの手のまま取り残されてしまった。化粧品のセールスで屋敷を訪れたペグは気の毒に思い彼を家に連れて帰る。エドワードはそこでペグの娘キムに恋してしまうが……。(引用終わり)

以前は雪など降らなかった町に毎年雪が降るようになった。「どうして雪は降るの?}と孫娘に尋ねられた祖母が、「それは長いお話なんだよ」とその理由を語って聞かせる。おとぎ話のような形で作られているけれども、内容的には大人も楽しめるSFラブロマンスである。

一見グロテスクな外見の主人公が、出会った人々との間に心温まる交流を芽生えさせるが、最後には悲しい別れが待っているというストーリーは、もしかすると『E.T.』(1982)からヒントを得たのかもしれない。

1960年代と思しきアメリカの田舎町の生活が、やや風刺的に描かれているのが印象的だった。住人たちの家や車は悪趣味なくらい色とりどりであるのに、同じ時間に同じように車で出勤していく暮らしは、どうしようもなく似通っている。主婦たちの思考や行動パターンも呆れるほど同じである。そういう俗世間と対置させることによって、人造人間でありながら純真な心を持つエドワードの存在が際立つという計算なのだろう。

8月4、6日 ジョグ10キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/03

『テルマ&ルイーズ』

Thelmalouise1991年米。リドリー・スコット監督。アマゾンの紹介文。

ドライブ旅行へ出かけた平凡な主婦のテルマ(ジーナ・デイビス)とダイナーの中年ウェイトレス・ルイーズ(スーザン・サランドン)。だが、途中のバーでレイプされそうになったテルマを救うため、ルイーズは男を射殺してしまう! 二人の旅は一変して悪夢のような展開に──! 若い男を道連れにしたり、逃亡資金を工面する日々を過ごすが、警察の追跡は次第に激しくなる……!(引用終わり)

ラブロマンスやヒューマンドラマものが多い「ロード・ムービー」の形を取りながら、本作のストーリー展開は特異である。平凡な日常に飽きて、2日間だけ羽を伸ばそうと出かけた二人のドライブ旅行は、ひょんなことから命がけの逃避行に転じるのである。

状況はどんどん悪くなる一方。食料品店で強盗を働くわ、職質警官をパトカーのトランクに閉じ込めるわ、しつこく付きまとうタンクローリー車を爆破してしまうわ。無数のパトカーとヘリに追い詰められた二人の結末は悲劇的だが、どこか清々しささえ漂う。直前の二人の澄み切ったような表情がとてもいい。

それに対して、テルマの夫ダリル、ルイーズの恋人ジミー、テルマを誘惑しようとするハーラン、金を持ち逃げするゴロツキのJ.D.(ブラッド・ピット!)など、男どもは揃いも揃ってどうしようもないヤツばかり。唯一まともなのが、彼女たちを追う刑事ハル(ハーヴェイ・カイテル)だけというから皮肉が効いている。

ただ、これが女性解放の映画だとかいうのは、若干的を外しているような気がする。主人公が中年女性二人という意外さはあるものの、社会の下層に位置する主人公の冒険遍歴譚である「ピカレスク」の王道を行く作品なのではないか。

8月2日 ジョグ10キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/07/31

温度湿度計を買った

一年で最も暑い季節を迎えた。まだ一応ランナーなので、普通の人間より「暑熱馴化」できていると思うが、さすがにエアコンをつける機会が多くなった。ただ、その判断はなかなか難しい。これまでは温度計を見ながら自分の感覚で判断していたが、ボタンを押す際にはいつも、年間で最も単価の高い電気を使うことに罪悪感を感じていた。

それを多少とも減じるためには、エアコンをつけるタイミングをもう少し客観的かつ科学的に判定出来れば良いだろう。調べてみると、WBGTという「暑さ指数」があり、天気予報で発表している熱中症の危険度はこれに基づくものらしい。

さらに調べてみると、このWBGTは正確には湿球温度、黒球温度、乾球温度というものから算定されるそうだが、温度と湿度だけで速算する簡便法があることが分かった。それがこの表である。

Wbgt

このマトリックスで赤や濃い赤の領域は危ないということである。これまで主観的判断でエアコンをつけていたのも、概ね赤の領域に入る辺りだったと思われる。なるほど、一目瞭然とはこのことだ。

そこで今回、温度湿度計を購入することにした。ネットで調べてみると様々な商品が出回っているが、ある程度の測定精度があって、デザイン的に満足がいくものは少ない。結局選んだのはこれ。

8rd207

温度湿度の数字が大きくて見やすいだけでなく、木目を配した落ち着いたデザインで、コンポの操作ボタンにもかからないので丁度良い。熱中症以外に食中毒、インフルエンザ、カビ・ダニの注意報も表示されるようになっている。

これで今後はエアコンをつけるタイミングを、WBGTに基づいて客観的に判断出来ることになった。罪悪感は多少緩和されるだろうが、だからと言って電気代が安くなるわけでは決してない。(苦笑)

7月29、31日 ジョグ10キロ
月間走行    176キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/07/28

『ピアノ・レッスン』

Piano1993年豪。ニュージーランド出身の女流監督ジェーン・カンピオンが脚本も担当。アマゾンの紹介文。

19世紀半ば。エイダは娘のフロラとピアノとともに見知らぬ男のもとへと嫁いでゆく。口のきけないエイダにとってピアノは言葉の代わりであり、全てだった。しかし夫のスチュアートはピアノを海辺に置き去りにし、粗野な男ベインズの土地と交換してしまう。エイダに興味を抱いたベインズはレッスンと引換えにピアノを返すと約束をする。警戒しながらもピアノを弾きに通うエイダだったが、ベインズとの“レッスン”は次第にエスカレートし、ふたりはいつしか愛と官能の炎を燃え上がらせていく――。(引用終わり)

スコットランドからニュージーランドまで航海するには小さすぎる舟。その舟にピアノを載せて運んで来たばかりか、そのピアノを波打ち際に置き去りにするという、とても非現実的でありながら印象的なシーンから始まる。

エイダの夫スチュアートは、彼女の大切なピアノを放置するばかりか、最初の日から土地取引のために出かけてしまうような男である。それとは逆に、土地と引き換えにピアノを取り戻してくれたのは、文字も読めずマオリ族の化粧をする野卑な男ベインズである。ベインズに請われてピアノを弾きに通うエイダは、次第に彼と道ならぬ恋に落ちる。

結局のところ、これは新たな『チャタレイ夫人の恋人』なのだろう(読んだことはないけれども、あらすじは知っている)。ネットで検索すると、両者を詳細に比較している論文もあるようだし、素人の見解を述べるのは控えるとしても、この映画が男女の愛情についての深い洞察を示しているのは確かだと思われる。

淀川長治氏は、この映画におけるピアノは男性器の象徴だとしていて、最後にエイダがピアノを海に捨てるシーンは、ベインズという男が出来て不要になったからだというが、ではなぜエイダは予めロープで自分をピアノに繋いでいて、一旦はピアノと一緒に海に落ちたのか。ピアノと一体だった自分の過去を否定するための行為だったすれば、ピアノは以前の自分の分身、いや自分そのものということになるのではないだろうか。

7月27日 ジョグ10キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«『八月の鯨』